西宮芦屋研究所レポート

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/nisinomiyashiyalab

新酒番船のパレード

昨日と今日、新酒番船のパレードがありました。

司馬遼太郎が「俄―浪華遊侠伝―」で新酒番船のことを次のように書いています。
”西宮は、付近の灘や池田、伊丹とともに酒どころとしても知られ、巨大な酒造業所が密集し、西宮港の回船問屋がこの酒を諸国に輸送する。(中略)。余談だが、毎年春二月に新酒ができると、この新酒を関東方面に輸送する出船は、品川につくまでの太平洋岸を競争で航送する。(中略)品川ではその船の到着を待ち、最初に到着した酒は、「一番酒」として江戸での値段がとくべつ高価になるのである。



新酒番船

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p11668650c.html
西宮市のイベント | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

詩人谷川俊太郎さんのイベント

芦屋市民センターで開催中の企画展示「砕花をめぐる文豪と文化人」のことが、毎日新聞の記事「砕花と文豪の交流回顧 谷崎との書簡など紹介」として、ウエブでも見れるようになっています。

https://mainichi.jp/articles/20170928/ddl/k28/040/394000c
10月1日(日)午後2時から、ルナ・ホールで詩人谷川俊太郎さんを招いての富田砕花にちなむイベントが開催されます。



谷川俊太郎
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p11665701c.html
西宮芦屋 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

谷川俊太郎さんを迎えて 富田砕花と谷崎潤一郎 芦屋ルナ・ホール

10月1日(日)午後2時から芦屋ルナ・ホールで、詩人谷川俊太郎さんが出演するイベントがあります。

芦屋ゆかりの詩人富田砕花と谷崎潤一郎や芥川龍之介との交流など今まであまり知られてなかったことも紹介されます。芦屋少年少女合唱団も富田砕花作詞の芦屋市立の学校の校歌を歌います。谷川さん作詞の「未来へ」のご自身の朗読と合唱もあります。https://www.youtube.com/watch?v=1bde-fBL9oo


谷川俊太郎
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p11636590c.html
芦屋のイベント | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

西宮文学案内秋季講座

seitaroさんが、すでに11月4日の回目の高殿円さんの講演を紹介されていますが、9月1日(金)から西宮市文化振興財団主催の西宮文学案内秋季講座がはじまります。

第1回は9月1日午後6時半から西宮勤労会館での「佐藤愛子の故郷 西宮・鳴尾」2回目は10月21日(土)「西宮を舞台としたアニメの数々」3回目は11月4日(土)「小説家・高殿円誕生とその作品」です。申込みは、西宮市文化振興財団へ 0798-33-3146 参加料各回500円


西宮文学案内
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p11635072c.html
西宮市のイベント | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

六甲山脈はは西宮市のものだ

長年、苦楽園に住み「ホトトギスの四S」の一人と言われた
俳人山口誓子は「六甲山脈はは西宮市のものだ」と言っています。
六甲山脈は、一体どこのもになのか?
「山はそれが最も高く見えるところのものだと、私は思っている。六甲山脈は西宮市役所あたりから最も高く見える。然らば六甲山脈は西宮市のものである。阪神国道を歩いて、行手に六甲山脈はを眺め、私はいつもこの結論に到達する。」

     

ほぼ西宮市役所と同じ場所から毎日この山並みを見ていると
全くその通りだと思います。今日も良い天気でした。



六甲山脈
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p11614217c.html
西宮再発見 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

いつもブログを見るのを楽しみにしています☆写真もいいですね☆これからも楽しく読ませて頂きます!

[ 池袋の美容室サロンデータ・アクセス情報 ] 2017/06/04 22:20:29 [ 削除 ] [ 通報 ]

おっしゃる通りですね。
神戸市から六甲山頂は見えません。

[ 元西宮人 ] 2017/07/18 23:41:45 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「騎士団長殺し」の中の西宮の風景 その2

「村上さんのところ」には須田剋太やそのの絵画教室のことが次のように書かれています。

「僕が小さい頃(たぶん小学校の低学年だったと思いますが)、須田剋太さんという画家が近所に住んでおられました。司馬遼太郎さんと一緒に仕事をしておられたとても有名なかたです・・」


須田剋太の教室の場所や建物は「夙川のわきにある洒落た洋風のお宅でした。白い垣根に薔薇が繁っていて・・」だったようです。

須田剋太の絵画教室の様子は?。
「みんな好きに絵を描いて、それを須田さんがにこにこと『これはいいねえ』とか『ここはこうしたら』とか感想をいうようなところでした。とても良い方だったと記憶しています」
そして須田剋太の教え方は「僕が須田さんから受けたアドバイスは『ものを枠で囲うのはよくないよ。枠をはずして描きなさい』というものでしたなぜかそのことだけを今でもはっきりと覚えています。なかなか楽しかったですよ」

それでは、「騎士団長殺し」の絵画教室はどのように描かれているのでしょうか?



「騎士団長殺し」の絵画教室
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p11583578c.html
西宮のメジャーと隠れたメジャー | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「騎士団長殺し」の中の西宮の風景

村上春樹の新作「騎士団長殺し」の主な舞台は、小田原近辺ですので、西宮の風景が出てくる訳がありません。

しかし彼の少年時代の経験が反映されているように思える場面があります。それは、この小説の主人公が小田原の絵画教室で子供たちに絵を教えている場面です。
村上春樹は少年時代に、西宮在住の有名な画家、須田剋太(司馬遼太郎の本の挿絵を描いていた人)から絵を習っていましたが、このことを「村上さんのところ」の質問278 「子供の頃に習い事は何かしましたか?」の回答として本人が語っています。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p11582938c.html
西宮のメジャーと隠れたメジャー | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

いつもブログを見るのを楽しみにしています☆これからも楽しく読ませて頂きますね!

[ 池袋駅すぐの美容室モッズヘア池袋店のホットペッパービューティーページ ] 2017/05/30 10:56:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

早すぎたか? さくらまつり

今日の昼からの冷え込みで更に開花が遅れるようですが、この土曜日日曜日にさくらまつりを予定しているところはあちこちあるようです。

芦屋川沿いでもさくらまつりの準備は万端ですが、さくらが縮こまってしまって、明日も明後日も期待薄のような感じです。




芦屋さくらまつり
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p11581058c.html
芦屋のイベント | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

大谷町のマンボウ

久しぶりに芦屋から西宮まで歩きました。芦屋と西宮境界を過ぎてすぐにある、西宮市大谷町のマンボウ。

谷崎潤一郎の「細雪」にもマンボウが出てきますが、ここではありません。


マンボウ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p11577753c.html
西宮再発見 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

Alfa Romeoがやってくる

国道2号線沿いの産所町から神楽町は外車ディーラー通りと言っても良い感じですが、今度神楽町の交差点の南西角にAlfa Romeoが出来ます。

今あるのが、
Renault


Volkswagen


Volvo


Porsche と全て欧州車


大統領を使って文句を言うアメリカ車はありません。


Alfa Romeo
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061422/p11571922c.html
あれこれ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
西宮芦屋研究所員イメージ
西宮芦屋研究所員
プロフィール
西宮芦屋研究所では、当地で育った村上春樹の「西宮芦屋」に関するあらゆることや、あまり一般的には知られていない「西宮の隠れたメジャー」の研究に日夜励んでいます。この成果を一人でも多くの方々に、このブログを通じて、お伝えしたいと思っています。

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 71 1816544
コメント 0 735
お気に入り 0 14

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<