山口を歩く

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/yamaguti-sanpo

あっという間の車の免許更新

 車の免許更新期間がやってきた。高齢者講習もばっちり済ませている。早速、伊丹の阪神更新センターに出かけた。
 センターに受付開始の15分前に到着した。既に50人ばかりの更新者が列をなして受付を待っていた。開始5分前の8時55分に受付が始まった。免許証を渡すと免許証コピー付の更新書類が渡されて必要事項を記入する。手数料の支払い、交通安全協会入会(当然こちらはパス)、視力検査や暗証番号入力、顔写真撮影と一連の流れ作業をこなす。通常ならこの後1時間ばかりの講習となる。
 ところがここで従来と異なるコースになった。ナント高齢者講習の修了者はこの講習がパスされるという。写真撮影後に係官から「では免許証受領待合い所でお待ちください」と告げられた。待合い所で待つこと5分。窓口のカーテンが開いて名前を呼ばれた。更新されたばかりの免許証が手渡された。思わず時間を確認すると9時20分だった。センター到着後30分余りで更新が完了したことになる。半日仕事を覚悟していた身にはラッキーな誤算だった。
 高齢者講習の煩わしさをクリアした免許証ホルダーへのご褒美と受け止めた。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11595278c.html
老後スタイル | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

わたしも昨年経験しました。

[ akaru ] 2017/04/30 8:55:33 [ 削除 ] [ 通報 ]

同年代のakaruさんとは同じような歩みを経験しますね。

[ 明日香 亮 ] 2017/05/03 19:39:36 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ショック!前立腺肥大症でMRI検査のお達し
街の世話焼きオヤジの役回り
長期休暇前半での個人課題の処理
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
明日香 亮イメージ
明日香 亮
プロフィール
山口は豊かな自然と歴史や伝統に育まれた街である。散歩道で目にする四季折々の風景や風物詩を綴ってみたい。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 33 760201
コメント 0 1252
お気に入り 0 12

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク