ラヂヲ少年なれの果て

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/sasafune

阪神間ゆかりの作家たち

定休日の午前中、芦屋市民センターへ文学の講演会に行ってきました。

 

■阪神間ゆかりの作家たち

 

いま、地域の文化財として作家を読み直す試みが全国で広がっています。商都・大阪の住宅地として発展した阪神間には、日本の近代文学に大きな足跡を残した作家たちが多く住みました。文豪谷崎潤一郎から「火垂るの墓」の野坂昭如まで。幅広いジャンルの作品を生み出した阪神間ゆかりの作家たちから、現代的視点をまじえ文学を読み解きます。

 

第1回目は香櫨園に住んでいた河野 多恵子

名前は知ってましたが、一冊も読んでません。

最前列に座っていたので聴衆の反応が分かりませんでしたが、一般的な読書家にはあまり受け入れられない作家で二年前に亡くなったのに書店に本が少ないと講師の話。

 

http://www.city.ashiya.lg.jp/kouminkan/hanshinkan_yukari.html

 

詳しくはseitaroさんの阪急沿線文学散歩を御覧ください。

 

http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11092694c.html

 

http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11097823c.html

 

■写真は芦屋川の桜、満開です。

 

 

 



阪神間ゆかりの作家

goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061232/p11587661c.html
オススメの場所・イベント・覗いてみてね | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

ご来館ありがとうございました。笹舟倶楽部さんが来られていたのに最後まで気づかず、失礼いたしました。芦屋川の桜は夙川より少し遅く、今日が丁度満開でした。

[ seitaro ] 2017/04/13 22:13:27 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
新梅田食堂街の北京
看取り士
ニホニウム
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
笹舟倶楽部イメージ
笹舟倶楽部
プロフィール公開中 プロフィール
ダイヤル左端のラジオ関西電話リクエスト聴いて育ったヲヤヂ
貯め込んだレコード・CD聴きまくりの為に会社早退、ジャズ喫茶(のようなもの)開きました。
その幸せな楽しい怪しいジャズと読書三昧の日々
趣味の自転車・カヌー遊びを紹介
やってみたい方、相談に乗ります。
http://www.sasafune.com/

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 301 3819560
コメント 0 1277
お気に入り 0 28

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<