西宮芦屋研究所レポート

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/nisinomiyashiyalab

「西宮を愛す」 岩谷時子 その5 空襲

岩谷さんの「西宮を愛す」の続きです。
「学齢に達しない私を、毎日小学校へ連れてゆき、教室に一緒に座らせておいてくれた、八重子さんという近所の小学生のお姉さんは、どんな人生をおくっておられるのだろう。私たち親子三人が住んでいた夙川の家は、空襲で焼けてしまっただろうか。家の前を流れていた、あの小川は・・・、と思えば限りもなく、昔のままのたたずまいに、西宮の町を戻せるものなら、とんで行って、見たいもの、逢いたい人ばかりである。」
岩谷さんは、西宮のどのあたりに住んでいたかは、seitaroさんが、詳しく調べられています。

夙川の家は、どのあたりだったのかですが、ヒントになることは、浜脇小学校(水抜小学校)へ通っていたが、新設の安井小学校へ転校したという事実がありますので、安井町か寿町が夙川の家があったところでしょう。また、「家の前を流れていた、あの小川」とあるのは、今は暗渠になっているマンボウの下を流れる川のことでしょうか?
もしかそうだったら、市内の3分の1が空襲で被害を受けた西宮ですが、この辺りは焼け残ったかも知れません。

      西宮市空襲マップ


岩谷時子

goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p11745643c.html
西宮スター千一夜  | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

建石筋の西(いまは歩道になっています)に確か小さな小川。。。というか幅1.5m深さも1mくらいの溝というべきかが流れていた記憶があります。今は暗渠になっていると思います。結善町のあたりから夙川に平行して流れている小さな流れがいくつか集まっていたんじゃなかったかな? 
マンボウまでいってしまうと平松町になってしまいますしね。あと安井町で水が流れていた記憶は、私の生まれた昭和40年以降では覚えがないです。

[ ダンプ先生 ] 2018/06/07 13:35:50 [ 削除 ] [ 通報 ]

マンボウのすぐ北に安井幼稚園がありますが、町名は平松町ですね。またその北側は常磐町なので岩谷さんがいう小川はこの川ではなさそうです。夙川の西側には洗戎川という現在ではほとんど暗渠になっている川がありますが、この川かその支流のどこかに住んでおられたのでしょうか?

[ 西宮芦屋研究所員 ] 2018/06/07 21:17:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
「西宮を愛す」 岩谷時子 その8 演歌師
「西宮を愛す」 岩谷時子 その7 カンカンツクルン
「西宮を愛す」 岩谷時子 その4  水抜小学校
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
西宮芦屋研究所員イメージ
西宮芦屋研究所員
プロフィール
西宮芦屋研究所では、当地で育った村上春樹の「西宮芦屋」に関するあらゆることや、あまり一般的には知られていない「西宮の隠れたメジャー」の研究に日夜励んでいます。この成果を一人でも多くの方々に、このブログを通じて、お伝えしたいと思っています。

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 37 1865605
コメント 0 751
お気に入り 0 14

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<