山口を歩く

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/yamaguti-sanpo

長尾和宏著「痛くない死に方」

 長尾和宏著「痛くない死に方」を読んだ。これで著者の7冊目の著作を読んだことになる。私の地域活動の目下の主要なテーマは「在宅ケア」である。そのための多くの知識と情報を長尾医師の著作から得ている。それだけに現状では著者はもっとも信頼を置いている医師といえる。
 この著作は既読の「平穏死10の条件」の4年後のリニューアル版である。在宅医としての4年間の経験の蓄積が前作以上に示唆に富んだ記述となって展開されている。以下の指摘に関心を持った。
 ・痛くない死に方には緩和医療の知識と理解のあるかかりつけ医を見つけておくこと。緩和ケアがしっかりできないと在宅看取りには至らない。それにはかかりつけ医の在宅看取り数が目安となる。
 ・認知症終末期の平穏死の条件は「最後まで口から食べること」「胃ろうを選択しないこと」
 ・平穏死に関わる有益な情報の紹介。医師の在宅看取り実績数を公開した「自宅で看取るいいお医者さん」というムック本。平穏死に取組む「日本慢性期医療協会」とその会員を掲載したHP(近隣での会員施設には北摂中央病院と船坂の介護老人保健施設・ふるさとの家がある)
 ・施設を終の棲家として決めたなら終末期に病院に搬送せず平穏死を迎えさせてくれる施設を選ぶこと
 ・「在宅看取りは警察に届けねばならないという誤解」は医師法20条の誤解」。「診療中の患者が受診後24時間以内に死亡した場合」は主治医が後日に往診して死亡診断書を発行できる」というのが医師法20条の解釈。

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11668256c.html
書評・ニュース怪説 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

 読まれたんですね 私の店の近くの狭い お菓子屋さんの二階で開院されて今は元銀行の跡地で開業されていてDRも多数おられて殆ど年中無休でされています。

[ モンセ分店薬局 薬剤師徒然日記 ] 2017/10/08 7:28:58 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
NHKドキュメンタリー”赤秋〜仲代達矢・喪失からの出発〜”
長尾和宏著「薬のやめどき」
乙川優三郎「武家用心集」
このブログトップページへ
明日香 亮イメージ
明日香 亮
プロフィール
山口は豊かな自然と歴史や伝統に育まれた街である。散歩道で目にする四季折々の風景や風物詩を綴ってみたい。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 49 768156
コメント 0 1291
お気に入り 0 12

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク