山口を歩く

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/yamaguti-sanpo

初体験のディナ―ショー

 ディナーショーなるものに初めて招待された。5時過ぎに着席すると
会場のセレモニー会館大ホールには160人ほどの出席者の姿があった。アルコールとソフトドリンクのフリードリンクのオーダーが訊ねられ順次コース料理が運ばれる。牛ロースステーキをメインとした5皿のコースにデザート&カフェのフレンチである。料理の鉄人・坂井宏行氏が監修しその弟子であるショフがプロデュースする料理である。隣席の知人と歓談しながら完食した。
 最後のコーヒーが運ばれる頃にショータイムとなった。真っ赤なドレスに身を包んだ歌手・瀬川瑛子さんの登場である。「長崎の夜はむらさき」「憂き世川」「矢切りの渡し」「笑いじわ」「あなたが命」など10曲ほどがユーモアあふれる巧みで楽しいトークを交えながら歌われた。途中で純白のイブニングドレスに早変わりして観客を楽しませたり、客席の真ん中の二つの通路を往復し、声を掛け握手を交わして顧客サービスに余念がない。「デビューして51年目となります」という紹介を聞いて驚いた。エ〜ッ!何歳になるんや。ネット検索すると1948年生まれとある。古希直前である。見た目は50代にしか見えない。化粧やガードル、コルセットによる手直し効果はあるだろうが、一流芸能人の若さを維持するための涙ぐましい努力を推測した。
 最期の大ヒット曲「命くれない」の熱唱に聞き惚れながら7時40分頃にクリスマスディナショーが幕を閉じた。

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11687187c.html
老後スタイル | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

視野の左端を光が走った

 早朝の暗闇の中をウォーキングに出かけた。突然、視覚の異常を覚えた。左目の耳側の視野に上から下にピカピカと光が走ったのだ。何度もそれが繰り返される。脳梗塞等の前兆かとうろたえたが、その後それ以外の自覚症状は何もない。左目は急速に眼圧が上がる持病があるのでそのせいだろうか。
 その日の内にかかりつけの眼科で受診した。いつものように眼圧や視力の検査の後、診察室で馴染みの医師の診察を受けた。「検査では特に問題はありませんが白内障の兆候が進んでいるようです。点眼薬を処方しますので点滴して下さい」「左目の端の視野に光が走るんですが。脳関係の異常の懸念はありませんか」「一般に加齢やストレスによるもので特に心配ありません」
 帰宅後、あらためてネット検索してみた。「光が走る」のキーワードで簡単に情報が得られた。加齢やストレスが原因の「光視症」という症状のようだ。「耳側視野に垂直方向に光が走るのが典型的です」とある。「通常誰にでも発症するもので自然治癒するのが一般的」ということのようだ。
 これにて一件落着!


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11685443c.html
老後スタイル | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

自然治癒が大方でよかったです。

[ せいさん ] 2017/11/28 18:34:32 [ 削除 ] [ 通報 ]

せいさんの大病を思えば私の些細な病が気恥ずかしくなります。お大事にお過ごしください。

[ 明日香 亮 ] 2017/11/29 18:03:11 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

老夫婦がUSJで遊ぶ!

