西宮聖地巡礼

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/moshimoshi

聖地巡礼その245:上甲東園[1] 延命地蔵尊




阪急甲東園の駅を西に、やくじんさん筋とぶつかる変則交差点にいらっしゃるお地蔵さんです。
西宮の地蔵 上甲東園[1] 175頁


この交差点はややこしくて。信号もないし。バス路線だし。通学路だし。

旧くらがり街道だし。道は細いし・・・・・・。

このお地蔵さんは、交通事故にまつわるのかなと思い込んでいました。


「西宮の地蔵」より要約と引用させて頂きます。

地蔵盆でお世話をされていた方々よりお話を伺う<平成21年8月24日調査>


・水天宮(西廣寺)からお坊さんに来てもらっていたが、今年はなし。

・地蔵が祀られている土地を寄付した芝川又彦さんが世話役をしていたが武田要さんに変わった。

・地蔵盆は8月23日24日で20時ころまで子供たちにお菓子を配る。

・180軒くらいに案内状をだす。

・提灯は子供が小学校を卒業するくらいまで飾る。

・地蔵盆に来られた方は帳面に住所・氏名を書いてもらう。


地蔵盆で頂いた資料より。

「昭和20年代初めの甲東園はまだバスもなく2分も山のほうへ歩くと『暗闇街道』といわれた狭い県道に行き当たり、そこから上は竹やぶや山林の間を抜ける関学道であった。その頃はまだなかったのであるが突然ま新しい地蔵が交差点の角に現れ、一人の女の人がいつも掃除をし花を替えていた。わたしたち小学生の間では『ここで交通事故になりよったから地蔵が建ったんや。あれはお母さんやで』と話していた。

 昭和26年に建立され柴川邸の庭に置かれていた延命地蔵尊であるが芝川氏が土地を市に寄付された時に人々の目にふれる場所に移されたものである。(中略)昔はなかった地蔵盆祭りが10年ほど前から甲東商業連合会の武田要会長の尽力で始まり地域の子供たちの楽しみになっている。(後略)」


交通事故というのは、小学生の都市伝説のようだったようですね。実際はこの辺の土地をお持ちになっていた芝川氏が寄付されたようです。

前回の神呪庚申堂とともに、芝川氏という名前が出てきました。

芝川氏、穎川氏頴川氏、近来のこの辺りの土地を語るには欠かせないようですね。


その後商業連合会の会長が地蔵盆を始められて、お祭りとして定着しているようですね。

地域のつながりを大切にすることは、未来に向けてその土地を愛する若者を育てることにつながり、末永い街の発展に寄与していく。

鎮守の神様のお祭りとか地蔵盆とかを浸透させていくことが、地域の活性化につながると思います。



変則交差点、くらがり街道、関学道・・・。

ややこしい関係ですが、末永く見守ってやって頂きたい思います。


2014年6月13日追記)

ふくさんのご指摘で頴川氏の字が間違っていました。訂正しました。

ふくさんより、「電車の乗物屋」さんのブログでこのお地蔵さんの話題が取り上げられているとの情報がありました。

平成23年にお地蔵さんに祠が新しく建てられた時のブログ。それまでは祠がなかったようです。

http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061539/p10764061c.html


地蔵盆の様子

http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061539/p10764566c.html

http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061539/p10764618c.html


ふくさん、情報ありがとうございました。電車の乗物屋さん記事勝手にリンクさせて頂きました。ありがとうございます。





聖地巡礼

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11059239c.html
お地蔵さん | コメント( 3 ) | トラックバック( 0)

http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061539/p10764061c.html
以前、電動乗り物屋さんがこのお地蔵さんの移動、お祭りなどについて何回か書かれていたのを思い出しました。

[ ふく ] 2014/06/13 8:12:52 [ 削除 ] [ 通報 ]

「え」は禾ではくて示だったと思います。経営母体がなくなってどうなるのかと思っていましたが、残った文化財を保管する美術館は関学の博物館の付属施設になるような噂を聞きました。このバス野徹る坂道からあがっていくあたりは戦後急激に開けた場所なんでしょうね…。

[ ふく ] 2014/06/13 8:19:07 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふくさん、こんにちは。
情報、ご指摘ありがとうございました。
戦後頴川氏により大規模な宅地開発が行われたようですね。
今でも、関学に向かう細い道にはその当時の雰囲気が残っているようです。

[ もしもし ] 2014/06/13 12:02:30 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
地蔵盆
聖地巡礼その319: 安井町のお地蔵さん
小墓の地蔵盆
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
もしもしイメージ
もしもし
プロフィール公開中 プロフィール
あんな西宮、こんな西宮。
神社、銭湯、お地蔵さん。
お酒、居酒屋、酒屋さん。
あれも聖地、これも聖地。
お気に入りは、全て聖地。

そんな気持ちで、・・・。


前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 33 355371
コメント 0 2977
お気に入り 0 17