西宮芦屋研究所レポート

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/nisinomiyashiyalab

関東大震災と映画

大正12年9月の関東大震災は、関西にさまざまな面で影響を与えました。
西宮も例外ではなく、谷崎潤一郎が苦楽園にやってきたのもこの年です。当時、谷崎は横浜にあった映画会社大正活映の脚本部顧問をしていました。

映画雑誌「キネマ旬報」の編集室が西宮へやってきたのもこの時でした。




谷崎潤一郎とキネマ旬報

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p11736372c.html
西宮スター千一夜  | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
「西宮を愛す」 岩谷時子 その8 演歌師
「西宮を愛す」 岩谷時子 その7 カンカンツクルン
「西宮を愛す」 岩谷時子 その5 空襲
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
西宮芦屋研究所員イメージ
西宮芦屋研究所員
プロフィール
西宮芦屋研究所では、当地で育った村上春樹の「西宮芦屋」に関するあらゆることや、あまり一般的には知られていない「西宮の隠れたメジャー」の研究に日夜励んでいます。この成果を一人でも多くの方々に、このブログを通じて、お伝えしたいと思っています。

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 188 1855223
コメント 0 748
お気に入り 0 14

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<