山口を歩く

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/yamaguti-sanpo

園城寺・三井寺

 花ちゃんを大津の自宅に送っていった帰路、近くの名刹・三井寺に寄り道することにした。花ちゃん宅から車で湖岸道路を北西に10分ほど走って三井寺の参道前の駐車場に着いた。
 短い参道の正面に堂々たる風格の仁王門が待ち構える。仁王門右手には釈迦堂が佇んでいる。受付で600円の入山料を払い仁王門をくぐると正面の階段先に壮大な伽藍の国宝・金堂が望める。金堂左手には近江八景のひとつ「三井の晩鐘」で知られる梵鐘の鐘楼がある。「弁慶の引き摺り鐘」を納める鐘堂を経て一切経蔵に入った。堂内の一切経を納めた大きな回転式の八角輪蔵に息を呑んだ。唐院や太師堂などの伽藍の一角に三重塔が聳える。散り染めのさくら並木を通り正面の微妙寺を左に折れる。なだらかな坂道を辿った先の石段を上ると風情のある観月舞台が現われる。その奥の観音堂と絵馬堂の間の石段を上り詰めた先の展望台に到着した。
 展望台からの眺めは圧巻だった。眼下には観音堂と付属の伽藍が広がり、その向こうには大津市内の町並みと琵琶湖が望める絶好のビューポイントだった。しばらく絶景を楽しんだ後、来た道を辿り駐車場に戻った。1時間ほどの天台寺門宗総本山の園城寺・三井寺の散策だった。七堂伽藍がそのまま残された風格のある広大な仏閣だった。それにしても昨年11月に訪ねた永源寺と言い、滋賀県に残る立派な仏閣の存在に驚かされた。

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11724292c.html
旅日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
”淡路島活き鱧づくし”日帰りバスツアー
JAのなんばグランド花月観劇と黒門市場散策ツアー
松島・銀山温泉・最上川・羽黒山・蔵王の旅(三日目)
このブログトップページへ
明日香 亮イメージ
明日香 亮
プロフィール
山口は豊かな自然と歴史や伝統に育まれた街である。散歩道で目にする四季折々の風景や風物詩を綴ってみたい。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
今日 合計
ビュー 27 785818
コメント 0 1342
お気に入り 0 12

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク