山口を歩く

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/yamaguti-sanpo

セレモニーホールの福祉セミナー

 会員であるセレモニーホールの担当者から案内があり、会席料理付のセミナーに家内と一緒に参加した。10時半からのセミナーに22名の参加者があった。
 講師は金仙寺湖畔の寺院の僧侶で介護福祉士との二刀流の50歳の男性だった。「アクティブシニアになろう!」をテーマとした福祉セミナーだった。講師は平日は大阪の宗教法人の本坊で直轄の介護事業を担当し週末に自坊での法要を行うという日常とのこと。そうした背景もあり寺院の介護事業の参入の背景を四天王寺の悲田院、施薬院の事例を紹介しながら解説された。「仏教は究極の介護サービス業」との想いも披露される。幼くして亡くなったダウン症と難病の娘の介護体験が講師の介護事業の原点とのこと。
 講演内容のキーワードは「スマート・エイジング」という点にあった。加齢に抗うアンチ・エイジングでなく「加齢に賢く対処し、個人や社会が知的に成熟する」という考え方のようだ。そのための四つの要素が提案される。運動(有酸素運動と筋力トレーニング)、栄養(朝食の質)、認知(作動記憶トレーニング)、社会性(社会参加と仕事)である。
 12時過ぎから会食となった。二段お重に贅沢な品々があしらわれた美味しい料理だった。同じテーブルには同じ住宅街のお二人のご婦人の同席があった。おひとりは同じ丁目の方で民生委員の高齢者訪問で面識のある方だった。もうひとりは隣の丁目のお一人住まいの方だった。聞いたばかりの介護の話題に花が咲き30分ばかりのひと時を過ごした。

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11782638c.html
カルチャー(学ぶ) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

写真で見る花ちゃんの運動会

 花ちゃんの保育園の運動会の日と地域の大きな行事が重なった。SC21の地域運動会と山口地区社協の敬老のつどいである。ともに地区社協代表者の来賓出席が求められていた。
 やむなく運動会はばあちゃんだけが参加することにしてデジカメを託した。翌日の日曜日早朝に自宅を出てバスと電車を乗り継いで花ちゃん宅に向かった。8時半頃に大津の花ちゃん宅に着いた。「じいちゃんや〜」と1週間ぶりの再会を笑顔で迎えてくれる花ちゃん。
 早速家内からデジカメを受取り運動会の花ちゃんのはしゃぎぶりをモニターチェック。観客席の周囲をお友だちと元気に走り回ったり、障害物競争をしっかりこなしている花ちゃんの画像があった。1年前に初めての運動会で最年少組の花ちゃんを応援して以来である。1年前の画像と比較しながらその成長ぶりに目を細めた。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11782383c.html
じじバカ日誌 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

地域行事をはしごした

 地域の二つの行事に来賓で出席した。ひとつは住宅街の小学校校庭で開催されたスポーツクラブ21主催の校区の運動会である。12時から開催され10分前に到着した。小学校長や青愛協会長と同席し、個別に子どもたちの放課後居場所づくりなどを懇談した。開会式の後、社協役員でもある知人の参加する山口太鼓の会の太鼓の演舞を観た。その後退席し、徒歩15分の山口ホールに向かった。
 1時から山口地区社協主催の敬老のつどいに出席した。230人定員のホールいっぱいに70歳以上のお年寄りが席を埋めた。地元小学校4年生の合唱とリコーダー奏、山口雅楽の会の雅楽と舞の演舞、西宮警察警察官の交通事故とÞ詐欺被害防止のスピーチ、ピアノ弾き語りによるみんなで歌おうといったアトラクションだった。その後、恒例の福引抽選会がある。毎年恒例の進行役の軽妙なトークを織り交ぜて70人ほどの方に景品が渡された。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11781931c.html
地域ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

一羊園秋祭りの綿菓子販売ボランティア

 毎年この時期には船坂の障がい者支援施設・一羊園の秋祭りお手伝いのボランティアに参加している。一羊園は運営母体の社会福祉法人一羊会が福祉ネットのオブザーバーであり私自身も評議員を務めているという関わりがある。それ以前からも地区社協ボランティアセンターがボランティア派遣をしている。山口町に開設予定のグループホームとのボランティアセンターとの相互連携の話もある。地区社協ばかりでなく個人的にも障がい者支援の分野での関わりの深い事業者である。
 11時半から13時半までの秋祭りでは例年綿菓子販売を担当させてもらっている。今年も地区社協の男性役員3人で担当した。午前中の小雨模様も開催時には止んでいたが参加者は例年ほどではない。おまけにステージイベントの弾き語りやコーラス中はモーター音が大きい綿菓子販売は停止せざるを得なかった。加えて13時過ぎには綿菓子機の異常音とともに煙が出てくるトラブルも発生し中止に追い込まれた。
 綿菓子販売の不調とは別に秋祭り自体は盛況だった。面識のある施設職員の若者の弾き語りはなかなかのものだったし、地区社協執行委員でもあるコーラスグループ・リーダーの作詞作曲の一羊園音頭も披露された。一洋会関係者ばかりでなく来場の知人たちとの懇談の機会も得られ、障がい者支援という分野での貴重な交流と情報交換の場となった。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11781629c.html
地域ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

オバサントリオの笑える腹話術

 月一回の地区社協主催のふれあい喫茶の日である。時に主催者の手配でイベントが催される。今回は住宅街在住者お一人を含むオバサントリオの腹話術だった。
 1時半からいつもより多い30人ほどの参加者を前にイベントが始まった。三人がそれぞれに我が子のような人形をパートナーに掛け合い漫才のような腹話術を演じる。口元の動きはぎこちないものの子供風の声音と地声を交えたトークはなかなかのものだ。トークのシナリオも自身の手になるオリジナルのようだ。結構これが笑わせてもらえる。
 合間にハンカチやロープの手品があったり、脳トレがあったりと息の合ったトリオの和気あいあいの60分ばかりのイベントだった。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11781174c.html
地域ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

年一回の独身生活

 早朝から家内が一泊二日で広島に出かけた。年一回の学生時代の同窓会である。ひとりで出かけることに消極的な人だが、この同窓会だけは50年来の親友との出会いもあり毎年参加している。
  最寄りの電鉄駅までマイカーで家内を送った。私にとっての年一回の独身生活の始まりである。それでもなんといっても永年の連れ合いはありがたい。二日分の着替えやご飯やチンしたり炒めたりするだけの食材の用意を整えてくれている。
 この二日間には民生委員の高齢者実態把握調査や地区社協のふれあい喫茶、障がい者施設の秋祭りボランティアの予定が入っている。合間に撮りためた録画を観たり文化祭講座の資料整理をやることにしよう。たまには独身生活もいいものだ。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11780972c.html
我が家 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

恒例の高齢者実態把握調査に着手

  先月中旬の地区民生委員協議会で高齢者実態把握調査の調査票を受け取った。毎年この時期に実施する民生委員の最も重要で大変な活動である。高齢者宅を訪問し、近況を把握するとともに困り事等を伺う。
 従来は65歳以上が対象だったが3年前から70歳以上が必須調査となり65歳から69歳は任意調査となった。任意調査の実施は各民生委員の判断に委ねられている。私の場合は新たに65歳になった方から対象から除外し5年がかりで対象者を70歳以上に移行することにした。その結果、既存対象者は転居や死亡等で年々減少し、ピーク時には200世帯300人だった対象者は、今年は170世帯270人になった。
 先月に相次いだ地区社協の敬老お祝い訪問や福祉ネットの認知症サポートべんり帳の掲載医療機関の訪問活動を終えて、ようやく高齢者実態把握調査に着手した。
 民生委員就任後11年目を迎え、11回目の高齢者訪問である。訪問先とも顔馴染みになった。訪問時にもメリハリをつけて会話ができる。問題のないお宅では簡潔に、ひとり暮らしや病いがちの方とはじっくりようすを伺う。中でも80歳以上のお一人住まいの女性の場合は待ちかねたように様々なお話をお聞きする。民生委員としてだけでなく話し相手としても頼りにされていると実感する。
 民生委員としての大切でやりがいのある高齢者訪問が始まった。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11780733c.html
民生委員日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

高速道でエライコッチャ

 花ちゃん一家と一緒に岡山から我が家に向かっていた。婿殿の愛車・ローバーミニが山陽自動車道の三木東インターを過ぎて快調にエンジン音を響かせていた。
 ナビが自宅到着予定まで15分を告げていた4時45分頃のことである。突然、隣で運転していた婿殿が「アレッ!エンジンの音がおかしい。変な音がしてる」と声をあげた。すると急速にスピードが落ちてきた。何とか車体を路肩に寄せたところでストップしてしまった。
 これからが大変だった。車好きの婿殿の独り舞台だった。すぐにハザードランプをつけ非常用三角板を後方に設置した。追突事故を避けるため後部座席の同乗者たちを車外に出した。幸い数メートル先に設置された非常電話のスポットでガードレールのつなぎ目があり全員そこからガードレールの外にでた。非常電話で故障を通知し後続車へのアナウンスを依頼した。応急措置を終えてからは携帯でミニの販売店に電話し、レッカー車の手配と同乗者たちの移送の手配を依頼した。
 後はひたすらレッカー車を待つほかない。ガードレール外側の盛り土の上で大人4人と幼児一人が身を寄せ合って突然のトラブルを嘆きながら待った。台風の余波なのか時おり強風が舞い、垂れこめた薄黒い雲が不気味に空を徘徊している。徐々に日暮れが進み周囲を闇が包み始める。
 待つこと2時間、ようやく赤ランプを点滅させたレッカー車が到着した。レッカーの荷台が路上に移動し動かないミニを荷台にウインチで引き込んだ。約2kmほどの最寄りの淡河PAに一同を同乗したレッカー車が到着した。ここで販売店に運ばれるミニと別れて迎えの車を待つことになった。結局、レンタカーの手配は叶わずタクシーを呼んで待つことに。この間にPA内で夕食を摂る。この間、意外にも花ちゃんは泣いたりわがままを言ったりすることもなかったのが救いだった。
 PAの脇道を抜けて従業員の通勤用の駐車スペースでタクシーをまった。7時45分頃に到着したタクシーに乗車し8時頃にようやく我が家に辿り着いた。高速道路上での車の故障という厄介で危険なトラブルに遭遇し、様々な初体験を味わった。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11780423c.html
我が家 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

キティちゃんの新幹線

 

 花ちゃんの父ちゃんと母ちゃんが岡山市内に出かける用ができた。岡山には花ちゃんのおじちゃん夫婦が住んでいる。おじちゃんのマンションの横を新幹線が走っている。かねてからばあちゃんは窓から間近に見える新幹線を花ちゃんに見せたがっていた。そんなわけで花ちゃん一家とじいちゃんばあちゃんが連れ立って朝早くに我が家を出発して岡山に向かった。
 父ちゃん運転のローバーミニが加速力を活かして予想外に早く8時半頃におじちゃん宅の到着した。新築マンション4階の部屋から頻繁に新幹線が通過するようすが見て取れる。そのたびに花ちゃんは「シンカンセンやッ!」と口にしながらはしゃいでいる。
 父ちゃんと母ちゃんが用を済ませるために出かけた後、花ちゃんはおじちゃん夫婦とじいちゃんばあちゃんに連れられてお出かけした。 初めに訪ねたのはすぐ近くの「子どもの森」である。いっぱいある子供用の遊具で花ちゃんを楽しませようというおじちゃんの目論見は外れた。二歳の花ちゃんには難しすぎる遊具が多かったようだ。それでも台風襲来の予報が外れて真夏のような暑さの日差しをたっぷり浴びて散策した。
 次に向かったのはJR岡山駅前のイオンだった。店内の駄菓子屋さんでおじちゃんに駄菓子を買ってもらい、キッズコーナーでアンパンマンの玩具で遊んだ。フードコートではじいちゃんばあちゃんのかつ丼やピラフをシェアして昼食を摂った。
 11時半頃にJR岡山駅に向かった。花ちゃんにホームから間近に新幹線を見せるためだ。入場券でホームに入り、次々に入線する新幹線に歓声を上げる花ちゃん。12時半頃にはサプライズが待っていた。1日1往復のハローキティの新幹線が岡山駅に到着した。車体を鮮やかなピンクに彩られた「こだま741号」新大阪発博多行きである。車体のあちこちにキティちゃんの絵が描かれている。車体をバックにばあちゃんと一緒に撮った記念写真にご満悦だ。
 1時頃にはおじちゃんのマンションに戻り、父ちゃんと母ちゃんの帰宅を待った。おじちゃん宅から車で10分ほどのばあちゃんの実家に向かった。花ちゃんにはまたいとこに当たるお姉ちゃんやお兄ちゃんたちと束の間の交流を終えて3時半頃には岡山を後に我が家に向かった。その帰路でとんでもないトラブルが待ち受けていた。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11780204c.html
じじバカ日誌 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

天才?花ちゃん!

 三連休を利用して花ちゃんが我が家にやってくることになった。通勤帰りにやってくる両親より一足早く花ちゃんを大津に迎えに行って我が家に連れてきた。
 ばあちゃんが買い物に出かけた3時間ばかりの間、もうすぐ3歳を迎える花ちゃんと二人だけで過ごした。次から次に色んな遊びの相手をしたが、何よりも驚いたのは花ちゃんのジグソー遊びの才能だった。
 最近この遊びに嵌っているというので、60ピースと80ピースの二つパズルを持ってきていた。難しい方の80ピースのハローキティのパズルを一緒にした。ところがじいちゃんの出番は全くなかった。手にしたピースを考える間もなく次々と台座に嵌めていく花ちゃん。角ッこや端ッこから順番にという法則とは無縁である。ど真ん中の白紙の位置のピースをいとも簡単に見つけて嵌めていく。
 80ピースをこともなげに10分ばかりで完成させた。思わずじいちゃんは「すごい!すごい!花ちゃんは天才やな〜」と驚嘆の声をあげる。ふと我に返って考えてみた。何度もやった筈の同じパズルの繰り返しである。幼児の柔軟な脳細胞には砂地に水が沁みこむように情報が吸収されているのだろう。使い古したじいちゃんの脳細胞との違いは明白である。天才でも何でもないと我がジジバカぶりを思い知った。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11779914c.html
じじバカ日誌 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
明日香 亮イメージ
明日香 亮
プロフィール
山口は豊かな自然と歴史や伝統に育まれた街である。散歩道で目にする四季折々の風景や風物詩を綴ってみたい。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 43 790686
コメント 0 1348
お気に入り 0 12

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク