山口を歩く

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/yamaguti-sanpo

リタイヤオヤジのセカンドライフ

 前回のちょい呑みオヤジ会である参加者から、今月21日のさくらFMの生放送への出演を依頼された。テーマは自由度が大きく個人的な想いを伝えられる絶好の機会のように思えた。かねてからぜひ発信したいテーマがあった。 世間に発信するメッセージは、私だからこそ伝えられる内容であることが肝要だ。リタイヤ生活10年を経て手応えのあるセカンドライフを過ごしている。世のリタイヤオジサンたちにこのことを伝えたい。題して「リタイヤオヤジのセカンドライフ」である。トークの内容を整理してみた。 
 「2025年問題」を控えてリタイヤオジサンたちの地域活動参加が地域コミュニティを維持する上でも欠かせない。とりわけリタイヤ年齢に達して続々と地域に戻ってきた団塊オヤジたちの去就が注目される。ところが仕事人間で過ごし地域は寝床でしかなかった彼らには、家庭と地域での「居場所づくり」は二つのハードルが待ち受けている。
 ひとつは家庭と地域で主導権を握っているオバサンたちの「壁」である。彼女たちの意向や生態の「忖度」を抜きにしてはこのハードルは越えられない。これについてはリタイヤ後の地域活動で味わったオバサンバトルの体験を活かしてモノにした「オバサントーク入門講座」を伝えよう。
 今ひとつは地域と関わりたいと思っても地域と関わったことのないオジサンたちにはその手がかりがとんと見当たらない。これについても丸4年を経過し37回の会合を重ね会員40人を擁する「ちょい呑みオヤジ会」の事例を報告しよう。リタイヤオヤジたちの地域デビューのための窓口機能としての希少な成功事例ではないかと思っている。
 その上で私自身の体験的セカンドライフを語ってみよう。自治会役員の当たりくじから始まり、民生委員、社協役員、福祉ネット立上げに至る地域活動である。現役時代のパソコンとの遭遇に始まるホームページ立上げ、山口風土記サイト立上げ、公民館講座開講、小中学校でのふるさと山口のプレゼンに至る文化活動もある。リタイヤ直前から始めた1日1万歩以上のウォーキングや12年近くになるブログの毎日更新といった生活習慣も健康維持と認知症予防の観点から触れておこう。
 最後に、我が町のリタイヤオヤジたちにこの町で可能なセカンドライフの多くのメニューを紹介しよう。地域活動や趣味・文化活動、健康・スポーツ活動、つどい場などこの町ならではの選択肢をリタイヤ10年のベテランオヤジならではの情報として提供してみたい。

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11744860c.html
老後スタイル | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

いいですねえ。しゃべりがいがありますねえ。

[ imamura ] 2018/06/05 22:24:15 [ 削除 ] [ 通報 ]

夜九時頃からの収録で時間数は柔軟に対応させてもらえるとのことです。インタビュー形式の「しゃべり」を楽しんできたいと思います。

[ 明日香 亮 ] 2018/06/06 4:14:47 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
白内障手術の正体は?
地元小学校の30周年記念事業への関わり
ストレッチ
このブログトップページへ
明日香 亮イメージ
明日香 亮
プロフィール
山口は豊かな自然と歴史や伝統に育まれた街である。散歩道で目にする四季折々の風景や風物詩を綴ってみたい。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 48 783212
コメント 0 1337
お気に入り 0 12

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク