西宮芦屋研究所レポート

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/nisinomiyashiyalab

「西宮を愛す」 岩谷時子 その7 カンカンツクルン

「小学校の頃、家の隣りの二階に、一人の演歌師が間借りしていたことがあった。彼の名も顔も、全く覚えてはいないが、日が暮れると、かならずバイオリンをキーコ、キーコと鳴らしながら唄っていた歌だけは、不思議にはっきりと覚えている。その歌は歌詞らしい歌詞もなく、ただ節をつけて「カンカンツクルン、ツクルン、チャイナマーブルのホイホイ」とくり返しくり返しうたう歌だった。」

意味がなさそうな、言葉の歌ですが、唯一、「チャイナマーブル」が名詞のようなので調べてみました。「硬い砂糖菓子で,口中で溶けるにしたがい色が変わるため,変わり玉ともいう」とあり、春日井製菓に、ちゃいなマーブルというお菓子があるようです。



チャイナマーブル

goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p11747543c.html
西宮スター千一夜  | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
「西宮を愛す」 岩谷時子 その8 演歌師
「西宮を愛す」 岩谷時子 その5 空襲
「西宮を愛す」 岩谷時子 その4  水抜小学校
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
西宮芦屋研究所員イメージ
西宮芦屋研究所員
プロフィール
西宮芦屋研究所では、当地で育った村上春樹の「西宮芦屋」に関するあらゆることや、あまり一般的には知られていない「西宮の隠れたメジャー」の研究に日夜励んでいます。この成果を一人でも多くの方々に、このブログを通じて、お伝えしたいと思っています。

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 80 1858940
コメント 0 748
お気に入り 0 14

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<