心はずっと0798

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/seisan

考えさせられました

NHK教育TVの再放送で『長すぎた入院』というのをさっきまでやっていました。

実は先日YouTubeでフルサイズ分を視聴したばっかりのプログラムでした。

 

長すぎた入院というのは、美辞麗句(のつもり)で固められた日本社会の深い深い暗部である精神科入院のことでした。

10代〜20代はじめとかの時代に精神疾患と診断され、40年とか50年とかを病院という名の幽閉施設に閉じ込められ人生を失わされた人達の話です。

忌み嫌い排除することが絶対的美徳で絶対的正義である日本社会の凝縮された姿でした。

 

私がそういう目に遭わずにすんだのは単なる僥倖かもしれません。

身の周りでは亡き妻の古い友達が統合失調症になりました。

妻が自分の末期癌のことを伝えたいと思って発覚直後に帰省した際に会ったのですが、自分の話をする前にその友達からそう診断されたばかりだと告げられて結局自分のことを言うタイミングを失って帰ってきたりしました。

今その人はどうしておられるのか長年連絡がないまま妻は亡くなったので私も知りません。

入院しておられるのかどうなのか。

 

『社会的入院』という使い方次第でどうにでもなる制度。

たしかに暴れたり他者に危害を与えたり等のおそれが明白な場合は必要でしょう。

でも実際はそうでない夥しい数の人々が入院治療の名のもとに幽閉され隔離されて厄介払い的に押し込められています。

酒に酔っては暴れ暴力を振るいおかしな行為をする人間には過度に寛容な日本社会のもうひとつの側面です。表裏一体なのでしょうか。

「酒の上でのこと」というおかしな屁理屈で酔った人間の狂気については

不問に付すも同然のこの国の異常さ。

 

民放ではなかなか制作しづらいテーマを扱ったNHKには素直に敬意を表したいと思います。

あの組織がもつ独特の狂気の件はひとまず置いて。

 

 

Easy Living - Bill Evans

https://www.youtube.com/watch?v=rAP1toZp9Wc

 

 



あらためて

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11736271c.html
雑感 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
言霊の力
灯り仄かに見えてくれたら
薄れゆく意識
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
せいさんイメージ
せいさん
プロフィール公開中 プロフィール
もう帰れなくなった西宮・阪神間を横浜のはずれから想う。
でもいつか戻って暮らしたかった。
その望みはなくなりました。
でも夢は捨てません。

そういう者です。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 18 459101
コメント 0 1060
お気に入り 0 19

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<