趣味とともに日々楽々

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/hibirakuraku

うんと久しぶりの山仕事

昨日の山仕事(森林ボランティア活動)は、うんと久しぶりの活動で、場所は高原ロッジでした。

猛暑の8月は活動を中止して、9月になると台風などで雨天続き。
2か月間の空白がありますね。
先週は三木へ皆さんで向いたのでしたが、結局雨模様で現地で中止。
私は個展の終盤から、陶芸教室が続いたりして、体調不良で、腰が不調です。
それで、昨日から参加。

作業はできなくても、のんびりとキノコでも観察しようかと。
ハイキングコースを歩いて。

メンバーがすでに大きな枯れ木の処理を始めています。


今秋はキノコが豊作だとのニュースが流れているのに、ほとんど出ていません。

どうしてなんでしょうね。


これはスギヒラタケの幼菌でしょうかね。


もう一か所。

スギヒラタケは美味しいので利用したことがありますが、中毒例がでて、毒キノコになってしまいましたね。


このキノコはなんでしょうかね。

写真だけにして。


こんなキノコが。

オオキツネタケ(食)か。


この日は結局、アミタケとチチタケを1個ずつ見かけただけで。

どうなっているのでしょうかね。


とても立派なシイタケ。

ここの施設の職員の方が原木栽培されています。


お昼休み。この日の参加者は12名。

連絡事項伝えて、私は午後は引き揚げさせてもらいました。


久しぶりの幟がいいですね。

来週は宝塚自然の家、作業に参加できるでしょうかね。







goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11782160c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

総合センター塚口での陶芸教室 その4

「総合センター塚口」での陶芸教室、1回分抜けていたのに気が付きました。

陶板の絵付け作業です。
皆さん、とても熱心に。


皆さん、とても個性的な作品です。



下絵釉を塗った後は、早速透明釉を掛けて終了です。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11782006c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

総合センター塚口での陶芸教室 その3

昨日は、「総合センター塚口」での陶芸教室の最終日でした。
4回目は釉掛けです。

その前に、電気窯の熱線が切れてしまったのを修理です。

旨い具合に予備の熱線があり、午前中に修理完了でした。
今回は扉の熱線です。


昼からの釉掛け作業です。


皆さんうんと楽しまれて。


作品は現在一部を焼成中です。
窯が上手く直って良かったですね。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11782004c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

昨日の川西での金繕いの会「器再楽」

昨日は川西パレットでの金繕いの会「器再楽」がありました。
現在は月1回だけの開催ですが、参加者は7名と多くなっています。
個展が終わっても、毎日いろいろと予定が詰まっています。

いつものことですが、写真を撮る時間がほとんどないのですが、昨日は頑張ってその様子を少しばかり撮って。


初心者の方です。

この日作品を持ち帰って、することを念を入れて指示してあげて。


この男性は、陶芸仲間から頼まれた作品の手入れですね。

この日は黒艶漆を塗って、銀の丸粉を蒔く作業です。


この方は、以前に仕上げた作品の再手入れも。

几帳面な性格の方のようで、とてもいい状態に繕いの仕上げをしたいと。


隣接する画廊シャノワールのオーナー、時々顔出しをしての作業です。

漆器の手入れもして。

でも、全然進展しませんね。


この方も初心者の方ですが、教室終了後に4人ほどの方と雑談したのですが、本格的に金繕いの技をを習得したいとのこと。

高齢の男性もお一人同じ思いだと知りました。

そんな方が二人もおられて、これから楽しみですね。


この男性もいい盃の作品を持参されて、この日は金粉を蒔いているところです。

この金粉、金繕いセットを以前購入されたとかで持参されて。

この金粉、消し粉のですね。

漆の乾燥後、あとは真綿で軽く磨いて終了ですね。

真綿を少し持って帰ってもらいました。


2時間弱の貸館、あっという間に過ぎてしまいますね。

次回は11月8日(木)ですね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11781501c.html
金繕い | コメント( 3 ) | トラックバック( 0)

お世話になりました、真綿で拭いています。川西市に住むオバが行きたいそうですが、構いませんか?

[ あさくら ] 2018/10/14 12:09:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

あさくらさん、蒔いた金粉うまく輝きましたか。
オバさんの参加、いいですね。歓迎ですよ。

[ たくじろう ] 2018/10/14 18:17:45 [ 削除 ] [ 通報 ]

輝きは、今ひとつでしょうか。

オバさんに伝えてみます。ありがとうございます。

[ あさくら ] 2018/10/14 21:17:21 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

出来上がった陶芸教室の作品

秋に集中している陶芸教室の最初の作品が仕上がりました。
先ずは「総合センター上ノ島」の作品で、昨日届けました。

展示は今月26日(金)〜28日(日)の上ノ島の文化祭でとなります。
参加者は女性ばかりの8名でいた。
3回の制作、4回目は釉掛けでした。
今回は出来上がった作品の講評会はありませんでしたので、受講生ごとに作品の写真を撮らせていただきました。

この方、他の陶芸教室の経験もおありで上手ですね。
陶灯を二つも。
LEDランプを3つもお分けしました。


全くの初めての方も陶灯もうまく作られて。

トルコブルー釉の皿もいいですね。


この方、とても楽しい性格の方で、教室の雰囲気を盛り上げてくれましたね。

皿とカップのセットのいい作品を二人分作られて。


娘さんと二人で参加された高齢者の方。

とてもいいのが出来ましたね。


その娘さんは戸惑いながら作品を作られて。

まあまあですかね。


この方も、他で陶芸教室を体験された方。

脚付きの大きな鉢も上手く出来あがりましたね。

壊れた自作の作品を持参されていたので、その作品を繕ってあげました。

その作品、後日紹介しますね。


書道教室でご一緒している方。

他でも経験があり、私の短期教室は2回目の経験ですね。

土を追加されて、大きめの作品を作られました。

トルコブルー釉の四方皿に加えて、淡水乳濁釉のブルーの鉢もいいですね。


最後にこの方も書道教室でご一緒していて、蕎麦釉が前回の経験で好きになったようです。

3回分でこれだけの作品を作られて、全く無駄がありませんね。

いい作品ばかりですね。


受講料(材料費)はわずか3000円で、こんないい作品ができるのですから、出来上がりを展示会でご覧になって大喜びされるでしょうね。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11781495c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

京都北白川の眼科へ

一昨日、京都の北白川のバプテスト眼科クリニックでの診察日でした。

右眼の角膜移植の手術後2年半になるそうです。
角膜はとても綺麗になっているよと主治医の木下茂先生。
でも、何年も前の白内障手術で入れた人工レンズの後ろ側に水疱ができていて、それが見えにくくしているという新しいお話。

あれまあです。

次回は2月、次の処置が始まるのでしょうね。
主治医は角膜の権威の名医(京都府立医大の名誉教授)、お任せしましょう。

いつもクリニックに行くときに気になるのが京大の学舎がある百万遍の立て看板。

バスから写真を撮って。
往きの道で。
この人物は誰だ。
朝永さんか。


帰り道で。

結構たくさん立て看があるではないか。



「対話せざる」か。
大学側と学生たち、まだもめているのでしょうかね。


北白川の通りでバスから見た看板。

懐かしいな。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11781272c.html
その他・多分野 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

久しぶりにコウタケ

そして、美術館からの帰り道。
丹文窯に立ち寄って、すぐ近くの野菜売り場のお店が気になって、覗いてみました。

マツタケも扱っているお店です。
そこで目にしたのはコウタケでした。
コウタケというのは、香茸と書いてとても香りのいいキノコなんです。
乾燥させておいて、炊き込みご飯にすると最高なんですよ。
でも、なかなか目にしませんね。

このお店で見たものは、とてもジャンボなもの。
コウタケの美味しさなど、お店の人との会話を楽しみました。
今秋はキノコが豊作の様、久しぶりにコウタケをゲットしたいものですね。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11781069c.html
キノコ観察・山菜・植物 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

河井寛次郎展へ

そして、河井寛次郎展です。


今回の展示会場、写真撮影が可能な作品とできない作品が丁寧に区別されていました。

たいていは撮影禁止ですが、こんなの初めてですね。


気になる作品をどんどん撮影させてもらいました。


でも、カタログが欲しくなりますね。

2400円でとても立派なもの。

じっくりと見せてもらいましよう。

そして、会期は12月9日までですので、再度美術館に足を運びましょう。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11781067c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

兵庫陶芸美術館へ久しぶりに

一昨日の祝日、久しぶりに兵庫陶芸美術館に行ってきました。

先ずは美術館入口にある情報コーナーの展示です。

丹波立杭焼の若手の作家たちの作品が展示されています。
写真を見て、これは誰かなあなんて。


末晴窯の西端春奈さんの可愛い作品です。


手の込んだ作品、いいですね。

昇陽窯の大上裕樹さんだったかな、名前が出てきません、失礼。


一番親しくさせてもらっている千代市陶房の清水万作年さんの作品です。

今回は少し地味かな。


大熊窯の娘さん。

この作品の裏側を見てびっくりです。


すごく手が込んでいますね。


この作品たちもすごいですね。

お父さんは大上巧さんで、私たちの陶芸文化プロデューサーの会長をされているのですが、この娘さんとはまだ面識がありませんね。


こちらは、稲右衛門窯の上中剛司さんの作品。


釉薬がとても綺麗な省三窯の市野秀作さんの作品。

いろんなところで、すごい賞を貰っている作家さんです。


丹波○一窯の市野和俊さんの作品。


丹泉窯の市野ちさとさんなど、写真を撮り忘れた方もおられますが、皆さんとても素晴らしいですね。

窯元の息子、娘さんたち、頼もしいですね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11780893c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

秋の地域ふれあい公演

すでにさとっさんが丁寧に報告されていますが、私も昨日の2回目の淡海プロデュースの特別公演を見せてもらいました。

いつもいつもいい人情劇ですね。
ほろりとさせられます。


劇が始まっていつものように写真を撮り始めると、会場係の人が写真はダメですと。

あれまあ、いつも撮らせていただいて、撮った写真を後で座長さんにお渡しして、

写真撮影担当のような気持でいましたのにね。


後で、妻に事情を聴くと、私とさとっさんは特別扱いされていたようですね。


第2部での座長さんと妻の写真だけ撮らせていただいて。

華やかな衣装の西岡座長さん。


衣装を替えて。


妻はこんな踊りで。


そして、挨拶の場面。


次回からは、撮影班というような腕章を付けさせてもらえるといいですね。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11780555c.html
その他・多分野 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

このたびもご観劇いただきありがとうございました。写真の件ではいつも撮影後にいただいておりますのに申し訳ありませんでした。
最近はいろんなお客様が居られまして…アイパッドのような大きなもので撮影されて後部のお客様が見えづらかったり、撮影音やフラッシュが妨げになる等のご意見もいただいています。皆さんに楽しんでいただけますよう、今後の検討課題とさせていただきます。

[ 西岡つよし ] 2018/10/08 23:31:50 [ 削除 ] [ 通報 ]

日曜日は観劇ありがとうございました。
何時も応援頂き感謝しております。
今回は奥様をリーダーとするユニットの舞踊を
皆様に観て頂くいい機会になりました。
まだまだですが、身に付けていきたいと思います。
今後とも宜しくお願いします。

[ Tommy ] 2018/10/09 0:19:11 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
たくじろうイメージ
たくじろう
プロフィール公開中 プロフィール
退職後、毎日趣味に生きています
陶芸・金繕い、森林(山仕事)ボランティア=森林インストラクター
キノコ観察・山菜・植物
立ち呑みなどの飲み屋めぐり・日本酒
弓道、バイクなどなど 尼崎在住
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 1月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 160 1613615
コメント 0 2251
お気に入り 0 23

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<