 去年に引き続いて今年も老夫婦二人でUSJで遊んだ。USJに嵌っているわけではない。この時期にサントリーのイベントでプレミアムナイト・イン・USJがある。サントリー商品についている応募券で家内がせっせと応募して今年もめでたく当選した。私の晩酌の缶ビール貼付の応募券で何人分も応募したようだ。何はともあれ当たった以上は行ってみたくもなる。
 USJ近くのマンション住まいの知人を訪問するため家内は先に出かけた。3時前にJRユニバーサルシティ駅に降り立って家内に連絡し合流した。暗くなってからのツリー点灯とクリスマスショーまでの時間を園内散策とアトラクション見物で過ごした。
 最初に出会たのはジェラシックパークの恐竜だった。アトラクションを終えた恐竜がノッシノッシと見物客に愛想を振りまきながらのし歩く。幼児や子どもたちのはしゃぎぶりに思わず花ちゃんの姿を重ねてしまう。
 続いてモンスター・ライブ・ロックンロールショーのアトラクションに入場した。長い行列の果てにようやく劇場風の座席に着席した。舞台設定こそイリュージョン風で仕掛けのあるものだったが、内容は老夫婦には馴染めない若者向けのまさしくロックンロールの舞台だった。
 続いてこれまた長い行列の果てに入場したのが映画「バックドラフト」の火災場面を復元したアトラクションだった。前段の解説風のイントロ部分を潜り抜けて最後の火災現場を再現した工場前の観覧席に入った。あちこちから炎が上がり大音響とともにドラム缶が爆発し火柱が上がる。熱風が伝わり床がドスンと振動する。五感を揺さぶるなかなかの迫力だった。
 続いて昨年も観て感動したスパイダーマンのアトラクションに入場した。長蛇の列にもかかわらず予想外に早く観覧用カートの最前列に渡された3D眼鏡をかけて乗り込んだ。ジェットコースターのようなスピードと回転を伴ってカートが突っ走る。迫力満点の立体画像が大音響とともに飛び込んでくる。時に小さな水しぶきが襲ってくる。数分間の異次元の世界を満喫した。
 外に出た頃にはようやく日没が訪れていた。クリスマスショーの第1回上演時間の17時45分が近かった。スタッフに訪ねて見学会場の広場に着いた。既に広場は数えきれないほど大勢の見物客が地面に腰を下ろして待っていた。定刻に「天使の軌跡V」の美しいイルミネーションショーが始まって気がついた。余りにも遠く、間に障害物もあり最悪の見物席だったのだ。やむなくショーが終わってから舞台近くに辿り着き点灯されたイルミネーションや巨大ツリーを間近に眺めた。
 観るべきものは一応観終えて7時頃にUSJを後にした。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11684662c.html
老後スタイル | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

町内老人会の食事会

 民生委員の対象エリア(丁目)の老人会の食事会があった。老人会に加入して2年余りになるが、忙しさにかまけて行事や活動には余り参加していない。年に2〜3回新年会やバスツーアに参加している程度だ。とはいえ会員は全員70歳以上で民生委員の高齢者実態把握調査でお訪ねする皆さんだ。そういう意味でも老人会の活動参加は民生委員としての役割とも重なっている。
 自治会館で開催された食事会には男女各9名の18名が参加した。会員36名の内5名は施設入所や在宅療養中なので6割近い参加率ということになる。会費千円で最寄りのとれとれ寿司の握りセットと吸い物、缶ビール、どら焼き、ミカンが用意された。
 寿司の出前が遅れて予定より30分遅れで開会した。会長挨拶の後、参加者の簡単な自己紹介があり後は隣席どうしのフリーな懇談と食事である。両隣りはご近所のお一人住まいの高齢のご婦人だった。民生委員として気がかりな方たちでもある。お二人の近況をタップリ伺った。おひとりは三日前に愛犬を亡くされたばかりでその哀しみがなお残っているとのこと。ペット葬儀の業者に一切の対応を依頼し心置きなくお別れできたとも話された。もうひとりの方は昨年ご主人を亡くされたものの趣味やデイサービスで大いに楽しんでいるとのこと。
 お二人との懇談で二つのことに気が付いた。ひとつはお二人ともデイサービスでの時間を楽しまれている。一度自分でもその様子を体験しておきたいと思った。福祉ネットのオブザーバーでもある事業所の施設にお願いしようと思った。もうひとつはペット葬儀の事業者の存在を知ったことだ。今後そうしたニーズが増えるに違いない。高齢者との懇談時の引出しのひとつとしてもネット検索しておこうと思った。
 久々の老人会の行事参加で役立つ情報が得て1時前には散会した。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11682314c.html
老後スタイル | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「ファースト」がもたらす分断社会

 ここのところ使われ出した「ファースト」という言葉が気になっている。トランプ米大統領が昨年の予備選挙中から使い始めた「アメリカ・ファースト」。小池東京都知事が都議選向けにキャッチコピー風に使い始めた「都民ファースト」などである。何となく新しい感覚のニュアンスがあり耳障りがよく大衆受けしている観がある。
 ところが考えてみれば「ファースト」とは単に「第一」「第一主義」ということに過ぎず自己中心のミーイズムを意味している。国際社会での協調・共存を排しアメリカこそ第一と主張する。都民を第一と考えない政治勢力や集団の存在を暗示することで抽象的な都民の利益を訴える。それは米国人や東京都民に不当な不利益の奪還を訴え共感を求めるというポピュリズムの手法にも見えてくる。格差と貧困が進行する社会にあって「自分さえ良ければ」というミーイズムの風潮が蔓延する。「ファースト」はそうした大衆の気分を巧妙に掬い取る。
  「ファースト」は「アメリカとそれ以外」「都民と都民の利益を損なう存在」という形で国や地域に対立を持ち込む。格差や貧困の原因を対立する反対勢力の存在に矛先を向ける。コミュニティの中に憎悪や排除が生まれコミュニティの分断がもたらされる。
 格差や貧困は対立、排除、分断によって一層深刻化する。協調、共存、包み込みこそが求められている。そんな時代だからこそ「ファースト」でなく「ソーシャル・飲クルージョン(社会的包摂)」を噛み締めたい。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11678910c.html
老後スタイル | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「政治手法」というもうひとつの選択肢

 衆議院選挙がいよいよ6日後に投開票を迎える。政党選挙である限り投票行動は各党がめざす理念や政策の選択が第一義といえる。ただ今回の総選挙ではもうひとつの選択肢が浮上しているように思える。今回の総選挙に大きなインパクトを与えている4人の党首の政治手法の違いが際立っている。そのことが選挙結果の予測にも反映されているのではないか。
 各種の選挙結果の予測は自民党の優勢、希望の党の失速、立憲民主党の予想外の勢いということで共通している。自民党の優勢予測にもかかわらず内閣支持率は尚不支持が支持を上回っている。党首である安倍首相への不信感の大きさを物語っている。希望の党の失速の最大の理由は明らかに小池代表の「排除・選別」発言に代表される傲慢さへの反発だろう。希望の党に合流した旧民進党所属の議員たちも苦戦が伝えられている。このグループを実質的に率いるのが前原民進党代表である。一方で枝野代表が率いる立憲民主党は総選挙公示の一週間前の結党にもかかわらず議席倍増以上の躍進が予測されている。
 この4人の党首たちの明暗を分けているものは何か。安倍、小池、前原の各氏に見事に共通しているものは強権的とも思えるトップダウンの政治手法である。前原氏の民進党の希望の党合流の決定経過も驚くべきトップダウンである。これに対して枝野氏は草の根民主主義を標榜しボトムアップ型の政治を訴える。理念や政策の選択もさることながら多くの国民が政治手法の在り方にも目を向け始めたのではないか。内閣支持率の低さは4年に渡る安倍首相のトップダウン型手法への批判もその要因のひとつと思える。
 地域活動に関わって10年目を迎える。昨年からは地区社協の代表者に就任し、地域のボランティアの皆さんとのコンセンサスをいかにして求めるかという点に腐心している。ボランティアの場では何よりも結論に至る過程が問われる。各自がそれぞれの場面でどのように関わったかが活動のモチベーションを支える。今回の総選挙の「政治手法」というもうひとつの選択肢を想定しながら「草の根民主主義」という言葉をあらためて噛み締めた。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11671023c.html
老後スタイル | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

小選挙区制というのはどうなんでしょうねえ?支持率50%以下の政党が50%以上の議員数を得る。そして少数意見は無視される。少数意見も取り上げるのが民主主義だと思うのですが…。小選挙区制の方が政権交代が行われやすいといいますが、わたしは昔の中選挙区制のほうが良かった気がします。

[ akaru ] 2017/10/16 15:00:26 [ 削除 ] [ 通報 ]

小選挙区制導入の意図は二大政党制の実現という点にあったようですが、結果的には政策論争を越えたオセロゲームのようなチルドレン輩出選挙の様相を呈していますね。私も民意の反映という点では中選挙区制の方が優れていると思います。

[ 明日香 亮 ] 2017/10/16 17:31:20 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

大衆理容、15分のスゴ技!

 現役の頃から散髪にかかる時間は苦痛だった。高齢になりみかけのこだわりも少なくなった。ましてやどんどん薄くなる頭髪は時間をかけても意味がない。それでも限度を超えると見苦しくなるのが髪の毛である。リタイヤした頃に近くに大衆理容ができた。安くて短時間で最低限の調髪をしてくれる大衆理容は大歓迎だった。ここ10年ばかりもっぱら大衆理容のお世話になっている。だいたい2カ月毎の散髪が定着している。
 9時前に歩いて10分の開店直後の大衆理容に出かけた。すぐに鏡の前の専用椅子に案内された。「髭剃り、シャンプーは?」「カットだけで」といつものやりとり。散髪椅子からの早期脱出もテーマのひとつ。自分でできることは自分ですます。バリカンで借り上げてもらいてっぺんも短く2cmほどにカットしてもらう。どちらかと言えば角刈り風だが、なんせ軟弱な髪の毛で角はない。もみあげや際剃りを済ませて一丁上がり。この間わずか15分の早業である。あっという間に2カ月に一度のお勤めを終えた。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11657059c.html
老後スタイル | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

