ラヂヲ少年なれの果て

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/sasafune

只今読書中「吉兆料理花伝」

先日和食のセミナーに行きました。

■MOU-ICHIDO大阪文化E 高麗橋吉兆と和食文化

和食は2013年ユネスコ無形文化遺産に登録されて以来、世界中から一層注目を集めるようになりました。一方で、日本人の和食離れが進んでいます。今回は、和食の基本となる食材や出汁など和食についてのイロハから、和食の魅力、創業者・湯木貞一氏以来の高麗橋吉兆の味へのこだわりや、店を構える船場文化や料亭文化にまつわる思い出話を、吉兆高麗橋本店当主が語ります。聞き手は煎茶家・佃梓央氏です。

講師 湯木 潤治 吉兆高麗橋本店主人
1959年大阪生まれ。1982年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。同年株式会社本吉兆に入社。1991年株式会社本吉兆代表取締役社長に就任。2015年湯木美術館理事長に就任。相愛大学非常勤講師も務め、和食文化を精力的に次世代へと伝えている。

聞き手
佃 梓央 (煎茶家)
一茶庵宗家嫡承。1985年大阪生まれ。慶應義塾大学文学部卒。東京藝術大学大学院美術研究科中退。父である一茶庵宗家家元佃一輝に師事。自らも朝日カルチャーセンターなどで講師をつとめ、煎茶文人趣味を指導。掲載文に『大阪日日新聞コラム澪標』(2016年夏から翌新年まで5回連載)。

和食料理人と煎茶家の対談形式で興味深い内容でした。
そこで引用されたのが「吉兆料理花伝」

■図書館除籍本が安く手に入り昨日届きました。


■店で読んでます。



http://ichiyorinarai.jugem.jp/?eid=132


https://ameblo.jp/desa/entry-11536534852.html





読書

goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061232/p11754285c.html
読書・笹舟蔵書・新聞ネタその他面白ネタ等 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
僕が転んだビートルズ
安倍首相は独裁者にあらず
朝鮮高校の青春(金漢一・キム ハニル)
このブログトップページへ
笹舟倶楽部イメージ
笹舟倶楽部
プロフィール公開中 プロフィール
ダイヤル左端のラジオ関西電話リクエスト聴いて育ったヲヤヂ
貯め込んだレコード・CD聴きまくりの為に会社早退、ジャズ喫茶(のようなもの)開きました。
その幸せな楽しい怪しいジャズと読書三昧の日々
趣味の自転車・カヌー遊びを紹介
やってみたい方、相談に乗ります。
http://www.sasafune.com/

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 252 3979206
コメント 0 1358
お気に入り 0 28

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<