山口を歩く

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/yamaguti-sanpo

セヴンイレブンの「ちょい生」販売計画の中止

 早朝ウォーキングの最後には最寄りのセブンイレブンに立ち寄ってモーニングコーヒー片手に読みかけの文庫本を読むのが日課になっている。この時間帯でコーヒーが飲めるのはコンビニのイートイン利用しかないからだ。100円のドリップコーヒーの味わいにも満足している。
 数日前にいつものように寛いでいると、スタッフ同士の会話が耳に入った。「セブンイレブンがビールサーバーを置いて生ビールを販売するというヤフーニュースをみたけど、それはないわな〜。これまでもイートインで買ったばかりの缶ビールを呑み始めたおじさんにそれだけは勘弁してとお願いした。生ビール販売になると店内飲酒はもう止められんわ」。同感だった。
 そのセブンイレブンの生ビール販売の試験導入が中止になった。「店での対応が難しい」との判断のようである。妥当な判断である。個人的には生ビールは好きだがコンビニで呑もうとは思わない。それ以上に24時間営業のコンビニの地域との関わりという視点が必要だ。今やコンビニは地域には不可欠なインフラといえる。とりわけ深夜の安心安全面での機能は得難いものがある。そのコンビニでの生ビール販売は安心安全面の機能を自ら貶めることになりかねない。スタッフの少ない深夜の酔っぱらいを店内に呼び込むことになりかねない。スタッフとのトラブルも懸念される。ひとまずは良識ある判断に賛同したい。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061331/p11759824c.html
書評・ニュース怪説 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

賛同、同感です。

[ せいさん ] 2018/07/19 20:24:02 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
山本周五郎著「松風の門」
山本周五郎著「生きている源八」
山本周五郎著「彦左衛門外記」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
明日香 亮イメージ
明日香 亮
プロフィール
山口は豊かな自然と歴史や伝統に育まれた街である。散歩道で目にする四季折々の風景や風物詩を綴ってみたい。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 32 787691
コメント 0 1344
お気に入り 0 12

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク