ラヂヲ少年なれの果て

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/sasafune

産經夕刊夕焼けエッセーにオーディオ復活話

■平成29年度最終日3/31産經夕刊夕焼けエッセーに御同輩が・・・

20代の頃、オーディオに凝りだしたが結婚を機に遠ざかってしまった。
 昨年65歳となりサラリーマン生活に終止符。友人知人への年賀状に「今年はオーディオ復活元年」と添えた。
 しばらくして神戸のTさんから「メールアドレス教えて」のショートメール。Tさんとは約30年前に同じ職場で苦労した間柄。たった2年間だったが年賀状のやり取りは続いている。メールからLINEに移りオーディオ復活の過程をやりとり。
 アンプは真空管式で自作。スピーカーはフルレンジ一発のバックロードホーンを自作。どうしても処分できなかった40年前のレコードプレーヤー。1カ月かけて念願のオーディオシステムが復活。
 井上陽水のレコード盤「氷の世界」。みずみずしい音に思わず感動。次にCDの「氷の世界」。こぢんまりした音でレコード盤のはじけるような輝きがない。アナログレコード、実に素晴らしいじゃないか。
 Tさんと30年ぶりにお会いし、ジャズを聴いてみないかとレコードを頂戴する。スピーカーはジャズと相性がいいようでトランペットが吹きあがり、ベースとドラムのリズムがズシンときて、シンバルはまさに金属音。ピアノはタッチ軽やかにノッテくる。これがジャズか。ただ脱帽。
 これをきっかけにジャズ歴40年以上のTさんからジャズ指南をうけるようになった。中古レコード店を巡りレコード盤をさがす。これもまた実に新しい。
 年賀状に添えたひと言で、これからの人生にジャズという潤いを与えてくれたTさんに感謝。
吉村 郁男(66) 奈良県大和高田市



・・・復活組の同年代オヤジ、ワタシは「継続は力なり」



オーディオ

goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061232/p11723153c.html
読書・笹舟蔵書・新聞ネタその他面白ネタ等 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
サピエンス全史
1950(昭和25)年ごろの三宮センター街。
只今読書中「吉兆料理花伝」
このブログトップページへ
笹舟倶楽部イメージ
笹舟倶楽部
プロフィール公開中 プロフィール
ダイヤル左端のラジオ関西電話リクエスト聴いて育ったヲヤヂ
貯め込んだレコード・CD聴きまくりの為に会社早退、ジャズ喫茶(のようなもの)開きました。
その幸せな楽しい怪しいジャズと読書三昧の日々
趣味の自転車・カヌー遊びを紹介
やってみたい方、相談に乗ります。
http://www.sasafune.com/

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
今日 合計
ビュー 50 3963340
コメント 0 1351
お気に入り 0 28

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<