山口を歩く

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/yamaguti-sanpo

金子みすゞ「みんなちがって、みんないい」

 市の広報紙の記事の中に気になる言葉を見つけた。多文化共生社会についてのある大学の先生の寄稿文の標題だった。『みんなちがって、みんないい』。私の今の心情に訴える言葉だった。ネット検索で以下のことを知った。
 詩人・金子みすゞの「わたしと小鳥とすずと」という次の詩の一節である。『わたしが両手をひろげても、お空はちっともとべないが、とべる小鳥はわたしのように、地面(じべた)をはやくは走れない。 わたしがからだをゆすっても、きれいな音はでないけど、あの鳴るすずはわたしのように  たくさんのうたは知らないよ。すずと、小鳥と、それからわたし、みんなちがって、みんないい。』
  高齢者の五人に一人が認知症という時代がやってくる。認知症が特別な事でなく日常生活の一コマとなる日が遠くない。認知症発症者をあるがままに受け入れる地域づくりが求めらる。同じように高齢者も障がい者も介護者も子育て世代もあるがままに地域で生涯を暮らせる町づくりが必要だ。違いを違いとして認めながらあるがままに受け入れ共に暮らせる町、多様性を認め合い包み込む町である。その根底にあるのが「みんなちがって、みんないい」ということではないか。

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11707183c.html
地域ボランティア | コメント( 3 ) | トラックバック( 0)

私なんかは幼い頃から周囲の子との違いばかりを思い知らされ過ぎながら育ったので、本当に早くそうなってほしいです。
でも日本人の「みんな一緒教」信仰は遺伝子レベルで強固なのですが。みんなちがってみんないい、を早くから実践しているのは英国ですね。英国の公立小学校の昼ご飯が数種類のやり方があるそうですし。

[ せいさん ] 2018/02/05 16:11:16 [ 削除 ] [ 通報 ]

せいさんのコメントに同じ波長が伝わります。確かに「単一民族信奉」や「みんな一緒教」の日本では「多文化共生社会」や「多様性社会」はあらためて向き合わなければならないテーマなのかもしれません。

[ 明日香 亮 ] 2018/02/05 18:04:13 [ 削除 ] [ 通報 ]

同感です。

[ k.imamura ] 2018/02/05 23:23:57 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
賃貸住宅入居者と地区社協活動
草の根ボランティアのゆるやかネット
認知症地域支援の個別ケア会議の役割
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
明日香 亮イメージ
明日香 亮
プロフィール
山口は豊かな自然と歴史や伝統に育まれた街である。散歩道で目にする四季折々の風景や風物詩を綴ってみたい。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 18 785809
コメント 0 1342
お気に入り 0 12

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク