心はずっと0798

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/seisan

洗濯物を取り込む前に

前の記事書く前の15:30頃までしっかり居眠りをこいていました。

もうちょっとしたら最寄スーパーへ食べ物を買いに行きます。

 

又関西スーパーなんかで買い物できる生活に戻りたい。

いや、戻るとはっきり断言した方が言霊の力が発せられますね。

 

又関西スーパーなんかで買い物できる生活に戻るぞ。

それも極めて近いうちに。

 

 

 

The Power Station - Get It On

https://www.youtube.com/watch?v=O2vHbXI2p4k




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11595309c.html
故郷への想い | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

記憶の掘り起し

この時期には我が身の上にいろんなことが発生してきました。

 

2006年の4/23(日)、あまりの胃の痛さに我慢が限界を超えて医者に飛び込まなければならない事態となり調べた結果西宮市内ではなく尼崎の休日夜間急病診療所でないとないとわかって夜9時頃タクシーで行きました。

 

で、レントゲン撮るようなことはなく触診と事情聴取のみで胃潰瘍と診断され

西宮市小松地域在住と言ったら明和病院にでも明日行って受診せいと言われました。おそらく入院となるだろうと。

気休めの薬だけ処方されて帰りました。

翌月曜日受診したら今日何時ころ来れるか?入院やでと言われました。

あたふたと支度して再び明和病院にやってきて入院となり

機器が空いてたので胃カメラとなりました。

胃の背後方向ど真ん中に潰瘍があり胃穿孔3日ほど前と言われました。

どうしてここまで放っておいたのかと高い金払ってるのに怒られて

生まれて初めての入院生活が始まりました。

虚弱児童で育ったが故に病気が悪化するまでそのままということがなかったんで

入院ってそれまでしたことがなかったんです。

 

2006年はGW期間いっぱい入院患者でした。

 

The Mamas And The Papas - Monday Monday

https://www.youtube.com/watch?v=YG_3lyJfbAc

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11595293c.html
回想とつぶやき | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

お金払ってくると神経が逆立ちますね


足の裏が浮腫み左の腰が痛いまま山盛りの洗濯物を干し終わりました。

もうちょっとしたら家賃の振り込みに行きます。

 

というわけで今レトルトカレーの大辛を食べました。

服着替えて外に出ます。

妄想でもしながらATMまで行ってきます。

 


行ってきました。見えてた風景があまりにもイヤすぎて妄想は広がりませんでした。

振り込み済ませてダイエーで食材の安売りチェックして(みごとに何も無し)

仏壇用にガーベラ一輪買ってきました。

葉っぱもなく茎もフニャフニャですが菊と薔薇ばかり売ってる中で目に留まるものがなかったので。

 

さあ、このまま午後3時くらいまで一切何もしないでwebでも見ながら寝転んだり

トイレ行ったりしながらノラクラします。

 

Don't Go Breaking My Heart

https://www.youtube.com/watch?v=1XcWRl8l9vE

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11595198c.html
雑感 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

誰でもビンボーはいややけどさあ

おはようございます。せいさんです。

 

8時過ぎたんで山のようにある洗濯物を干して9時頃には家賃の振り込みに行きたいなあと思っています。ジャイアント二度寝をしたりしなければ。しそうなんで怖い。

 

2010年以降この時期は私にとってGWというよりも

「妻を天上へ見送った季節」です。

又今年も巡ってきました。

昨年以降は母親を見送った季節でもあるわけです。

 

ところで、昨夜『天涯の船 下』の最後まで読了しました。

いろいろ余計なことを感じながら読んだ長い小説でした。

なぜ手に取ったのかとバラしますと、私の住むところには相模鉄道が通っていまして、最寄駅にせやまる文庫というのがあります。

区役所や図書館が本のリサイクルをやってまして、駅にも小さな本棚があるわけです。貧乏すぎて本が買えないのでしょっちゅう目をやっているのですが、

先日そこに『天涯の船 上・下』があったので長い電車の中で日々読むに手頃かと思って持ち出したわけです。神戸が出てくる話ですし里心も満たされるかなと。

最後にもうひとつ揚げ足取りというか言いがかりをやりますと、

『貧しい者』の描き方がとても下手でいらっしゃるなと感じました。

もともと玉岡かおる氏は今でいうライト・ノベル型の著作で出発された方。

貧者や労働者を表現する必要はなかったしそんな必要のある題材もお取りにならなかったんですからそんなもんかなと。

 

富豪だの薩摩の武家だのの様子や心理は殆ど嬉々としてっていう温度感ですごく細かく書き込んであるのに造船労働者のことを(書かないわけにはいかないのでという感じで)文章にしてある個所はなんだかとても嫌そうにちょろっと紋切型ステレオタイプにしかもソンナワケアルカイヤということが書かれていました。

その部分だけは中2の習作みたいなレベル。

要するに出てくる貧乏人(富者ではない人・労働者職工)にリアリティのかけらもなかったわけです。どの登場部分も2行ほどでそそくさと書くのをやめているわけです。

やはり往年の少女漫画や宝塚歌劇がバックボーンであるなあこの人はと

強く感じた次第です。

 

私は薩摩だかジャガイモだか知りませんが武家だか家老だか知りませんが

そういうことが極めて嫌いで余計にそう感じるのかもしれません。

お城だの召使だの子爵家だのを細かく書いているところと「その頃造船所の職工たちは」的に書いているところではまるで別の人が書いているが如く表現の力に温度差がありました。

 

DICK ST. NICKLAUS - Magic
https://www.youtube.com/watch?v=tyE_KS3pmOA

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11595152c.html
その他 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

頭に浮かんできた話 その231

今宵も21時すぎに帰宅しました。

朝キャッシュカードの入ったカード入れを見つけ損ねて

家賃の振り込みが今夜済ませられずに帰ってきました。

帰ってから必死で探したら見つかりました。

昨夜のうちにもうちょっと探しとけばよかったんですが

帰ってきたらグッタリで縦のものを横にする元気すらなく。

明日振り込んだら5/1扱いになってしまうんですが。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////

 

不幸と災難には事欠かないわたしですが、いつごろからでしょう、悲しかったり苦しかったり辛かったりしても涙が一滴も出ないようになっていたのです。
もちろん嬉し涙を流すような機会なんて皆無で生きてきました。
それなのにどうやら今、感じている幸せのおかげで嬉し涙が出てきたのです。
我が人生なんて46回くらい「捨てたもん」にすぎないわけですが47回目に嬉し涙を流すことができたというわけです。

「俺な・・・今夜は嬉しいてしゃあないねん。ユカリちゃんと、その、なんちゅ

 うんかひとつになれたし手料理がめっちゃ嬉しいし。泣いとらんと食べるわ。

 いただきます。」

 

かわいいスプーンが添えられたチキンライス式オムライスを一口頬張りました。
とても優しいいい味がしました。バクバクと食べてしまいました。
スプーンを口に運ぶごとにあとからあとから涙が出てきました。

「私が出したご飯で泣いてくれた人なんてしんちゃんが初めてやわあ。
 私も泣けてくるやん。」
「ミカエルさんが見てたら、泣くんか食うんかどっちかにせえや仲のええこっ

 ちゃなあとか言うんやろなあ。そのとおりやけど。」

いいオジイといいオアネエサンが泣きながらチキンライス式オムライスを食べる図はきっとすごいものだったでしょう。
二人とも、嬉し泣きは嬉し泣き・食欲は食欲というあんばいで貪り食っていました。

皿の上にひとつの飯粒も残らないくらい気持ちよく両名とも食べ終わり、松村さんはタンブラーに冷蔵庫の麦茶を入れて持ってきてくれました。

 

You Are There

https://www.youtube.com/watch?v=9sw7eRi9N4c

 

////////////////////////////////////////////////////////////

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11595089c.html
その他 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

グネったんです

今夜も21時半頃帰宅しました。

実は午後に腰をグネってしまい、まだ痛いんです。

災難ですわ。

 

超粗末な夜餌でしたが、後半は大好きなキムチを食べました。

やっぱりキムチ大好き。素晴らしい発明やと思います。

 

腰痛いよおお・・・。寝にくかったりするんかなあ。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11594698c.html
雑感 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

500kmも離れて

2010年の今頃でした。

もう妻が長くない状態だったので、何も告げていなかった母親にその事実を伝え

亡き幼馴染の協力を得て他のややこしいいろいろもやるためにほぼ1年半近くぶりに西宮に帰省しました。

その1年半前まで実家に転がり込んで大阪で働いて暮らしてた西宮に、です。

 

私はUターンを実現して居候してた母親に何も告げずに横浜へ舞い戻ったので

驚かれようがすごかったです。

舞い戻り当時既に進行し始めてた母親の認知症的症状に鑑みて

妻に関する事実を教えないで横浜へ舞い戻った方が良いと判断したからでした。

 

とうわけで妻の命日が今年も近づいております。

7年経ったのです。妻が欠席の人生が。

 

住吉霊園には当分行けそうにありません。

500kmは遠いです。お金がたくさんかかります。

 

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11593922c.html
遠くから見る西宮 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

頭に浮かんできた話 その230

やっと今バンメシを食べて終えました。もう完全に夜食の時刻。

完全に自分自身に戻れる僅かな時間。

私はそれを西宮が舞台の妄想にあてています。

 

////////////////////////////////////////////////////////

 

温かいアップル・ティーは本当においしかった。
そしてちょっとそっち側ではわたしに晩御飯を作ってくれている姿が見えています。
そして何といっても理由はどうあれわたしは西宮に居るのです。
ミカエル氏と大いなる力はわたしを振り回している分引き換えにこういう普通の幸福感を
提供してくれているというわけでしょうか。
狂ってしまったわたしの運命とか人生のプログラムを修正するための不思議な時間の中で見つけた
普通の幸福。
何年もの時を隔てて再び巡り合ったこの人と、わたしはその不思議な時間を分け合っています。
甘美で穏やかでいい匂いのする毎日。

これを当たり前に思ってはいけないことはいくらわたしがバカでもわかります。


鶏肉が炒められ野菜が炒められ卵がかき回されている音が聞こえています。
換気扇だって回っています。

ごく普通の幸せに見放されてから随分経つわたしにも、目まぐるしく奇妙な日々と引き換のように
もたらされたこの宵のひととき。
この感覚が永遠に続いてほしいと真剣に願っているわたしがここにいました。

どのくらいの時間が過ぎたでしょうか。
「しんちゃん、ケチャップでなんて書いてほしい?」
「そらもうあれやろ、LOVEやろ。」
「ほなそう書くね。」

 

Ray Charles I Can't Stop Loving You

https://www.youtube.com/watch?v=r_7iRVtxui8

 

いつの間にかふたつできあがっていたチキンライス式オムライス。
その少し大きい方にLOVE、もうひとつにME PLEASEと器用に
ケチャップで書かれた文字。
なんだか夢を見ているようでした。きっと夢だ夢に違いない、という声が心の奥底から
聞こえてくるような気がしました。

「お待たせでした。しんちゃん、食べよ。」
「ありがとうな、ほんまに。」
「そんな。昨日はしんちゃんが作ってくれたやんか。今日は私が作って当然やん。」
「なんかな、こういう普通の幸せに見放されてから長いからな、もうめっちゃうれしいねん。」
「ちょっと・・・しんちゃん泣いてるん?」

本気の嬉し涙が出ていたようでした。

 

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 


 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11593868c.html
その他 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

もう暑くなる時期

今夜も21:40頃帰宅しました。

昨夜ご飯を食べ切り後新たに炊かなかったので今洗濯などの雑用を済ませた後

ご飯を炊いています。

晩御飯という時刻ではなく早めの夜食ですわね。オカズは昨夜の残りです。

 

西宮にしても首都圏にしても、もう蚊がブンブン飛んでるんですよね。

鬱陶しいですね。

そして私にとっては1年の半分を占める「汗の季節」がもう来ています。

毎年ウンザリなんです。ああ いやや いやや。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11593844c.html
雑感 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

酸味がたべたかってん

21時半頃帰宅しました。

今日の帰り道はちゃんと『天涯の船 下』を抽斗から救い出して

読みながら若い人がほぼまったく乗っていない電車で帰ってきました。

 

酸味が食べたくて食べたくて、駅のスーパー(高い高いそうてつローゼン)で

カットトマトのスープ漬け缶を買ってきて、冷蔵庫の鶏肉と玉ねぎとキャベツと

ピーマンをぶちこんでトマト煮を作って食べ終わったのが22:19。

 

スーパーに居る間ずっと須田さんと松村さんが頭の中を駆け巡って、

駆け巡りすぎてぜんぜんまとまらず憶えておらずです。

 

もう少し起きていられたらそいつを整理して続きを書こうと思ってます。

でもなんか轟沈しそうな予感・・・。

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061488/p11593302c.html
雑感 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
せいさんイメージ
せいさん
プロフィール公開中 プロフィール
もう帰れなくなった西宮・阪神間を横浜のはずれから想う。
でもいつか戻って暮らしたかった。
その望みはなくなりました。

そういう者です。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 135 369686
コメント 0 923
お気に入り 0 20

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<