ラヂヲ少年なれの果て

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/sasafune

ジャズ・アンバサダーズ

■6/25神戸新聞書評にジャズ・アンバサダーズ

アイゼンハワー政権以降、国務省はアメリカの文化的魅力を発信すべく、最高のミュージシャンを「ジャズ大使」として世界各地に派遣した。ベニー・グッドマン、ルイ・アームストロング、デューク・エリントン…。彼らは共産圏で観客をスウィングさせ、第三世界の聴衆を熱狂の渦に巻きこむ。しかしアメリカ発「自由のリズム」は、「抵抗のしらべ」と反響し、やがて権力の思惑を超えた「連帯のハーモニー」を鳴り響かせる。二十世紀後半の国際政治を音楽から照射した鮮烈な一冊。


ジャズは自由の母国としてのアメリカを象徴する音楽と理解されてきました。そして20世紀後半の国際政治を大きく規定した東西イデオロギー対立のなかでジャズには重要な位置が与えられたのです。アイゼンハワー政権下、米国務省はアメリカを代表するミュージシャンたちを「ジャズ大使」として世界各地に派遣。彼らは、アジア、アフリカ、南米や共産圏の各地で観客を熱狂の渦に巻きこみます。デューク・エリントン、ルイ・アームストロングやサラ・ヴォーンら多くのスターたちが参加したこの壮大な計画の目的は「アメリカ」を宣伝することにありました。
しかし、ジャズには同時に「アメリカ」批判、抵抗の音楽としての側面があります。人種隔離からみずからの解放と自由を求める人びとにとって、ジャズを演奏することはすなわち、抑圧的社会に抗議の意思を表明する象徴的行為でした。ジャズが重視する即興性は、譜面が求める規律に抵抗するものです。すなわちジャズにはこの二面性、つまり自由な自己表現を追求する側面と、抵抗の文化としての側面が内包されているのです。その抵抗の矛先がアメリカ自体に向かうとき、ジャズは反米の意思表明媒体となります。たとえば第二次世界大戦後のフランスがそうであったように。サルトルら実存主義の思想家は、思想を体現するものとしてジャズを捉え、アメリカ批判の論陣を張りながらジャズを積極的に受容しました。
さらにジャズは「連帯」をうながす媒体ともなります。アメリカから派遣される「ジャズ大使」たちは政府の思惑を超えてファンとのあいだに多様な共感を生んだし、共産圏に生きるミュージシャンやファンも国境横断的な連帯の輪を独自に広げました。今日のジャズに期待されているのも、異文化対話をうながし人びとのあいだのつながりを導く連帯の哲学です。
本書は国際政治史のなかでジャズが果たした特異な機能を考察し、ジャズが国際政治と共振しながら織りあげた歴史の実像に迫ります。戦争、冷戦、デタント、平和運動、イデオロギー、民主化、脱植民地化、人種、異文化対話といった、アメリカ内外の政治的ダイナミズムが交錯するところにジャズはあり、それを問うことはジャズとアメリカとの関係を脱構築することになるでしょう

■思い出したお気に入りの一枚






ジャズ

goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061232/p11624647c.html
読書・笹舟蔵書・新聞ネタその他面白ネタ等 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

今年で20年「第20回兵庫タンデムサイクリングを楽しむ会」

今日の笹舟倶楽部は早終いでした。

11/12武庫川サイクリングロードで開かれる「第20回兵庫タンデムサイクリングを楽しむ会」

第1回実行委員会です。

 

■看板貼り忘れ

 


■NPO法人 兵庫県障害者タンデムサイクリング協会 https://www.facebook.com/tandem.cycling/?pnref=lhc



タンデム自転車
goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061232/p11624345c.html
タンデム自転車 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

世界を変えたレコード展

レコードの誕生、それは、まだ見ぬ夢の旅のはじまりでした。
黒い円盤から流れる音楽、アーティストたちのHOTでCOOLでスタイリッシュなメッセージに共感し、31.3センチ四方のジャケットARTに魅了され、夢の記録メディア=レコードの登場は、ファッションやライフスタイルなど、私たちの暮らしを、世界を、瞬く間に一変させました。
ジャズ、ロック、カントリー、ブルース、R&B、J-POP…、いくつものジャンルに分類されながらも、常に大衆の心をとらえてきた音楽、それが「ポピュラーミュージック」。1948年に登場したLPレコードは、ラジオ、映画、雑誌など、いろいろなメディアと連動して、「ポピュラーミュージック」の表現の場を広げることに貢献しました。
今回『世界を変えたレコード展』と題した展覧会を開催します。金沢工業大学が所蔵する24万枚のレコードコレクションから「ポピュラーミュージック」の歴史をたどることは、20世紀という時代がいかに創造的であったかを見直させてくれることでしょう。さらに未来につながるまだ見ぬ夢の旅を一緒にお楽しみください。本展では約5,000枚のレコードジャケットをご覧いただけます。

http://www.kanazawa-it.ac.jp/record/index.html










レコード
goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061232/p11623577c.html
ジャズなど好きな音楽 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

『世界を変えたレコード展』

昨日の初日行ってきました、ナレッジキャピタル ・イベントラボ

『世界を変えたレコード展』


http://www.kanazawa-it.ac.jp/record/

 

■入口

 

 

■いきなりこれ!ウハウハです。

 



goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061232/p11622818c.html
ジャズなど好きな音楽 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

臨時休業で世界を変えたレコード展へ・・・

大雨降ったし夜は梅田で一杯、これも始まったし今日の笹舟は臨時休業


■ナレッジキャピタル 「イベントラボ」において、『世界を変えたレコード展』


http://www.kanazawa-it.ac.jp/record/

 

 



臨時休業
goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061232/p11622302c.html
ジャズなど好きな音楽 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

珈琲屋ドリーム

「最近若い子が来るようになってなぁ?」

10年ほど前にマスターが話していたとメタモル経由で聞いてました。

■今朝の神戸新聞に移転後のドリーム

 

 

■「聖地」に集う新たな縁

 「あんた、どっから来たん」。若い男性に常連客の高齢女性が遠慮なく声を掛ける。「珍しい? この店では当たり前の光景やで」と、店主の細海章子さん(60)が笑う。

 1984年に伊丹市で開店。翌年、西宮に移った。約32年にわたって営業を続けた場所を離れ、今月1日、北に50メートルほどのところに移転。席数も半分ほどの小さい店舗で再出発した。

 落ち着いた空間で静かな時間を楽しむ常連客のほか、20、30代の客も目立つ。狭くなった分、客同士の距離がさらに近くなった。

 若い客が出入りするようになったのは10年ほど前。人気ライトノベル「涼宮ハルヒ」シリーズのアニメに登場したことで、若いファンから「聖地」として親しまれるように。大津市から訪れた男子大学生(24)は、アニメをきっかけに中学1年のときに初めて来店した。海外のファンが店を訪れることもある。

 4年前に夫の研一さんが亡くなった。広い店舗での営業は難しくなり、細海さんは移転を決意。「主人のこだわりの物は残したい」と、家具や食器はそのまま引き継いだ。「店の雰囲気はそのまま」と、客も胸をなで下ろす。

 「アニメ好きの若者と外国人、地元のお年寄り。変わった出会いをつくるのがこの店の役割かな」。満席の店内を見渡し、細海さんが満足そうに言った。(小谷千穂)

【メモ】

 西宮市甲風園1の12の12。店名の由来は、喫茶店を開くのが研一さんの「夢」だったから。店名にちなんだカフェドリーム(ブレンドコーヒー)は400円。月〜土曜は午前8時〜午後8時。日曜、祝日は午後7時まで。不定休。TEL0798・65・9078

 

https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/kissaten/201706/0010298971.shtml

<!-- DAC date begins -->


喫茶店
goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061232/p11622045c.html
オススメの場所・イベント・覗いてみてね | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

原子時計

昨日の「あいんしゅたいん」は原子時計

 

今回は、スケール・単位のお話です。おもしろ算数塾でも「大きな数、小さな数」というテーマで行いましたが、大きいとか小さいとかいっても、その単位が何なのかをはっきりさせないと、話が進みません。
単位はどのように決められているのか、国際的な基準はどうなっているのか、数値で話すときは単位をしっかり合わせておかないとドンだ間違いを起こしますね。
あいんしゅたいんの名物科学者、佐藤文隆さんの話が直に聞ける機会があってとても感激されているサロンのメンバーもあられます。久しぶりの登場です。
お楽しみに。

http://www.jein.jp/jifs/workshop/science-salon-2014/details/1485-salon32.html

 

佐藤文隆さん

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E6%96%87%E9%9A%86

 

 

 

 

 

 



あいんしゅたいん
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061232/p11621612c.html
オススメの場所・イベント・覗いてみてね | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

京都遠征で臨時休業

本日の笹舟倶楽部は京都遠征の為臨時休業です。

 

http://www.jein.jp/jifs/workshop/science-salon-2014/details/1485-salon32.html



臨時休業
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061232/p11621097c.html
今日(最近)の笹舟倶楽部 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

にゃんこ里親募集

■丸橋町8-71で保護されたにゃんこ、里親募集中



里親募集
goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061232/p11620944c.html
わんこ・にゃんこ・いきもの | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■西村清和、『遊びの現象学』、勁草書房、1989年

今夜のB1面白かった。・・・ゲストの著書
「遊び」についてゴチャゴチャ書かれていることを易しく話すかな?


■西村清和、『遊びの現象学』、勁草書房、1989年。

 

https://www.amazon.co.jp/%E9%81%8A%E3%81%B3%E3%81%AE%E7%8F%BE%E8%B1%A1%E5%AD%A6-%E8%A5%BF%E6%9D%91-%E6%B8%85%E5%92%8C/dp/4326152184

 

 

遊びについてのさまざまな理論を手際よく整理している。例えば、遊びを「エネルギーの剰余」を見る考え方(シラーあるいはスペンサー)がある。動物は真剣に戦う機会がないときに模擬的な闘争行為をして遊ぶ。あるいは労働からの逃避としての遊び(シャラーあるいはラザルス)。さらには将来の適応のための準備としての遊び(グロースあるいはランゲ)。決定的なのは、フロイトだ。遊びは、他のいっさいの活動同様に、無意識のうちに抑圧されたリビドーの代償や解放と見なされた。糸巻きを放り投げてたぐりよせて遊ぶ子供は、母親の不在という苦しい体験を糸巻きの不在に置き換え、我慢すると良いことが起きる(糸巻きが帰ってくる)という快楽を得ることができる。不快な経験がなぜ遊びに現れるのかを説明する理論になっている。

20世紀に入り、ホイジンガが登場する。「人間の文化は遊びにおいて、遊びとして、成立し、発展した。」裁判も祝祭も戦争もスポーツ...も芸術も遊びのなかで生まれて発達したとホイジンガは主張した。カイヨワは、ホイジンガが扱っているのは、ルールのある競技を支配する精神でしかないと批判した。カイヨワは、偶然(アレア)、競争(アゴーン)、模擬(ミミクリー)、眩暈(イリンクス)と4分割して遊びの多様な側面を明らかにした。

独楽で遊ぶ子供が例に挙げられている。グロースという学者は、独楽遊びは、他者を調教し、支配する快楽だと言う。それよりは、チクセントミハイの「フロー(ながれ)理論」の方が説得的だと感じた。独楽遊びが楽しいのは、「全人的に行為に没入している時に人が感ずる包括的感覚」の経験によるというものだ。これによって、仕事と遊びを分けることは無意味となる。仕事をしていて楽しいときもあれば、遊んでいて退屈なときもある。これは、行為に没入できているかどうかで決まる。自我忘却させてくれるものが遊びである。その行為に有用性や社会性が高ければ、労働という他律的な要素が高まり、主客が融合して滑らかな感覚へと滑り込むエロス的要素が減じる。

イチローのヒットに熱狂する観客は、独楽遊びのうまい子供に見とれている年下の子供に似ている。没入する人物に同一化することによって、包括的感覚を共有することができる。独楽がちゃんとまわり、宙に放り投げられ、縄の上でキャッチできるかどうかは試してみるまでわからない。固唾をのんで見守ると、イチローは期待通り、もたつくことなしに一連の動作をやってのける。「独楽遊び」は将来のための準備などではない。現在に没入するという深い存在の感覚を覚醒させる遊びなのだ。NHKを見ていたら、少年時代の恩師がイチロー少年がスパイクを大事にしていたエピソードを開陳していたが、イチローを二宮金次郎のように偉人化するのは、間違っている。確かに偉大なプレイヤーであり、自己の完成を目指す求道的なところはあるが、本質的なのは、彼が集中する真剣なる遊戯の魅力であろう。

遊びには競争の要素がある。イチローが年間最多安打に挑むのは、歴史上の選手たちとの競争だ。記録にはそういった競争の楽しみがある。最下位のチームであっても、大差で負けていてツーアウトランナーなしであっても、盛り上がっているのは、死者までも含めた時空を越えた競争があるからだ。そこに偶然の要素も関わってくる。ボールはどこに飛ぶかわからない。スポーツは、芸術より偶然の要素が大きい遊びと言えるのだろうか。

遊びと芸術の違いを指人形とマリオネットの比較で説明する説(アイヒラー)がおもしろい。指人形は快活で遊びに近く、特別な技術はいらない。マリオネットは、造形への意志という芸術的表現を持ち、その扱いは大人でも難しい。マリオネットは、指人形のような玩具というより、上演のための「楽器」なのだと言う。マリオネットは、身体の動きとは異なる固有の動きの法則を持ち、そこで目指されるのはパターン化ではなく様式化という高度な作業である。

イチローの打撃は、まさにマリオネットの複雑な感覚をのびのびと体現している。生活する身体とは異なる野球のための身体の動きを完全にマスターしている。プロの選手だからプレイは人に見せるものである。芸術と遊びのもう一つの違いは、芸術が「だれかに対する呈示」(ガダマー)だということだ。子供の遊びは、人に見せるものではなく自己完結しているが、芸術はこのような閉じた空間であってはならない。演劇としての遊びはこの点において可能となる。

遊びの病理。いじめは遊びの病んだ形態として論じられている。「個人が主役ではなくて関係が主役になってしまう」(別役実)状態が、自殺者を出した「葬式ごっこ」という遊びだった。「冗談だよ」「シャレだよシャレ」と言いながらひじょうに残酷なことをする。この世を生き地獄にしてしまうのも遊びの力なのだ。冗談を理解しない者は仲間はずれにされ、個人は人格を集団へとあけわたし、「冗談」という鉄の掟の前に平伏する。人間に内在する攻撃性も問題だが、遊びという人間にとって本質的な在り方まで関わっているだけにいじめというのは根が深い。遊びについての研究は、すぐれて現代的な問題なのだ。https://plaza.rakuten.co.jp/nostalgie/diary/200409300000/



goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061232/p11620755c.html
読書・笹舟蔵書・新聞ネタその他面白ネタ等 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
笹舟倶楽部イメージ
笹舟倶楽部
プロフィール公開中 プロフィール
ダイヤル左端のラジオ関西電話リクエスト聴いて育ったヲヤヂ
貯め込んだレコード・CD聴きまくりの為に会社早退、ジャズ喫茶(のようなもの)開きました。
その幸せな楽しい怪しいジャズと読書三昧の日々
趣味の自転車・カヌー遊びを紹介
やってみたい方、相談に乗ります。
http://www.sasafune.com/

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 206 3837091
コメント 0 1297
お気に入り 0 28

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<