趣味とともに日々楽々

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/hibirakuraku

怪我のその後

高原ロッジでのボランティア活動中の怪我のその後です。

土曜日の夜に診て下さったのは、太田外科の息子さんのお医者さんでした。
レントゲンを撮ってもらって処置してもらったのでした。

昨日は、お父さん院長の担当で詳しくCT検査もしてもらいました。
レントゲン写真では判らなかった詳しい情報です。

手のひらの下がはっきりと骨折していました。

それで、院長と別の先生がどうかなと意見交換して、やはり、金具を入れる手術をした方がいいということになり、その前の点滴がスタートでした。
看護婦さんとお話ししている時に、今青あざがよく出ているので血小板が少ないという話題になり、「前回2週間ぼ度前の検査時には6万ありましたが、たぶん4万くらいでしょうね」と私。
あざの出具合で大体数値の予測ができています。

看護婦さんが、先生に報告しますねと。
緊急時に診てもらった息子さんには、血小板のことは伝えていたのでしたが。
そして、血液の検査もして下さって、だいぶたって戻られた時に、笑顔で4本指を立てられて。
4万でした。的中です。
金属を入れる手術は取りやめとなりました。
この看護婦さんも、ていねいで笑顔もとても素敵な方でしたね。

別の担当の先生が、重いおもりをぶらさげて、映像を見ながら、しっかりと骨折部分を位置調整してギブスでした。

すごいことができるのですね。びっくりでした。

そして、今日です。
今日もレントゲン写真で、骨折部分の確認でした。
お二人の先生、「バッチリだ!」と声をあげられて。

この病院、院長以下、皆さん楽しくていいスタッフですね。

患者さんたちも、皆さんいい感じで。

帰りの阪急新伊丹駅。
ここを利用することはこれまでありませんでしたね。


そして、その横の公園。
昨日はたくさんの人たちが模様替えの作業をされていましたね。


この花壇もすっかり新しく綺麗になって。


次回は土曜日。

なんか、最近伊丹ととても身近になっていますね。

左手で文字が書けないので、このブログがまさに日記がわりですね。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11681151c.html
その他・多分野 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

ちょっと拝見していなかった間に、お怪我されたのですか?びっくりいたしました。右腕が使えないとお困りと思います。やいお医者様に行かれたようで、早くよくなりますよう❣

[ ふく ] 2017/11/14 20:29:52 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふくさん、有難うございます。
利き手が使えない不便さを実感させられています。

[ たくじろう ] 2017/11/15 10:20:57 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
細川たかし・長山洋子のジョイントコンサート
伊丹クラフトフェア―懇親会
篆刻の作品
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
たくじろうイメージ
たくじろう
プロフィール公開中 プロフィール
退職後、毎日趣味に生きています
陶芸・金繕い、森林(山仕事)ボランティア=森林インストラクター
キノコ観察・山菜・植物
立ち呑みなどの飲み屋めぐり・日本酒
弓道、バイクなどなど 尼崎在住
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 110 1552066
コメント 2 2082
お気に入り 0 23

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<