保育園敬老のつどいの花ちゃん

 敬老の日に花ちゃんの保育園で祖父母を対象とした園児たちの「敬老のつどい」が開催された。婿殿側の祖父母に出席してもらった。その時の動画がクラウドサービスで更新された。
 舞台前の陣取った年長さんたちの「いちごさ〜ん!」という呼びかけに応えて舞台袖からいちご組の園児たちが入場する。なんと花ちゃんは先頭を切って入ってくる。足踏みしながら会場に向かって整列する。すると今度は列の後方にいた花ちゃんが前のお友だちをかき分けて最前列に出てきた。我が孫ながらその積極性に苦笑する。
 「おはようございま〜す!」というあいさつの後、お遊戯が始まった。「だるまさんアップップ」では♪笑うと負けよアップップ♪の歌詞に合わせて一斉にほっぺを膨らませる。その後みんなで「ワ〜〜」と両手を広げて笑い声をあげる。広げたボードに隠れて「いないいないバ〜」をした後、「カエルのうた」の遊戯になった。我が家でも何度も目にした花ちゃん得意の遊戯だ。♪ゲロゲロゲロゲロガッガッガ〜♪のメロディに合わせて舞台正面の一番前でどのお友だちよりも大きな動作で四つん這いになったり飛び跳ねたりしている。思わず頬を緩ませながら「上手!上手!」と口にする。
 「バイバ〜イ」。先生の声に合わせてみんな一斉に会場に向かって両手を振っている。ここでも花ちゃんは主役のような振舞いを見せている。会場の拍手に送られて足踏みしながら舞台袖に姿を消した。入場から退場まで7分足らずの動画を目を細めながら思い切り愉しんだ。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11656452c.html
老後スタイル | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

睡眠サポートサプリのお試し結果

 睡眠サポートサプリ”グリナ”の6日分のお試し購入をして服用してみた。毎晩就寝前に6日間服用した。
 睡眠データは使用中のスマートウォッチで「深い眠り」「浅い眠り」「トータル」毎の時間数がスマホに記録される。その記録をエクセルで集計してみた。服用前3週間の上記各データの平均値はそれぞれ2.73時間、3.88時間、6.61時間である。服用中6日間平均値は3.47時間、3.41時間、6.88時間である。服用前は深い眠りと浅い眠りの比率が41%対59%だが服用中はこれが51%対49%と逆転し、深い眠りが長くなっている。また睡眠時間自体も服用後は104%伸びている。
 データ上の結果は明らかに効果があったことを示している。朝の目覚めの気分も心なしか快適であるように思える。とはいえ定期購入に踏み切るにはためらいがある。30日分の代金は6500円ほどでリタイヤ生活者には高額である。使用を中断した後のデータを見ながらしばらく様子を見てみよう。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11653695c.html
老後スタイル | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

睡眠サポートサプリのお試し購入

 加齢とともに睡眠異常が目立ってきた。寝つきが悪くなった。9時すぎには床に就くことが多いのだがすんなりと眠りに着けない。時々深夜に目覚めることがある。下手をすると1時前後に目が覚めて寝付けない。やむをえず起きて階下のリビングに向かう。PCを開いてネット検索や事務処理をしたりテレビ録画を観たりする。その後ソファーで二度寝する。それでも必ず4時半頃には目覚めてしまう。スマートウォッチ(歩数計)の睡眠モニターでも浅い眠りの時間帯が深い眠りを圧倒している。深い眠りや快眠や快適な目覚めを求める気分が強かった。
 そんな時、新聞広告で味の素の「グリナ」という睡眠サポートサプリメントを知った。最先端のアミノ酸研究を続けてきた味の素が睡眠アミノ酸”グリシン”の効果を発見し「グリナ」を商品化した。就寝前に飲むと寝入りばなにある”深睡眠”に短時間で辿り着けるようになるという。
 6本入り(6日分)が送料無料でワンコイン(500円)というお試し商品があった。ものは試しと早速ネット注文した。その商品が今日届いた。今晩から試してみることにしよう。
  

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11651111c.html
老後スタイル | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
明日香 亮イメージ
明日香 亮
プロフィール
山口は豊かな自然と歴史や伝統に育まれた街である。散歩道で目にする四季折々の風景や風物詩を綴ってみたい。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 2 771719
コメント 0 1295
お気に入り 0 12

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク