心はずっと0798

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/seisan

子供時代のローカル感覚E

今回は国道2号線以北のことを書きたいなと思っています。

子供時代よりも思春期以降の方がいろいろ思い出があります。

 

小学生の頃、基本的に遊びで国道2号線以北に行くのは旧甲子園ホテルの池が

フェンスも破れっ放し一部は設置すらされておらずイケイケだった時代に

ザリガニ採りに行った時くらいでした。あそこらへんの町名すら知らずに。

 

子供の頃墓参だ法事だ或いは伏見桃山の親戚の所に行くんだという時は

当時の国鉄に乗りっ放しで甲子園口まで帰ってきて弟や母親や祖母とタクシーで小松西町まで帰ってくるというパターンで、通常の大阪や神戸への移動で甲子園口駅を利用することは殆どありませんでした。

 

なので松山大学温山記念会館の美しい建物や甲子園口一丁目のみごとな邸宅などの存在を知ったのは中学以降でした。

阪神武庫川駅から延びていた延伸の線路はこのあたりで絶妙のうやむや具合で

邸宅の並ぶ風景の中に溶け込んでいました。

 

甲子園口商店街(現:ほんわか商店街)には中学以降自転車で行っていました。

主な行先は本屋さん。じっくり立ち読みしたい時は鳴尾書店だと店主の露骨な嫌味が始まっていたので避けていました。

そして忘れられないのが2号線に面していた山下レコード店です。

 

高校の時はたまに気分転換に梅田で阪神に乗らずに国鉄に乗って甲子園口まで

帰ってきてのんびりわざと長距離を歩いたりしてました。

 

大学生時代には神戸尼崎大阪と東西に行動ゾーンが延びたので若干疎遠でしたが

西宮で郵便局員になってからは再びの地元回帰・再発見で原付に跨って

甲子園口商店街や近隣へ出向くようになりました。

郵便局に入って最初に学んだ地域が熊野町・松山町・日野町でしたので

なじみの地域が更に北に広がりました。

 

そして1987年3月に浜甲子園団地に転居して、地理的に離れたので再び疎遠に

なってその後西宮を出て暮らしたのでそのあたりから甲子園口や上甲子園に関しては浦島太郎状態になったまま現在に至ります。

 

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11655967c.html
回想とつぶやき | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ガキの頃の違和感
9月の雨
今歩けていること
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
せいさんイメージ
せいさん
プロフィール公開中 プロフィール
もう帰れなくなった西宮・阪神間を横浜のはずれから想う。
でもいつか戻って暮らしたかった。
その望みはなくなりました。

そういう者です。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 57 390560
コメント 0 981
お気に入り 0 19

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<