趣味とともに日々楽々

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/hibirakuraku

久しぶりに陶芸美術館へ

昨日に久しぶりに立杭の兵庫陶芸美術館へ行きました。

5月に予定されている最古の登り窯の焼成の作品作りが美術館の工房で既に始まっています。
私はいつから作品作りができるか分かりませんが、粘土をいただきました。
5sが二つです。
自宅の工房での制作となります。


こんなふうに作品がすでに出来上がっている方もおられます。


そして、この日のもう一つの用件です。

「今田地区の魅力の引き出し方」についてのセミナーです。


篠山市長の挨拶。


そのあと、講演が始まりました。

講師は「東京大学アジア生物資源環境研究センター長・教授」の堀 繁さん。


名称からはよく分からない分野の先生ですが、経歴を見ると東大農学部林学科卒業の造園職から始まっています。

そして、景観デザインの専門家として活躍されています。


今回は、「丹波焼の里 今田地区をもっと魅力的な場所・景観にするための工夫や仕掛けを知ろう」というもの。


堀先生に言わせれば、現在の窯元さんたちの店構えはまったくなっていないと。

それでも生計がたてられているのは、丹波立杭焼そのものが大変いいものだからでしょうと。

窯元さんの店構えを良くして、地域全体の魅力をあげると、もっともっとお客さんが増えるでしょうと、その具体的な改善策をいろいろと示されました。


とても面白い講演でしたね。

窯元さんたちもたくさん参加されていて、さて今田地区の様子が激変することを期待したいですね。


私も堀先生のお話から、自宅の前庭に改善を加えて、陶芸家・金繕い家としてもっとアピールできるものに工夫してみたいなと思ってしまいましたね。

お金をかけずにね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11690962c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

個展のチラシが出来上がりました

年明け早々の私の陶展のチラシが出来上がりました。

プリントパックに注文していたものですが、予定より3日も早く届いて。
以前はプリンターでA4版のものを自分で印刷していたのでしたが、インクがとても高くついていました。

今回の注文は、500枚。
綺麗な紙でとてもいい仕上がり、そして、100部ほどおまけもついて、なんと送料込みで1450円です。
有難いですね。
早速、急ぐところに届けています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11689401c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

秋の大野山麓登り窯作品 その2

新しく出来上がった登り窯の作品の続きです。

トンボを貼りつけた一輪挿し。
徳利として使ってもいいなと。


そして、いろんな酒器です。

今回は、大胆にいろんな模様を彫り込んで、器の内側にも彫り込んだものがあったり。

なかなか面白いものができましたね。


例えば、こんな作品です。

これらもすべて伊羅保釉を部分的に掛けています。


そして、黒泥土に松灰釉を掛けた作品です。

片口が2点。


いろんな形の酒器です。


その中でとてもいい出来あがりがこれです。

窯変がとても面白い。

大野山ブルーもきれいに出ていますね。

これは手放せませんね。


早速、使い勝手を試しております。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11684274c.html
陶芸 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

たくじろうさん、こんばんは。
金繕いからはじまる動画がありました。
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2517.html
このページは2chのまとめぺーじですが、翻訳ものっているので。
ご参考に。

[ もしもし ] 2017/11/25 0:02:42 [ 削除 ] [ 通報 ]

もしもしさん、気が付くのが遅かったですが、見せていただきました。有難うございました。

[ たくじろう ] 2017/11/27 15:55:21 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

秋の大野山麓登り窯作品 その1

昨日に燿窯陶芸倶楽部から秋の大野山の登り窯作品を持ち帰りました。

まだ、道具土が貼りついたままの作品。
不自由な左手での作業、妻の手伝いもあってなんとか大まかな手入れができて、作品の撮影も終えました。

一番大きな作品がこれです。
とても良く焼けていて、伊羅保釉を部分的に掛けていますが、窯変もすごいです。
燿窯陶芸倶楽部の大松先生は、「クリオネ君」と呼んでくれて、その名前を使うことにします。

その裏側もこんな感じでいいですね。


少し小さめのもう一つの「クリオネ君」。

表側。


裏側。


少し小さめの抹茶茶碗。

片手で使える大きさで、フリーカップの使い方でも。

今回の貼りつけた天道虫は少し大きめにして。

この作品も、部分掛けの釉薬がきいていますね。


そして、いつもの四方皿。


こんな形の長皿2枚。

この形はテーブルの上で、他の器の間に上手く収まる形なのです。

ほんの少し置く場所が違うだけで、焼成の仕上がりがこんなに違うのです。


その2に続く。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11683928c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

秋の大野山麓登り窯作品

先週の日曜日に作品の窯出しがあった大野山麓登り窯作品です。
私は、手の怪我のために窯出しの手伝いは出来なかったのです。

現在、しばらくの間塚口の燿窯陶芸倶楽部で展示中です。

作品はこんな感じです。


窓際にも。


このテーブルの上にも。


一番手前で焼かれた大きな作品。


そして、私の作品です。
今回の私の作品、大きいのが無くてこれが一番大きなものです。

燿窯陶芸倶楽部の大松先生、この作品をクリオネ君(ハダカカメガイ)と呼んでいて、なるほどと。
そのネーミング、いただきですね。
とてもいい仕上がりです。


少し小さめのもう一つのクリオネ君。


このテーブルの上にも私の作品が集められていて。

この四方皿と変形長皿(2枚あります)、ぐい飲みなど。


この天道虫を貼りつけた少し小さめの抹茶茶碗は、伊羅保釉を部分的に掛けていますが、とてもいい窯変が出て面白い仕上がりです。

本当に良く焼けていて。


上から。

「これは桐箱を用意しないといけませんね」と、一緒に観てくれた仲間に冗談を言って。

右側の片口も私の作品です。


蜻蛉を貼りつけた一輪挿し。


ぐい飲みなどの酒器もどれもいい出来具合ですが、特にこの作品はすごい窯変が。

黒泥土で全体に松葉釉を掛けています。

こんな風に大野山ブルーが出ているのは、今回はほとんどなかったそうです。

これは取り置きですね。


作品は1週間以上持ち帰り禁止ですが、そのあと家に持ち帰って手入れして。

その時が楽しみですね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11682500c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

こんなものを頂きました

塚口のサンサンタウン内にあった和菓子の「杵屋」さん。
サンサンタウンの改修(一部建替え?)にともなって、お店をたたまれたそうです。

それで、お店と親しかったある親戚の女性が、陶芸教室の作品の運搬用にこんな容器を貰ってきてくださいました。

これまでは、サイズがいろいろな木製の餅箱を使っていたのですが、これは有難い。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11682256c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

陶芸教室の作品展示

この金・土に「総合センター塚口」で地域の文化祭がありました。

ここでの陶芸教室の作品も展示されました。
その会場で講評会をするのが恒例となっています。

いろんな作品が展示されている部屋ですね。


陶芸教室の様子の写真も展示されて。


このコーナーです。

陶板の作品は、初めてです。


そして、受講生の皆さんの作品です。

この施設、とても上手に展示されています。


真田丸の兜の作品が、展示されていなかったのが残念でした。

本人がどうしても展示したくないと、言い張ってのこと。

どうしてだよ。


他のコーナーの作品です。

写真とガラス絵。


こんな可愛い作品も。


いろいろと見せてもらった中で、これが傑作でしたね。

レコードジャケットの写真の顔の部分を、この地域のお年寄りのお顔と入れ替えて合成しているのです。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11680070c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

始まった伊丹クラフトフェア―で

3日から、伊丹工芸センターでクラフトフェア―が始まりましたが、その1日目の午後に当番の1回目を担当しました。

いろんな方の作品を撮影させていただきましたので、また紹介しますが、役得で三名の方の陶芸作品を買い求めました。
この4点です。
会員は1割引きという特典もあって、とても安かったですね。
私の作品は高すぎますね。


早速使い勝手を試して。

よく味の滲みたバイ貝を出してきて。


このぐい吞みのきれいな釉薬は、なんというのでしょうかね。

豆皿には、わさび醤油を入れて。

このキノコは、刺身風に食べるのを楽しみにしているヌメリイグチです。

やはり、美味しいね。


この白いモダンな器は持ちやすくて、とても気に入りましたね。

もう一つの蕎麦猪口は、口が開きすぎていて、綺麗な外側の釉薬が楽しみにくかったですね。

やはり使ってみないと、それぞれの器の良さは分かりませんね。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11677493c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

大野山の登り窯の窯詰作業

昨日のことです。
燿窯陶芸倶楽部の登り窯が猪名川町の大野山の山麓にあります。

昨日は一日、窯詰作業の最終日にお手伝いしてきました。

大野山からの景色いいですね。
手前のバイク、私も愛用していますが、長女のものです。


先日の台風で、登り窯の上の竹林が荒れていますね。


薪の上のビニールシートも傷んで、この日剥がす作業もしました。


作品の窯づめの最終日です。


大松先生が窯の中に入って。

丁寧に窯詰をしておられます。


ようやくほぼ窯詰が終わりました。


そして、大きな作品を左右に置いて。

私はもう大きな作品を用意していません。

大きな作品は、家の中で邪魔になってきています。


さあ、終了です。

次の日(今日ですね)から窯焚きが始まります。

私も、できれば日曜日の午後から最後まで手伝いに来たいと思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11677189c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

井上雅善さんの個展

ここんところ、大忙しで、ブログも順不同でアップしていきます。
ご了承の程。
酔っぱらって、書き込んでいます。

今日の午後、川西の「画廊シャノワール」での井上雅善さんの陶展を覗いてきました。
もう期間は明日の土曜日までですので、最優先です。


外側のショーケースで。


雅善さんは、練り込みを得意としている作家さんです。

私にはまったく経験のない分野です。


壁面には、こんな作品が。

奥様の作品ですって。

雅善さんが、あなたと同じですよって。

私の妻は個展の時に、藍染作品を合わせて展示したりしていますので。


個展は明日までですので、もうかなりいい作品が売れてしまったようです。


これなんかお安い!


奥様の作品は販売しているのでしょうかね。

いいですね。

奥様とお会いするのは今日が初めてでした。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11677186c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
たくじろうイメージ
たくじろう
プロフィール公開中 プロフィール
退職後、毎日趣味に生きています
陶芸・金繕い、森林(山仕事)ボランティア=森林インストラクター
キノコ観察・山菜・植物
立ち呑みなどの飲み屋めぐり・日本酒
弓道、バイクなどなど 尼崎在住
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 34 1555768
コメント 0 2096
お気に入り 0 23

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<