生まれも育ちも西宮

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/nishinomiyako

六の宮の姫君(北村薫著)

「円紫さんと私シリーズ」の第4巻である『六の宮の姫君』を読みました。
今年になって34冊目の本になります。

落語家の春桜亭円紫さんと、日本文学を学ぶ大学生の私が日常の謎を解いていきます。
今回は、芥川龍之介の短編『六の宮の姫君』の成立をめぐる謎解きでした。

芥川龍之介、菊池寛、そして他の多くの作家の作品が引用されています。
その引用部分が謎解きに必要なのに、興味が持てずに流し読みしました。
まあそれでも結末は分かったので、良しとしましょう。




円紫さんと私シリーズ

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11736395c.html
読書 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

年内に100冊いけるかもしれませんね。

[ たんぽぽ ] 2018/05/17 18:05:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
マイペースで読んで、その結果、100冊読めればいいですね。

[ 西野宮子 ] 2018/05/18 16:02:47 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
太宰治の辞書(北村薫著)
朝霧(北村薫著)
淋しいのはアンタだけじゃないB(吉本浩二著)
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
西野宮子イメージ
西野宮子
プロフィール公開中 プロフィール
平成27年10月25日に人生初のブログを始めました。
年中無休を目指していますが、パソコン入院中の11日間と、サボりで1日、うっかりミスで1日、計13日お休みしました。

文字でお喋りを楽しみましょう。
みなさんとブログ版「井戸端会議」ができればいいなぁと思っています。
コメントをお待ちしています。

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 66 109524
コメント 0 5123
お気に入り 0 3

おすすめリンク