ラヂヲ少年なれの果て

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/sasafune

普段どこにあるのか気にも留めない自分の心臓

昨日の産經新聞夕刊の夕焼けエッセーでなるほどなぁと思った表現

普段どこにあるのか気にも留めない自分の心臓が「ここにあるよ」と、はっきり分かる高鳴りで教えてくれた。

先日、夕食の準備の最中に突然電話が鳴った。夜にかかってくる電話に良い知らせがあった例(ためし)がない。35年前の母の夭逝(ようせい)の知らせ、6年前の父の訃報、10年ごとにある夫の救急搬送連絡3回などその時々で、普段どこにあるのか気にも留めない自分の心臓が「ここにあるよ」と、はっきり分かる高鳴りで教えてくれた。
 しかし、その夜は様子が違っていた。応対に出ても電話の向こうの相手は無言だ。うちにもいよいよいたずら電話か振り込め詐欺が来たか。ならばどう懲らしめてやろうかと身構えた。
 しばらくして幼子らしき蚊の鳴くような声で「ばあば。ばあば」と言う。他県に住む初孫娘の声によく似てはいるが、前回正月に会ったときは1歳4カ月。まだまだ言葉を話せない状態だったのでにわかには信じがたい。詐欺なら敵もさる者。幼子をだしにした新手の詐欺だと思った。
 次の瞬間、「ばあば。ここ」と言う。「ここ」は家族で呼ぶ孫の愛称だ。「え? 心ちゃんなん?」「あい(はい)」。会わない5カ月の間に彼女は言葉を理解し、片言だが話せるまでに成長していた。
 電話の主が分かってからは、「元気?」「ごはんは?」と立て板に水のごとく問いかける。孫娘との初めての会話は私にとって衝撃だった。
 息子には気の毒だが、息子を装った詐欺には引っ掛からない自信が100%以上ある。だが、これがかわいい孫となれば100%引っ掛からないと言い切れる自信はない。それを回避するために孫との電話に合言葉がいると思った。
片山ふみ(61) 大阪府河内長野市


https://www.sankei.com/west/news/180823/wst1808230053-n1.html





夕焼けエッセー

goodポイント: 3ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061232/p11769527c.html
読書・笹舟蔵書・新聞ネタその他面白ネタ等 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

ほっとするお話をありがとうございます。

[ せいさん ] 2018/08/24 16:09:23 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
終活座談会
ワイドパンツのトイレ問題
昨日の書評に読みたい本二冊
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
笹舟倶楽部イメージ
笹舟倶楽部
プロフィール公開中 プロフィール
ダイヤル左端のラジオ関西電話リクエスト聴いて育ったヲヤヂ
貯め込んだレコード・CD聴きまくりの為に会社早退、ジャズ喫茶(のようなもの)開きました。
その幸せな楽しい怪しいジャズと読書三昧の日々
趣味の自転車・カヌー遊びを紹介
やってみたい方、相談に乗ります。
http://www.sasafune.com/

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 636 3991164
コメント 0 1360
お気に入り 0 28

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<