心はずっと0798

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/seisan

頭に浮かんできた話 その271

扇風機をあまり至近距離で回して上半身に風当て続けてると頭痛がしてくるという欠点がありますね。

今、上半身裸というのもやめました。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////

 

廣田神社方向へは行かず、細くなっていく道を直進しました。
途中左手に畑が現れちょっと意外でしたが、この周辺はところどころ畑のままの場所が出てくるもんなんだとすぐに思い出しました。

きれいな住宅の前を少し走るとT字路に当たりました。
全ての西宮の道が頭に入っているわけではないので、どっちがどこへ通じる方向になるのかすぐには思い出せませんでした。
左に曲がって南進し、最初の狭い四つ角で右折して夙川方向へ向かってみました。
道なりに生活道路を走っていたら更に道幅は狭まり、斜めの交差点で
この先は道が屈折・軽四以外は通れませんという表示に出くわしました。
あわててちょっとバックして一方通行に従って再び北上となりました。

道路は狭く変則的にぐねぐねと続き、西宮にしては珍しく、わたしの自宅のある
横浜の大外れの鄙地そっくりになっていました。
多分ここも大昔の畑の間の畦道がそのまま道路になったのでしょう。

 

立派な石垣のある家の四つ角で左折し再び西へ向かいました。
けれどドン突きに行き当たり、だんだん土地勘が戻ってきた道を少しだけニテコ池側に行って、池の南辺の道に出ました。
目の前のマンションの下は松村さんが泣いたあの場所でした。
ちょっと松村さんの方に目をやってみたら、彼女も車を停めて泣いたあたりを
見ていました。
先ほどは涙再び、だったわけです。

 

ニテコ池西側に回って、例のくそいまいましい嫌味な大邸宅沿いの道を走りました。
池の北いっぱいまでは走らず、中ほどで夙川方向に曲がりました。

それでも次の四つ角には嫌味ったらしい私設SPが今日も立っていました。

 

松村さんの家がもう近いので
「ユカリちゃん、おうちに寄らんでええかな?大した用ではなくても寄るくらいするで。」
「そしたら今晩のご飯、炊飯器にやっとく。寄って、しんちゃん。」
「ほしたら、俺も一緒に上がろか?」
「来てくれるん?」
「うん。そないするわ。」
すぐに話はまとまり、道を思い出しながら松村さんのうちへ向かいました。

 

Crosby Stills Nash - Carry On / Questions

https://www.youtube.com/watch?v=nP0VBB7BO64

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11634587c.html
その他 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
見ていてくれて感謝です
冷蔵庫の危機
頭に浮かんできた話 その304
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
せいさんイメージ
せいさん
プロフィール公開中 プロフィール
もう帰れなくなった西宮・阪神間を横浜のはずれから想う。
でもいつか戻って暮らしたかった。
その望みはなくなりました。

そういう者です。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 3 397120
コメント 0 1004
お気に入り 0 19

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<