山口を歩く

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/yamaguti-sanpo

異色三人組の同期会

 一カ月ほど前の夕方に突然携帯に連絡が入った。現役生活初期の頃からの付き合いのある同業他社の友人だった。「大阪梅田で共通の知人二人と呑んでいる。私の話題になり次回は三人で呑もうということになり電話した」とのこと。懐かしい顔ぶれでの呑み会の誘いに二つ返事で承諾し、昨日の呑み会となった。
 14時に大阪駅構内で待ち合わせ西梅田の梅三小路の飲み屋で生ビールのジョッキで乾杯し、異色の顔ぶれ三人組の呑み会がスタートした。
 電話を掛けてくれたのは、私が20代半ばの労組役員時代に知り合った大手流通業の知人で彼もまた私と同じ労組書記長だった。入社年次も同じで懇談を通じて私の同期入社の一人は彼の大学時代の親友であることが分かった。お互いのその後の進路は大きく異にしたものの、以来50年近いつき合いが続いている。
 もうひとりの同期入社の友人は労組結成期に共に汗を流しあったひとりであり、同期としてのつき合いが続いていた。彼らと私の出身大学は大学こそ異なるが同じ中国地方の国立校で駅弁大学どうしという親近感もあった。
 14時過ぎから始まった呑み会は5時半頃まで続いた。久々の邂逅はに尽きせぬ話題を堰を切ったように繋いでいた。利害のないマッチイーブンな関係が相互に歯に衣を着せない鋭いツッコミを繰り出させていた。二人から私に対し20年に及ぶ労組役員になぜ終止符を打ったのかというツッコミがあった。表面的な理由を許さない厳しさが込められていた。あらためて自分自身に問いかけながら答える他なかった。それは他では得られない貴重な懇談の場であることを意味していた。
 三か月後の再会の約束がそれぞれにとってかけがえのない懇親の場であったことを物語っていたのではないだろうか。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11763601c.html
交遊録 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
パート組合結成の30数年後の学術的評価
さくらFMの生放送「LALALAにしきた90分くらい」出演記
さくらFM生放送出演「リタイヤオヤジのセカンドライフ」
このブログトップページへ
明日香 亮イメージ
明日香 亮
プロフィール
山口は豊かな自然と歴史や伝統に育まれた街である。散歩道で目にする四季折々の風景や風物詩を綴ってみたい。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 12 791285
コメント 0 1350
お気に入り 0 12

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク