山口を歩く

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/yamaguti-sanpo

地元小学校の30周年記念事業のコンセプトは?

地元小学校の教育連携協議会に出席した。地域代表や学識経験者などの学校評議員に自治会、地区社協、青愛協、PTAなど16名で構成される会議体で今期初めての会合だった。
 14名の参加者がそれぞれに自己紹介を行った後、学校側から「今期学校経営の重点」「本校の現状と課題」等が述べられた。委員からの活発な発言があったのは、その後の協議事項「創立30周年記念事業について」というテーマの時だった。10周年、20周年の事業概要が報告され30周年事業をどんな内容にすべきかが問われた。
 先月、この30周年記念事業の一環で6年生に「ふるさと山口」をプレゼンした。その時に思ったことがある。新興住宅街に住むこの学校の子どもたちは「ふるさと意識」が希薄である。そこで住宅街だけにとらわれるのでなく山口町の中の我が町という視点で話をした。
 30周年記念事業とは子どもたちが30年にわたってこの学校を巣立って行ったことを意味する。卒業生たちにとって母校に想いを馳せる時、ふるさとの風景や意識が重なっているだろうか。そんな想いで「30周年記念事業のコンセプト」のキーワードのひとつに「ふるさと」がありはしないかという趣旨の発言をした。30周年記念事業を単にセレモニーに終始することなく、これを機会に卒業生たちに母校がふるさとや幼なじみたちを思い起こすよすがになってほしいという想いをこめた。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11746632c.html
地域ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
敬老お祝い訪問事業の「個人情報の壁」
「集客イベント事業」から「訪問よりそい事業」へ
賃貸住宅入居者と地区社協活動
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
明日香 亮イメージ
明日香 亮
プロフィール
山口は豊かな自然と歴史や伝統に育まれた街である。散歩道で目にする四季折々の風景や風物詩を綴ってみたい。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 41 787533
コメント 0 1344
お気に入り 0 12

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク