【大切なお知らせ】4月26日実施 緊急メンテナンスに関しまして

【西宮】山口を歩く【西宮ブログ】

山口を歩く

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/yamaguti-sanpo

歴史講座「公智神社出土銭から分かること」

 市立図書館山口分室の歴史講座を受講した。「山口町の歴史と公智神社――境内から出土した銅銭から分かること――」をテーマに市立郷土資料館学芸員の西川卓志氏からお話を聴いた。講座は山口の歴史に関する初めて聴く考古学的な内容の話しであり、極めて説得力のある興味深いものだった。
 最初に公智神社境内からの銅銭出土の経緯と意味するものが語られた。1974年の木造拝殿のコンクリート造りへの立替え工事中に4591点の銅銭出土が確認された。ほとんどが中国銭で最新鋳造銭は宣徳通寶(1433年初鋳造)だが、無文銭2点も確認された。
 これにより埋蔵された時期が推定できる。少なくとも宣徳通寶流通後の15世紀半ば以降であり、且つ無文銭の形状から16世紀中ごろの堺環濠遺跡発掘調査で確認された無文銭鋳型に合致することから16世紀半ば以降の埋蔵と推定される。
 ではなぜこの地に大量の銅銭が埋蔵されたのか。公智神社はもともとこの地で創建されたのではなく遷座されたと推定される。本殿直近からの出土はこの地への遷座に際して地鎮の意味があったのではないか。古来、土地は神から贖うという信仰があった。以上のことから、公智神社遷宮は16世紀半ばということを銅銭出土が物語っている。
 私の住まいのすぐ近くの公園に公智神社鎮座跡と刻まれた石碑が建っている。石碑には西暦千年頃にこの地にあった公智神社が現在地に遷座されたと記されている。根拠は何もないが石碑という重さの前で単純にそれを信じていた。その根拠がいかに希薄だったかを思い知らされた。考古学的アプローチの楽しみを大いに味わった講座だった。

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11728566c.html
カルチャー(学ぶ) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

認知症カフェボランティア会議

 認知症カフェ運営に応募いただいたボランティアは最終的に15名の登録になった。そのボランティアの皆さんによる3回目の会議が開催され、12名の方の参加があった。施設専門職や事業者等のスタッフも13名が参加した。
 前回会議でボランティアグループの代表者を選任した。オヤジ会メンバーでもあり、奥さんの軽度な認知症を懸命にカバーしながら認知症問題に関わっておられる方だ。会議はこの代表者の挨拶で始まり、3グループに分かれてのボランティア中心の1時間半余りの懇談が行われた。 
 懇談テーマは、「参加者の認知症や介護に関わるエピソード」「カフェをどんな場にしていきたいか」「カフェの名前は?」という3点だった。スタッフも各テーブルにオブザーバー的に参加した。
 私が参加したグループでも活発な意見交換があった。カフェに参加した介護者や当事者が可能な限り寛いで楽しく過ごせるような運営こそが大切という点で一致している。そのため当事者の呼び名は介護者・家族の意向を聞き「〇〇ちゃん!」といった愛称が望ましい。このカフェが当事者や介護者家族にとってのかけがえのない新しい外出先・居場所になることが期待される。
 最後のカフェ名称は三グループから5案が提案され、最終的にひとつの名前が確認された。着々とオープンにむけた準備が進んでいる。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11728419c.html
民生委員日記 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

 超高齢化に向けてですね

 認知症明日は我が身かもしれません

[ モンセ分店薬局 薬剤師徒然日記 ] 2018/04/25 8:57:02 [ 削除 ] [ 通報 ]

認知症が日常生活のヒトコマとなるような社会がひたひたと迫っていますネ。

[ 明日香 亮 ] 2018/04/25 16:35:16 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

オヤジ会の多彩な話題

 ボランティアグループの15回目(通算35回目)のちょい呑みオヤジ会が参加者13人で開催された。
 冒頭の私からの報告では、午前中に開催された地区社協総会の報告をオヤジ会での情報や人脈との関わりをまじえて行った。加えてこの間にコーディネートしたPTAからの要請によるオヤジ会メンバーへの青少年補導委員の就任打診の経過を報告した。
 参加者の近況報告ではボランティアグループの多彩な活動ぶりが反映された。小学校の通学時の旗振り当番への意欲、認知症カフェ立上げボランティアグループの代表者就任、市長選挙での関わりと結果についてのコメント、地区社協事業部長就任と感想、オヤジ会コンペの報告と次回案内、空家問題の危惧、地域でのペット問題の対応等々。
 とりわけ多くの意見が飛び交ったのはこれまで余り話題に上らなかったペット問題だった。参加者の幾人かが愛犬、愛猫との絆の強さを述べ、地域でのマナー問題の関心を吐露された。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11727994c.html
ちょい呑みオヤジ会 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

終わった〜ッ!地区社協総会

  地区社協第23回総会が終わった。住宅街のコミュニティセンターに地区社協役員である代議員23名と来賓13名、それに新任予定の役員10名を加えて46名の参加があった。23年目を迎えて地区社協中心メンバーの世代交代があった。専任三役6人の内3人の方が三役を退任され、創業期から関わってもらったお二人は社協役員も退任された。これを受けて3人の方に新たに事業部長である執行委員に就任頂いた。これらの調整のほとんどは会長の役回りだった。その結果何とか世代交代の荒波を乗り越えた感がある。
 活動方針でも「地域の超高齢化に対応した事業の見直し」という新たな視点を訴えた。元気なお年寄り対象のイベント型行事の見直しと在宅高齢者向けのよりそい型事業へのシフトである。
 予算面でも赤字基調の単年度収支の健全化を念頭に緊縮財政予算を提示した。以上、人、もの(活動)、金の全般に渡って3期目を迎えた会長の意向を色濃く打ち出した総会方針だった。それだけに最終的な議案作成に至る過程では紆余曲折もあった。
 10時に始まった総会は、順調に審議が進み11時半頃には終了した。総会を終えって「終わった〜ッ!」という感慨がひとしおだった。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11727799c.html
地域ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

超ハードな一日

 スマホのスケージュールアプリSaisuke2の今日のスケジュールが枠いっぱいに埋まっている。
 朝10時から12時過ぎまで福祉ネット役員会である。6月総会に向けて議案書原案を提案し様々な意見を頂きながら確認された。
 急いで徒歩10分の我が家に帰り昼食を済ませた後、再び同じ会場のコミュニティーセンターに向かい午後1時からの認知症サポートべんり帳地域版作成委員会に臨んだ。2時半までべんり帳掲載の地域資源のマップへの落とし込み等の協議を行った。
 5時からはご近所の転居されてきた若い世帯の赤ちゃん訪問が待っている。更に夜7時からは同じくコミセンで地域のスポーツ21の総会に来賓出席しなければならない。
 明日は朝から地区社協の総会本番である。合間を縫って挨拶草稿や議案書の説明ポイントのチェックをした。
 この超ハードな一日にさすがにげんなりしながら過ごした。 


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11727583c.html
地域ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

西宮市民生委員・児童委員会総会での三者の挨拶

 アミティホールで市の民生委員・児童委員会総会が開催された。今回は530人余りの出席者を前にした三人の方の挨拶に注目した。
 主催者代表の会長挨拶は、「今後の大切なテーマである共生社会づくりに向けて民生委員は地域の自治会や老人会や地区社協等と積極的に連携していかなければならない」という趣旨の、我が意を得たりの良い挨拶だった。かねてから2025年にむけた地域包括ケアシステムの地域での構築(=共生社会づくり)に民生委員はどのような役割を果たし、地域諸団体との関係をどうするのかについて必ずしも明確でなかったように思っていた。今日の会長挨拶はその点の明快な回答だった。
 次に市長挨拶があった。数日前に就任したばかりの新市長の「庁舎外での大きな舞台での初めての挨拶です」という言葉に会場が湧いた。ケレン味の感じられた前市長と違って庶民目線の誠実な話しぶりに好感をもった。「地域と民生委員が互いに依存し過ぎないよう適度な距離感で支え合ってほしい」というような趣旨だったと思う。
 教育長の挨拶からもいい情報が得られた。「今学校教育は地域との関わりにむけて大きく変わろうとしている。第1は子どもたちの教育現場での修得内容を積極的に家庭や地域で展開していきたい。第2は学校現場に地域の人に入ってもらい地域の歴史や文化を伝えてもらう等の交流を深めたい。第3は学校施設自体を地域の交流の場として活用することだ。」
 久々に良い挨拶を耳にした総会だった。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11727360c.html
民生委員日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

地域の老人クラブ連合会総会に来賓出席

 住宅街の老人クラブ連合会の総会に地区社協会長として初めて来賓出席した。老人クラブは住宅街の各丁目毎に単位クラブがあり、6つのクラブが連合して連合会を構成している。会場のコミュニティーセンターに単位クラブ各5名の代議員29名の外、各単位クラブの役員も多数出席しなかなかの盛況である。
 会長挨拶の後、来賓の紹介と簡単な挨拶が求められた。来賓は自治会長と地区社協会長の二人だった。私からは老人クラブ連合会派遣の地区社協役員と福祉ネット役員に謝意を述べた後、地域の高齢者の老人クラブへの加入が社協の見守り活動面でも大切であり、老人クラブ主催のいきいき体操の健康予防に欠かせない点にふれた。その上で超高齢社会を迎えてますます老人クラブと地区社協の連携をはかりたいと訴えた。
 議事で注目したのは会員数の推移である。昨年比4名増であるが、内訳は入会21名に対し退会10名、逝去4名である。退会者は転居や身体の衰えに伴うものと推定される。逝去者4名は在宅看取りか住居を残した施設、病院看取りだろう。
 活動報告はいきいき体操、バス旅行、いこいの家活動、同好会活動、地域活動等、多彩である。ただどれも元気なお年寄り対象の活動であることは否めない。元気がなくなったお年寄りのよりそい、見守り活動が必要ではないかと思った。
 活動方針では、老人クラブ紹介パンフや老人クラブ連合会30年史作成等の新たな取組みが承認された。
 1時から開催の総会が予定より30分早い2時半には終了した。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11727123c.html
地域ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

新緑がまぶしい季節がやってきた

 雨上りの早朝である。有馬川緑道をいつものように有馬方面に向かっていた。
 明治橋を渡った先の緑道を左右の並木が路上に腕を差し伸べていた。つやつやの新緑だった。遅咲きのさくらの白っぽい枝振りが混在している。新緑のトンネルに鮮やかなピンク色を添えているのはハナミズキである。
 雨上りの並木の新緑は妙に心を浮き立たせる。足取り軽く早朝のウォーキングを愉しんだ。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11726861c.html
散歩道の風景 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ぶーたれ!花ちゃん

 保育園の春休みで我が家に一週間ほど滞在していた花ちゃんを4月4日に大津の自宅に送っていった。以来、花ちゃんとはもっぱらFeceTimeでコミュニケーションする日々である。母ちゃんが保育園から連れ帰って花ちゃんとの夕食中のひと時が動画中継の定番タイムである。
 2歳5ケ月になりイヤイヤ期の真っ只中である。以前ほどイヤイヤ反応はひどくなくなったがそれでも時に癇癪を起す。何かの拍子に「いやや〜ッ」を連発し半べそになる。すぐにケロッとして機嫌が直るので「嘘泣き花ちゃん」の得意技にも思える。食後は母ちゃんにまつわりつく「甘えん坊花ちゃん」に変貌する。
 ひとしきり画面越しにバーチャル会話を楽しんでバイバイする。「そしたら花ちゃんバイバイ」と声を掛けると、以前は「いやや〜ッ」を連発して別れを惜しんでくれたものだ。ところが最近はじいちゃんばあちゃんに顔を合わせることもなく、愛想なく口先だけの「バイバイ」を返すばかりである。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11726404c.html
じじバカ日誌 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

公園ボランティアグループのお花見会

 土曜日のお昼前に住宅街の中心に位置する公園に向かった。白内障治療の検査直後の外出だった。検査用目薬の副作用で瞳孔が開いた状態が続いていた。陽光のまぶしさ除けにサングラスを着用して出かけた。
 公園には住宅街の幾つかの公園の清掃や花壇整備を続けるボランティアグループのメンバーたちの姿があった。毎年この時期に1年間の慰労ときれいに維持されている公園を観てもらおうという趣旨でお花見会が催される。私のようにメンバー以外の参加もOKである。11時半から始まったお花見会には10人の皆さんの参加があった。グループの代表はじめ6人がオヤジ会メンバーだった。
 グループの中心メンバーに一組のご夫婦がいる。毎年その奥さんの手づくりの料理が盛りだくさんに提供される。会費1500円では到底賄えない料理の数々が即席テーブルに所狭しと並んだ。散ってしまったさくらの下の穏やかな陽気の中で缶ビールや日本酒やワインを傾けながら1時間ばかり歓談した時だ。
 日差しの強さに目が開けていられない位の症状に見舞われた。万事休す!皆さんにお断りをして中座することにした。徒歩10分足らずの我が家への道のりをゆっくり辿った。帰宅して室内に入ると症状がようやく収まった。やれやれ。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11726232c.html
交遊録 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
明日香 亮イメージ
明日香 亮
プロフィール
山口は豊かな自然と歴史や伝統に育まれた街である。散歩道で目にする四季折々の風景や風物詩を綴ってみたい。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 71 779179
コメント 2 1322
お気に入り 0 12

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク