【大切なお知らせ】4月26日実施 緊急メンテナンスに関しまして

【西宮】日本一心のこもった夙川のクリスマスツリー【西宮ブログ】

阪急沿線文学散歩

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/bungakusanpo

日本一心のこもった夙川のクリスマスツリー

 月刊神戸っ子4月号に夙川地区自治会が保管されていた、羽衣橋のクリスマスツリーの写真が掲載されています。

https://kobecco.hpg.co.jp/31487/

 このクリスマスツリー、現在は阪急夙川駅前のロータリーに移され、毎年点灯式には話題になるオハラさんのクリスマスツリーです。

<阪急夙川駅南側の夙川に架かる羽衣橋の欄干に一本のクリスマスツリーが立ったのは、昭和二十三年十二月のことであった。立てたのは米・商船会社の神戸支店長として夙川に移り住んできたオハラ夫妻である。夫妻は敗戦の混乱と貧窮にあえぐ日本を見て、少しでも希望の灯が灯せるならという思いをツリーに託した。その翌年、夫妻は事故で三男ケビン君を亡くすという悲劇に見舞われる。愛息への思いもあって、夫妻は毎年かかさず同じ場所にツリーを立てた。>


直野祥子さんの『夙川ひだまり日記』にも描かれており、
<昭和二十三年から夙川に住んでいたアメリカ人のベッツイ・オハラさんが、夙川の子供たちのためにとプレゼントしてくださったものです。二十九年に帰国された後も毎年欠かさず続けて下さいました。その後ベッツイさんが亡くなった今も夙川の人々の心を暖めつづけてくれています。>と説明されています。

 
 神戸っ子4月号で夙川地区自治会長はインタビューで次のように述べられています。
<最初にクリスマスツリーが飾られた翌年、ご夫妻は子どもさんを事故で亡くされました。埋葬された満池谷の墓地から見えるようにという思いもあったようで、以降毎年、クリスマスツリーが飾られるようになりました。 現在は夙川自治会とグリーンタウン商店街振興組合、西宮夙川ロータリークラブの共催で管理し、毎年11月最終週の土曜日に点灯式を行い、12月25日まで飾っています。今年で70年目を迎え、大きくはできないのですがもう少し明るくできないかと考えているところです。>

ブスケ神父も眠る、満池谷墓地キリスト教区のカトリック教会墓地に行きますと、KEVIN THOMAS OHARA君の名前が刻まれていました。

夙川自治会長にお聞きすると、夙川のクリスマスツリーは、他所で飾られているクリスマスツリーに比べて決して立派なものではないが、日本一心のこもったクリスマスツリーであると自負されていたのが心に残ります。







goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061501/p11726488c.html
夙川 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
成田屋さんの「桜もなか」
赤瀬川源平『仙人の桜、俗人の桜』日本は桜の国だ
『月刊神戸っ子』4月号に夙川市場の写真
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
seitaroイメージ
阪急沿線の街にゆかりのある小説や随筆、アニメの舞台を訪ね、当時の景色や登場人物に思いを馳せるセンチメンタル散歩です。震災以降、街並みは大きく変わりましたが、歴史ある美しい景観を守る一助になればと思っています。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<