山口を歩く

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/yamaguti-sanpo

さらば!メラノーマ

 2007年3月8日、悪性黒色腫(メラノーマ)というおどろおどろしい病名の皮膚癌で2度目の手術を行った。我が右手親指は根元から切除され永遠に返らぬことになった。以来、抗がん剤投与に始まって徐々にゆるやかな治療や検査を受けながら闘病生活が続いた。
 癌の術後の経過観察期間は10年で完結する。その丸10年を超えた昨日、最後の診察を受けるべく大阪市大病院に出かけた。昨年10月に最後の血液検査とCT検査を終え異常が見られなかったことから今回は10年を超えた時点の最後の診察だった。
 9時の診察開始と同時に診察室に入った。大病院での手術と治療だったので、定期的に人事異動が行われる。10年前の執刀医から数えて主治医は5人ぐらい代わっている。最後の主治医も3回目ぐらいの受診で馴染みは薄い。患者の方は闘病の卒業というメモリアルな受診ではあっても前任者から引き継いだ主治医からすれば担当患者の単なる病状の通過地点でしかない。患者の側からは「永い間お疲れ様でした」位の言葉があるかと思ったが特にない。「今後は気になることがあったらかかりつけ医との相談で処置して下さい」とのこと。おだやかな語り口ながらビジネスライクな診察を終えて会計に向かった。
 9時15分には病院を後にした。もう来ることもない病院である。思えば人生の最大の危機と言えるシーンを過ごした場所である。病院の建物を今一度振り返り天王寺駅に向かった。

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11586578c.html
老後スタイル | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

西宮出身の研究者(わたしの知人(故人)のご子息です)の治療法が画期的と話題になっています。
小林久隆博士の研究ですが、メラノーマには特に有効とのことでした。一度夫調べになって下さい。
http://grapee.jp/187729

[ akaru ] 2017/04/17 9:22:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

akaruさん、お久しぶりです。ご案内ありがとうございます。ご紹介のURLを見てみましたが、今はすっかり完治した身と思っていますのであまりピントこないのが正直なところです。

[ 明日香 亮 ] 2017/04/17 19:14:20 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
セカンド・ダイニング(めしや食堂)
ハメマラ医者巡り
老後の生活設計と医療・介護費
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
明日香 亮イメージ
明日香 亮
プロフィール
山口は豊かな自然と歴史や伝統に育まれた街である。散歩道で目にする四季折々の風景や風物詩を綴ってみたい。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 12 763451
コメント 1 1277
お気に入り 0 12

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク