山口を歩く

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/yamaguti-sanpo

旧地区の長老との思いがけない再会

 福祉ネットのオブザーバーでもある介護施設のデイサービス運営推進会議に出席した。1年前から地域住民代表ということで出席している。
 今年度最初の会議で利用者と利用者家族の出席者が交替したとのこと。会議室に入室されたそのお二人の姿を見て驚いた。年配の女性に手を引かれた高齢の男性は私の旧知のOさんだった。
 山口の旧地区在住のOさんとのおつきあいはかれこれ10数年に及ぶ。地域紹介サイト「にしのみや山口風土記」執筆に当たって幾度も教えを乞い、多くの情報や資料を提供頂いた。その後も山口センターでの催し物の会場や散策途中での偶然の出会いなどで挨拶を交わしていた。ただ最近はめっきりお目にかかる機会がなかった。
 そのOさんの姿を介護施設の会議室という思いがけない場所で目にしたのだ。この施設のデイサービスの利用者だった。挨拶を交わし旧交を懐かしんだ後、面識のない娘さんである年配女性から声をかけられた。「〇〇さんですね。ホームページでよく存じています。父の講座の紹介を頂いて読ませてもらいました。親戚の集まりの場でも皆さんに紹介でき、父も大変喜んでおりました」。
 6年前にOさんの戦争体験を語る公民館講座が開催され受講した。今は殆ど聴くことの叶わなくなった実際の戦争体験者の貴重なお話しだった。http://www.asahi-net.or.jp/~lu1a-hdk/yamaguti-rekisi-sensoutaiken.htm
 少し記憶も衰え会話も噛み合わない面はあるものの、地元の最長老のおひとりとしてかくしゃくたる雰囲気を漂わせた94歳のOさんだった。様々な巡り合わせがOさんとの再会を招いたことに感謝した。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11740708c.html
交遊録 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

旧地区の社協活動の難しさ

 隣町の社協代議員会に来賓として出席した。大化改新の頃にまで遡る歴史を重ねたる街の社協である。昨年からこの代議員会に出席し、地区ごとの社協の在り方の様々な違いを教えられている。
 最大の違いは農村共同体の伝統と風土が根付いている点だろう。それだけに村社会のしきたりが社会福祉という新たな文化との葛藤があるようにみえる。丘陵を開発して白紙の状態から造られた新興住宅地との風土の違いは歴然たるものがある。
 次に構成される地区数の多さがある。社協は昔からあった6村に開発された3つの新興住宅地の9自治会で構成されている。各自治会代表に加えてそれぞれの老人会や婦人会代表が代議員として参加する。旧地区の風土に少数の新興住だけ宅地の風土を抱えた難しさも同居する。新興住宅地の二つの自治会で構成される我が社協の恵まれた環境を痛感する。
 そんな厳しい環境の旧地区の社協活動だが、様々の工夫と努力で独自の優れた活動を実施している。ひとつは農耕社会のカルチャーを活かしたふれあい農園である。毎月1回、提供された農地を舞台に障がい者と一緒にに野菜づくりの農作業を行う。時に収穫した野菜を材料にバーベキュー大会も催される。地区ごとのふれあい・いきいきサロンも活発だ。毎月1回7地区で開催され年間の延参加者数は1300人に及び、我が町のふれあい喫茶の延参加者数に匹敵する。興味深い取組みは社協独自のホームページが開設されていることだ。旧地区の風土にはなじまない筈のこの活動も、対象地区の多さや広さを考えれば大切な情報提供手法なのだろう。
 隣町の地区社協総会に参加して社協活動の在り方について考えさせられた。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11740270c.html
地域ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

朝ドラ「半分、青い。」が乗ってきた!

 朝の連続テレビ小説「半分、青い。」が面白くなってきた。放送開始直後はそれほどでもなかったが、徐々に魅かれるようになった。特にヒロイン・鈴愛が上京し、売れっ子マンガ家・秋風羽織のアシスタントになった頃からの展開が面白い。
 それまでの岐阜の田舎のローカル色豊かで比較的平坦な展開から一気にアップテンポでドラマ性に富んだ展開になる。ユニークで魅力的なキャストが相次いで登場する。次々と個性あふれるタレントを発掘し登場させてきた朝の連ドラがこの作品でもそれを予感させる。時おり折り込まれる荒唐無稽なエピソードも嫌味がなくて好ましい。
 個人的には朝の連ドラの面白さの最大の要因はヒロインのキャスティングにあると思っている。とりわけキャラクターの魅力的な個性に追う面が多い。「カーネーション」の尾野真知子然りである。この番組のヒロイン・鈴愛はオーディションで選ばれたモデルの永野芽郁(めい)である。決して美人というわけではない。ただ天衣無縫なキャラが徐々に発揮され、今後の可能性を窺わせている。
 朝ドラ「半分、青い。」が乗ってきた!

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11739912c.html
映画・TV番組評 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

そうですね。
私も妻と毎回楽しみに観させてもらっています。

[ たくじろう ] 2018/05/25 18:08:07 [ 削除 ] [ 通報 ]

朝の連ドラも観始めると癖になりますね。当たりはずれもありますが・・・・。

[ 明日香 亮 ] 2018/05/26 14:53:30 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

地元小学校でプレゼン

 地元小学校の30周年記念事業の一環で「ふるさと山口こんなまち」をテーマにプレゼンした。子どもたちに小学校のなりたちを含めた地域の話をしてほしいとの依頼だった。
 11時15分に会場である小学校のオープンスペースの教室に出向いた。準備されていたプロジェクターに持参のノートPCを接続しスタンバイした。チャイムが鳴って隣室から6年生の子どもたちが次々に会場に姿を現した。中のひとりの女の子から「お久しぶりです」と声をかけられた。お隣りの娘さんだった。
 休憩終了のチャイムが鳴って3クラス80人余りの児童が床に座って待機した。6年生担任の3人の先生に教頭先生も姿を見せている。11時45分から30分あまりに渡ってプロジェクターによる説明を行った。「山口はどんな町?」「自然と生き物」「伝統(行事&産業)」「蒸気機関車が走った町」「さくらまつり」「伝えたいこと」といった内容である。
 一方的な話にならないよう、時に「この写真の場所が分かる人?」「高齢者というのは何歳から?」「郷土資料館に行ったことがある人?」などの質問をした。そのつど挙手をしたり答えを言ったりしてくれる。
 プレゼンを終えて教頭先生と一緒に校長室に向かった。校長先生は「聴きにいくつもりだったが直前に入った急な電話の対応に追われていけなかった」とのこと。「子どもたちにふるさとを学んでもらえるいい機会を与えてもらった。機会があればまたお願いしたい」と挨拶して辞した。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11739273c.html
風土記探訪 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

路地--昔ながらの町並みの原風景--

 早朝散策コースの一角に昔ながらの風情を残す上山口の集落がある。集落の真ん中を抜ける旧街道と有馬川沿いの県道の間に民家が立込んでいる。
 新興住宅街のような区画整理とは無縁の街である。民家と民家の間を人ひとりが通り抜けられるほどの狭い路地が縫っている。今朝の散歩道で思い立ってその路地に足を踏み入れてみた。
 何とも言えない郷愁が漂う雰囲気に包まれた。幼い頃、夏休みごとに訪ねた田舎の親戚の風景がよみがえった。ブロック塀越しに植木が枝を張り出している。時に生垣の緑が行く手を阻んでいる。何よりも民家の壁に設けられた物置の風情は懐かしい。何本もの農作業用の棒が横たわっている様は田舎の風情のシンボルだ。
 日本の昔ながらの町並みの原風景を織りなしているのが路地である。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11738869c.html
散歩道の風景 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

敬愛した地域の先輩の告別式

 地域の大先輩である知人の訃報が届いた。
 5年ほど前のことである。市民ミュージカル劇団の創作ミュージカル有間皇子物語上演に向て後援会組織を「成功させる会」に衣替えした。後援会事務局長として新たに地域の有力者の参加を募った。その際に快く役員に就任頂いた方である。
 私より一回り以上年上の先輩は、現役時代は放送業界の著名なプロデューサーでもあった。それだけに彼の成功させる会への参加は心強いものがあった。結果的に有間皇子物語公演のプロデューサー的な役回りを担うことになった私には貴重な助言や支援を得られることになり、何とか成功裏に公演を終えることができた。
 市役所近くの会館で行われた告別式に参列した。祭壇を飾る遺影ははにかみ加減の微笑みを浮かべて彼の内面をいかんなく写し取った良い写真だった。参列者の多くがしばしば在りし日のその笑顔に包まれたことだろう。
 生花に包まれて棺に横たわる先輩の穏やかな寝顔に最後のお別れを告げた。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11738467c.html
交遊録 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

山本周五郎著「酔いどれ治郎八」

 山本周五郎の短編時代小説を読み継いでいる。時代小説9篇と現代小説2篇を納めた短編集「酔いどれ治郎八」を読んだ。解説によれば作者が32歳〜39歳にかけて執筆した比較的初期の作品群である。
 時代小説は物語性と娯楽性に富んだ作品が多く、肩の凝らない読み物として愉しんだ。この作者の現代小説については個人的にはどうしても馴染めない。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11737996c.html
書評・ニュース怪説 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

地元小学校の30周年記念事業への関わり

10日ほど前に地元小学校の校長先生から連絡をもらった。「小学校の創立30周年事業の一環で6年生にこの町の成立ち等を学んでもらう場を設けたい。ついてはその講師として協力してもらえないか」という依頼だった。今年4月に着任されたばかりの校長先生とはそれ以前にも地区社協会長として懇談していた経過がある。
 快諾してその翌日に担当の6年担任の先生と打合せをした。内容的には山口中学で以前プレゼンした「ふるさと山口」をベースに一部手直しをして紹介することにした。
 以来、暇を見つけて手直し作業を行い、ようやく「ふるさと山口」の小学校バージョンを完了した。4日後には久々の子どもたちに向けたプレゼンが待っている。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11737714c.html
老後スタイル | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ストレッチ

 古希を越えて否応なく老いを覚える日々を過ごしている。身体の節々に金属疲労の症状が出てくる。予想外の血糖値の高さに狼狽えたり、目のカスミに白内障の進行を思い知らされたりする。1万歩前後の早朝ウォーキングの途中で膝の裏側に鈍痛を覚えることもある。無理もない。70年余りも支えてきた身体にガタがくるのも致し方ない。
 そんな自覚症状に遅まきながらストレッチを始めて1年余りになる。かかりつけ医に猫背を指摘されストレッチを勧められたのがきっかけだった。ファームローラーという筒状の道具の上に乗って仰向けに寝た状態で両肩の開閉を20回繰り返す。仰向けになって両肩引上げる動作も20回繰り返す。更にうつ伏せになって上体をそらす動作を20回繰り返す。このストレッチに加えて、座った状態で膝を左右に100回開閉する。立った状態でも腰を左右に100回振る。両手を前に出した形のスクワットも50回続ける。
 以上のストレッチを毎朝ウォーキングから帰ってすぐに続けている。心なしか猫背は少しはましになったようだ。こうした日々のストレッチが金属疲労の身体に多少の潤滑油になっているのだろうか。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11737422c.html
老後スタイル | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

草いきれ

 曇り空の湿気の強い初夏の散歩道だった。早朝にもかかわらず蒸し暑さが身体を包んでいた。有馬川緑道を折れて万代橋を渡った。有馬川に目をやると、川面は中洲の草むらと川縁ちのさくら並木の緑に覆い尽くされていた。
 明徳寺の土塀を伝って上山口の旧街道に入るのが最近の散歩コースになっている。寺の南側の公園を抜けようとした時、むせかえるようなにおいにたじろいだ。ふと「草いきれ」という言葉が浮かんだ。高温多湿の空気が草の中に潜んでいる匂いを引き出しているのだろうか。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11736895c.html
散歩道の風景 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
明日香 亮イメージ
明日香 亮
プロフィール
山口は豊かな自然と歴史や伝統に育まれた街である。散歩道で目にする四季折々の風景や風物詩を綴ってみたい。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 25 781471
コメント 0 1326
お気に入り 0 12

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク