サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/mylife

3月17日

[moblog]
今日は小学校の卒業式🌸
保護者の方々が涙を拭っておられる姿にもらい泣きしそうになった。
「旅立ちの日に」
やっぱりいい歌だな。
帰りの自転車🚲で思わず口ずさむ。

今日卒業した皆さん、保護者の皆様、おめでとうございます🎉
6年生の先生方、そして子供たちに関わった全ての皆様、お疲れ様でした。

今日は誕生日。
四捨五入すると50の歳になった。
早いものでと感じることはない。
人生の道のりの長さと難しさと、どうしたら進みやすくなるのかを考えながらの日々である。

今は英語学習中。
いい言葉をgetした。
古代ギリシャの哲学者、ソクラテスの言葉とのこと。

The secret of happiness is not found in seeing more,but in developing the capacity to enjoy less.
幸福の秘訣とは、より多くを求めるのではなく、より少ないものを楽しむ能力を開発することにある。

なるほど。
人生を進みやすくするためのヒントを一つもらった。

食べ放題の店に行ったら、“元を取ろう”の発想が支配する自分からの脱却が必要かな…σ(^_^;)



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061262/p11572405c.html
つれづれ日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「見えない“貧困”」

[moblog]
NHKドキュメンタリー - NHKスペシャル「見えない“貧困”〜未来を奪われる子どもたち〜」 http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586894/

悔しくなった。
腹立たしくもなった。

貧困家庭の実態
「仕事が厳しい」「お金がない」「時間がない」

自治体の貧困調査を分析している大学の先生が言っていたが、『自助努力の限界』だ。

子供たちの今のため、将来のため、何ができるのか…
国は?社会は?学校は?教師は?

「お母さんもちゃんとやってくれてるんで、自分も我慢できることなら我慢せなあかんなって」と高校で部活に入ることを断念した中3男子

「けっこうさみしい」と言いながら洗濯物たたんで母親の帰りを待つ小5女子

「(親に)(自分との)時間を作って欲しいのはありますけど、それは無理なので、それが分かってるのでどうしても言えなくて」と言う小5男子
この子はアンケートの「自分の将来は楽しみだ」の問に『そう思わない』と回答している。
その理由…
「お母さんが色々疲れたり、お父さんがいつも疲れて帰ってきたり…大人になるのは大変だなって。もしも無事に大人になれても大人になったあとも大変だと思うので…」

高校生になると家計を支えるためにバイトをするから、貧困が見えなくなっている。
夢に向かって進路を切り開こうと、学業を頑張り、バイトで家計を支え、奨学金で大学に…と考えた時に立ちはだかる入学金等の数十万円。

教育ローンを紹介する先生が感じてしまう罪悪感。
「合格は頑張ればできるけど行くのは自分が頑張っても難しいですよね」と高3女子

前述の大学の先生の言葉
『国でなければできないことがある』
税制…社会保障…雇用の改革…

待ったなしだろう。
子供に「もしも無事に大人になれても…」と言わせてしまう現実がある社会。
国民的合意形成からの国の抜本的施策を切に願う。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061262/p11555704c.html
つれづれ日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

旧芦原小学校お別れ会

[moblog]
旧芦原小学校お別れ会
平成29年1月21日 於:西宮市立総合教育センター

⭐会場のメッセージカードに⭐

『芦原小学校に感謝』
本日はありがとうございました。貴重な資料をじっくりと見させていただき、職員写真を前に、当時ご勤務されていた先生のお話を伺い、最後の運動会の映像を微笑ましく観させていただきました。
今日一番印象深かったのは、卒業生の方が、○年に卒業した、とか、記念植樹をどこどこにした、とか、あの先生はこうだった、とか…懐かしそうに語り合っている姿です。
歴史を感じるとともに、本日の会も含め、地域の発展、ひいては人権文化の花咲く社会作りのために、今日までご尽力くださった皆々様に深く感謝申し上げます。

〜カードはここまででスペースいっぱい〜

自分も、今日の会に行かせていただいたことに感謝するとともに、今は今の自分の立場、3年後、5年後はその時の自分の立場、いる場所で、より良い社会のために出来得ることを考えていきたいと思います。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061262/p11538687c.html
つれづれ日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

22年目の1.17

[moblog]
22年目の1.17
今日、三回黙祷した。

1回目、5:46
発生時刻に自宅で。
2回目、12:00
職場の自席で。庁内アナウンスに合わせて。
3回目、14:10頃
訪問した中学校で生徒の皆さんや先生方とともに。

お話させていただいた中学校でも話したが、3回とも同じことを考えていたのではなく、感じていた。

『今、生きていること』=『今、自分に一つの命があること』

あの時を振り返るといつも思う。
「今、自分がいなくても何の不思議もなかった」

「生き残った」⁉とも…。

生きている喜びを体いっぱいに感じられる時もあれば、辛い時、頑張れない時、喜べない時もある。

後者の時も『今、生きていること』を感じてきた。
そして、それから、「今、何か一つできることは…」と考えた。

今日そんな話もさせてもらった。
自分にとっての『震災の教訓』。
何かを学んでほしいとは思っていないが、何かを感じてくれていたら嬉しいなと思う。

何百人もの子供たちを前に話をさせていただいたのは何年ぶりか。
こういうことにエネルギー注いで、でも逆にパワーたくさんもらっていた日々を思い出した。

話をさせていただくということで、今一度、阪神・淡路大震災のことを深く見つめることができた。
それに加えて、行政職で役所勤めの日々ながら、自分の教師としての在り方・生き方も久しぶりに再確認できた。

忘れてはいけない日のこのような機会に感謝。
また一つ、前に進む力をいただいた。

すいすいと進める時も、一歩踏み出すのがやっとの時も、前を向いてその時の自分のペースで歩んでいけたらと思う。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061262/p11536656c.html
つれづれ日記 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

 22年 長いような短いような22年でした。

[ モンセ分店薬局 薬剤師徒然日記 ] 2017/01/18 9:22:52 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

BS1「原爆救護」

[moblog]
BS1スペシャル「原爆救護〜被爆した兵士の歳月〜」の再放送を観た。

原爆投下直後、市民救助を命じられた当時10代の第十教育隊の少年兵たち。

当日の青空、落ちた瞬間の状況、広島市内や被爆者の惨状、救護や死体処理、自身の後遺症や差別…

聞いたことのない生々しい話がいっぱいあった。
改めてこの日のことを忘れてはいけない、考えていかないといけないと思った。

言葉で表せない、表したくない体験・経験を語り、後世に残してくださった方々に感謝します。
ありがとうございました。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061262/p11531370c.html
つれづれ日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

母、七回忌の日に…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「母、永眠の日に…@」(2011/01/10)
http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061262/p10743911c.html

「母、永眠の日に…A」(2011/01/10)
http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061262/p10743913c.html

「母、永眠の日に…B」(2012/01/10)
http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061262/p10756417c.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あの日から早6年。
ホンマかいなと思うくらい、このことで言うと6年があっという間だ。

時の流れはもちろん一定の速度でしかないが、何を基に考えるかによって流れ方の速度感覚が大きく異なる。

6年前の1月に母が亡くなり、その年の4月から学校🏫を離れ、教育行政の道を歩んでいるが、その歩みについては、あっという間という感覚はない。
長かったなぁというのも特にないが…

母が亡くなった1月は、その三ヶ月後に東日本大震災が起こっだ年だ。
その時を考えると、もう6年が経ったのかと思う。
阪神・淡路大震災からは十日後で22年。
もうそんなになるんだな…

今日の七回忌。
母とともに育った叔母さん、母と親しくしてくれていた叔母さん、自分たち子供の知らない母を知っている人たち…
そんな方たちに見守られて、七回忌の法要を行うことができた。

感謝の思いが一番。
母のためにありがとうございます。
参列はできなかったけど、開始一時間前に着くように会場にお供えの花を送ってくださった母の故郷、北海道の叔母さん、 ありがとうございます。

もう一つ、久しぶりに母に具体的に親孝行している感覚があって、自分自身、発見だった。

出席こそ叶わないが、亡き母がすごく気にかけてくれていたおばあちゃんも105歳にして生きてくれている。
もう一人気にかけていた妹も結婚して、明日で六ヶ月になる男児も授かっている。

母も喜んでいることだろう。

母の命日は、“命を感じる日”の一つだ。
普段、忙しさや慌ただしさの中で、命あることを当たり前のように思ってしまっているが、改めてこの日には、『命あること』『今、生きていること』を実感する。
母とつながる多くの方と同じ場にいることで、今日はそのことをより強く感じた。

今日母に焼香の際に伝えたことも、『精一杯、生きる』ということ。

上手くいく時いかない時、頑張れる時頑張れない時、その時々によって行動や対応は違うだろうが、その時なりに精一杯生きていこうと思う。

今日は久しぶりに式服を着た。
ズボン👖がキツくて焦った💦(-。-;
まずはダイエットを精一杯頑張ろう…!

こんな文で終わっていいのだろうかf^_^;


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061262/p11530776c.html
つれづれ日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

糸魚川大規模火災

[moblog]
糸魚川大規模火災

「大変な時にこそ人の役に立つ社会人になりたい」

帰省に帰った女子大学生の言葉。
地元で福祉関係の就職活動を、この春から始めるそうだ。
今の思いを大切に頑張ってほしい。

Large-scale fire in Itoigawa.

"I want to be a adult who is helpful in the time of hardship."

This is the words talked by a female college student who went back to her hometown for New Year's.
I hear that she want to work in a job related to the welfare in her hometown.
I hope her success in her life.

自分もそんな社会人に今からでもなりたい。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061262/p11530476c.html
つれづれ日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

2016仕事納め

※長文です。スミマセンm(._.)m

今、おそらくこれで2016年にする仕事を終えた。
夕方の4時くらいから始めた今年最後の仕事は「特別の教科 道徳」の学習指導要領解説の「内容項目の指導の観点」を全22項目、小学校版と中学校版の両方、読んでいく仕事。
もちろん担当業務としての仕事ではあるが、1人の人間として自分を見つめながら読んでいった。
途中、30分弱、職場の大(小)掃除をしたが、4時間ぐらいかかった。

今年最後の仕事にとても相応しいと思った。
人としての自分をいっぱい見つめられた。

『13 勤労』では、こんな一文があった。
「職業には、自分の幸福を追求するため収入を得て個人や家庭の生活を維持するという面と、分業化の進んだ社会の中で一定の役割を果たして社会を支えるという面があり、共に重要である。」

頭では前々からもちろん分かっていたことではあるが、改めて、自分には社会の中で役割を果たす、社会を支える、という自覚が足りてないかも…と感じた。

冗談でだが、同僚に「(仕事始めの)4日から出でこなくなったら、年末ジャンボ10億円が当たったのでは?と思ってください。」と言ったのがちょっと恥ずかしくなった(笑)

同じところで、こんな一文もあった。
「また今日、職業や勤労に対する価値観が多様化する中にあっても、勤労を支える道徳的価値として重視すべきなのは、勤勉である。勤勉とは、自己の精神を集中させようと努力するということであり、一つの仕事に没頭することである。」

今、勤勉してるなぁとなんか嬉しく思った。

『22 よりよく生きる喜び』は、今回の改訂で、小学校高学年から新設された内容項目だ。

ちょっと長いが一部引用。
「人間は本来、よりよく生きようとする存在であり、そのために人間性をより高めようと努めるすばらしさをもっている。一方で、人間は決して完全なものではない。 誰しもが誘惑に負けたり、やすきに流されたりするといった弱さももち合わせている。このようなすばらしさや弱さは決して別々に存在するものではなく、同時に内在しているものである。しかし、人間は決して内在する弱さをそのままにはしておく存在ではなく、弱さを羞恥として受け止め、それを乗り越え誇りを感じることを通して、生きることへの喜びを感じる。また、人間の行為の美しさに気付いたとき、人間は強く、また気高い存在になり得るのである。このことが、人間として生きる喜び、あるいは人間がもつ強さや気高さにつながるのである。」

「人間としての生きる喜びは、人からほめられたり、認められたりすることだけ生ずるものではない。誰もが悩み、苦しみ、悲しみ、そして良心の呵責と闘いながら、弱い自分の存在を意識するようになる。そして、誇りや愛情、共によりよく生きていこうとする強さや気高さを理解することによって自分の弱さを乗り越え、人間として生きる喜びを感じることになる。ここでいう人間として生きる喜びとは、弱い自分を乗り越えるだけでなく,自分の良心に従って生きることであり、人間のすばらしさを感得し、よりよく生きていこうとする深い喜びである。」

自分だけじゃないんやなぁとこんなに生きてきて今更ながらに思った。
と、道徳に関する業務に携えてラッキーだなと改めて思った。

道徳教育は子供だけのものではない。
『人が一生を通じて追求すべき人格形成の根幹に関わるもの』(同学習指導要領解説)だ。

道徳が教科化となることで不安に思っている先生方も多いだろうが、自分自身を含めて、成長への願い・期待を乗せて取り組んでいけるよう、自分が出来ることを考えていきたい。

もちろん自分も学び続けたい。
成長し続けたい。

でも年末年始はゆっくりしよっと(^_^)v


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061262/p11526476c.html
つれづれ日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

英語学習12/20A

🔸英語学習🔸
sit in on 〜
〜を参観・見学・傍聴する

Would you mind if I sat in on your class?
あなたの授業を参観してもいいですか
↑いつかALT に対して使おう♪

watch one's waistline 
胴回りが増えないように注意する

I have to watch my waistline or I won't be able to fit in the trousers I could wear last year.
胴回りが増えないように注意しないと、去年履けたズボン👖が履けなくなってしまう(TT)
↑実話😭

So I am aiming to become a light eater!
なので少食になることを目指す!
↑決意✊


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061262/p11522376c.html
つれづれ日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

英語学習12/20

🔸英語学習🔸
vitality 活気 活力 元気 生命力
⭐My 辞書例文
Your letter filled me with great vitality.
君の手紙で僕は元気一杯になった。
⭐Me
What I am moved fills  me with vitality.
心動かされると私は活力が満たされる。
Having a drink after work increases my vitality❗
仕事帰りの一杯🍶は生命力を高めてくれる❗

capable of 名(doing) 〜の能力がある
⭐My 辞書例文
He is capable of hard work.
彼ならつらい仕事もやりこなせる。
⭐Me
I believe I'm capable of overcoming difficulties in my work,though there is no reason to believe.
仕事面で、自分は困難を乗り越えることが出来ると根拠なく信じている。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061262/p11521974c.html
つれづれ日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ユウイメージ
 ふとテレビの市政ニュースを見ていると,この『西宮流』の紹介をしていました。
 生まれも育ちも西宮,職場も西宮の私としては,このような地域振興の手段をとても嬉しく思います。
 日々忙しく,慌しい生活をしておりますが,ちょくちょく覗かせて頂き,参加出来たらいいなと思っています。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 1 531600
コメント 0 14
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード