苦楽園太郎の兵庫お城探検

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/hyougo-kojyou-tanken

丹波の城 堂山城 @

< 2018/2/22 >

 

 

【 どの学校を目指すかではなく、どういう将来を歩むのか! 】

 

中学3年生は受験シーズンである。 公立高校受験日は、中学校卒業後に行われる。 私立の合格発表はほぼ終わっているだろう。

 

「 将来、どのような職業に就きたい? 」 と尋ねても、ほとんどの生徒が 「 分からない 」 と言う。 しかし、将来を考えている生徒がまったくいないわけではない。 きちんと将来への展望を持っている生徒は存在するのである。

 

「 中学生にそのような質問をしても答えられないよ 」 ってよく言われるが、答えられないのは、中学生が幼いからではなく、子供の将来について、普段から、親と子供との間で会話がなされていないからである。

 

どこの高校とか、どこの大学とかなどの会話がなされていても、その向こうにある、極めて重要な会話がなされていないのである。

 

普段から、親と子の間で、そのようなの会話がなされていれば、「 このような職業に就きたいから、この学校へ行きたい 」 という考えは、今の中学生ならば自然に芽生えてくるのではないだろうか。

 

 

 

今回から、篠山市曽地口にある堂山城を紹介します。 小さな山城ですが、古城の雰囲気を十分に楽しめます。

 

難易度は、★☆☆☆☆

 

 

 

かわいい小山。 これが堂山城です。

 

 

 

西側から撮りました。

 

 

 

北側からの遠望

 

 

 

角度を変えて撮りました。

 

 

 

堂山城 (左) と 畑市城 (中央手前)

 

 

 

堂山城 (右) と井上城 (左)

 

 

 

堂山城から望む、丹波の国主 波多野秀治の居城 八上城 (左の富士山の形をした山) と安明寺城 (右側手前)

 

次回 (月曜日) は、堂山城の内部に踏み込んでみたいと思います。

このブログで、 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p11713082c.html
堂山城 | コメント( 6 ) | トラックバック( 0)

将来のこと、孫とも話しますが、わたしは将棋を教えている子にも問いかけます。途中で変わってもいいから、なるべく目指すことを決めておくように、と。

[ imamura ] 2018/02/22 12:03:09 [ 削除 ] [ 通報 ]

目標の変更があっても、目標があるのとないのとでは雲泥の差がでます。

高校生活を有意義にするためにも、薄っすらでもいいですから目標を持って、それを目指してほしいものです。

小学生へのご指導よろしくお願いいたします!!

[ 苦楽園 太郎 ] 2018/02/22 12:19:03 [ 削除 ] [ 通報 ]

先週はありがとうございました。山城巡りチョー楽しかったです。太郎さんのはなしがおもしろすぎて、城の記憶が薄くなってしまいました。また、連れて行ってくださいね。

[ らいむ ] 2018/02/22 13:42:32 [ 削除 ] [ 通報 ]

こちらこそ、ありがとうございました。

ライムさんは、一度笑いだすと止まらないんですね。

城巡りと言うよりも、おしゃべり会になってしまいましたが、とても楽しかったです。

また、行きましょうね。

[ 苦楽園 太郎 ] 2018/02/22 22:47:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

お久しぶりです。 土屋彰浩です。
最近更新されていないので心配していました。
就職して1年が過ぎようとしています。大学時代のように城を研究する時間もなく、ただ疲れた体を引きずって帰宅し寝に帰る日々。若干の空しさを感じています。
堂山城、いい雰囲気のある古城ですね。心が落ち着いたら古城巡りをしようと思っています。
太郎さんにも一度お会いできたらとも思っています。

[ 土屋彰浩 ] 2018/02/23 22:59:15 [ 削除 ] [ 通報 ]

私も、同じような経験があります。

大学卒業して就職した時、毎日、同じ通勤時間・同じ通勤経路・同じ通勤風景。 「空しいなぁ〜」 とよく思っていました。 私は毎日、大阪駅に停車している特急 「白鳥」 を見て、「あの列車に乗って遠くに行きたい」 と思っていました。

土屋さんは、まだまだ1年目。 これから創意工夫して、土屋さんしかできない授業が構築できるようになれば、心にゆとりができるのではないでしょうか。

でも、仕事のことを忘れる時間も必要。 そうしないとストレスが溜まります。 私の場合はテニスです。テニスはたくさんの知り合いができますので、とても楽しいです。

仕事で精神的に疲れているところに城の研究をするのは趣味として辛いかも。

城研究よりも体を使う趣味を持って気分転換を図ってみてはどうでしょうか。

[ 苦楽園 太郎 ] 2018/02/24 7:08:29 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
丹波の城 堂山城 D
丹波の城 堂山城 C
丹波の城 堂山城 B
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
苦楽園 太郎イメージ
苦楽園 太郎
プロフィール公開中 プロフィール
土の城に心惹かれ44年。

遠き昔に想いを馳せ、ただ、何も考えずに、苔むした城跡と同化する。

それが私にとって至福の時なのでございます。

このブログで、私が至福の時を過ごした孤高の城達を紹介していきたいと思います。


カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<