山口を歩く

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/yamaguti-sanpo

山本周五郎著「町奉行日記」

 

 山本周五郎著「町奉行日記」を読んだ。昭和15年から昭和35年の20年間に執筆された時代小説10編を納めた短編集である。太平洋戦争開戦前夜から敗戦から高度成長期に至る激動の時代の執筆である。激動期のそれぞれの時代背景を反映しながらどの時代にも通じる普遍の「人の情」を描いている。とりわけ「土佐の国柱」「晩秋」「落ち梅記」「法師川八景」などの短編に心魅かれた。
 情の奥行きの深さやきめ細かさという点では個人的には藤沢周平の時代小説に及ばないと思う。それでも激動の時代に動じることなく確固たる姿勢で作品を紡ぎ続けた大家の物語に襟をただす思いがよぎった。

 

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11723928c.html
書評・ニュース怪説 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

 読んでいると江戸時代にタイムスリップできます☆彡

[ モンセ分店薬局 薬剤師徒然日記 ] 2018/04/04 18:11:08 [ 削除 ] [ 通報 ]

加齢とともに江戸時代の良さがしみじみと味わえるようになりました。

[ 明日香 亮 ] 2018/04/06 7:23:03 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
山本周五郎著「松風の門」
セヴンイレブンの「ちょい生」販売計画の中止
山本周五郎著「生きている源八」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
明日香 亮イメージ
明日香 亮
プロフィール
山口は豊かな自然と歴史や伝統に育まれた街である。散歩道で目にする四季折々の風景や風物詩を綴ってみたい。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 7 789502
コメント 0 1346
お気に入り 0 12

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク