阪急沿線文学散歩

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/bungakusanpo

英国で、最も素晴らしい景色のバス停?

 湖水地方の旅で泊まったホテルは、ウィンダミア駅から555番のバスで約10分のところにあるリゾートホテルですが、そのバス停には、次のようなしゃれた宣伝文句が。



The Most Senic Bus Stop in Great Britain?

ウィンダミア湖の美しい景色が広がります。

ヨットハーバーが見えています。

湖水地方にあるイングランド最大の湖ウィンダミア湖。

レークディストリクト国立公園の景色が広がりますが、
最後の?がイギリス人のウイットでしょうか。

それとも1850年創業というバス停の前に立つホテルが考えた誇大宣伝?



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11621627c.html
海外 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

The Most Senic Bus Stop in Great Britain?
最後の“?”がミソですね。

[ 西野宮子 ] 2017/06/20 8:23:48 [ 削除 ] [ 通報 ]

そうなんです。これが?と思いましたが、許せました。

[ seitaro ] 2017/06/20 9:23:45 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
エジンバラで見つけた『ジキル博士とハイド氏』のモデルとなった人物
ロンドン塔のカラス伝説を初めて著述したのは夏目漱石『倫敦塔』
夏目漱石が『倫敦塔』で見た「怖い絵展」のポスターの幻想
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
seitaroイメージ
阪急沿線の街にゆかりのある小説や随筆、アニメの舞台を訪ね、当時の景色や登場人物に思いを馳せるセンチメンタル散歩です。震災以降、街並みは大きく変わりましたが、歴史ある美しい景観を守る一助になればと思っています。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<