山口を歩く

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/yamaguti-sanpo

藤沢周平の原風景・海坂(鶴岡)探訪の想像A

 2月の藤沢周平の原風景・海坂(鶴岡)探訪が現実味を帯びたことで、その具体化プランの検討に夢中になった。
 まず着手したのが藤沢作品に登場する海坂の風景に重なる鶴岡市内の様々なスポットを確認することだ。これについては藤沢周平のムック版に掲載されている可能性が高い。ネット検索して文春ムックの「藤沢周平のこころ」に「海坂と鶴岡--藤沢周平世界の原郷--」という記事が掲載されていることを知った。
 早速ムック版をネット購入してその記事を読んだ。それによると探訪スポットは作者の生誕の地である高坂地区と鶴ケ岡城跡周辺の二カ所のエリアがある。いずれもJR鶴岡駅の南にそれぞれ2km、5km位に位置している。これは徒歩では到底無理だ。そこでレンタサイクルを調べてみると駅前に無料のレンルサービスがある。これなら何とか満足できる海坂巡りができそうだ。
 問題は気候・天候だ。何しろ2月の東北の豪雪地である。雪という障害が計画を根底から覆す可能性がないではない。ひとつは山形から鶴岡のバスの運行である。バス会社に電話してみたところさすがに豪雪地の足の便である。よほどのことがない限り運行しているとのこと。今ひとつは降雪の場合の鶴岡市内のレンタサイクル巡りが可能かという点である。観光案内所に問合わせるとこちらは降雪時期で貸し出しはできないとのこと。レンタカーか路線バスしかないようだ。
 いずれにしろおおよその目安はついた。あとは当日近くまでに最終的な判断をするほかない。

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11698676c.html
交遊録 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
異色三人組の同期会
パート組合結成の30数年後の学術的評価
さくらFMの生放送「LALALAにしきた90分くらい」出演記
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
明日香 亮イメージ
明日香 亮
プロフィール
山口は豊かな自然と歴史や伝統に育まれた街である。散歩道で目にする四季折々の風景や風物詩を綴ってみたい。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 78 791053
コメント 0 1350
お気に入り 0 12

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク