趣味とともに日々楽々

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/hibirakuraku

チェーンソーの修理

私たちの「あまがさき山仕事体験隊」は4台のエンジンチェーンソーを持っています。

常時使っているのは現在3台で、最初に購入した2台の部品がそろそろなくなるというので、すでに1台をオーバーホールしてもらいましたが、ほとんど使っていなかったもう1台も一通りの手入れをして貰った方がいいとの判断で、いつものチェーソー屋さんに持ち込んで依頼しました。

池田にある専門店の「秋田屋チェーンソーサービス」さんです。

その時、私が使っている機械もエンジンの停止ができなくなっていて、チョークレバーを引っ張ってエンジンを止めていたので、合わせて見て頂きました。


そして、先日引き取りに行ってきました。
きちんと直していただいて。

チェーンソー操作は危険を伴う作業ですので、機械はきちんと整備しておかないといけませんね。

これでひと安心です。
使っていなかった機械もこれから新しい担当者が決まりましたので、しっかりと操作方法をマスターしてもらってから使ってもらう予定です。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11601540c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

甲山神呪寺での山仕事

昨日は甲山神呪寺での山仕事(森林ボランティア活動)でした。

好天に恵まれた一日でした。
参加者は13名。

甲山は新緑でしたね。


八重桜やコバノミツバツツジも満開で。


スタート地点で枯れた竹がこんな風になっていてたので、高枝鋸で処理しようと身構えたのですが、伊丹から自転車で参加しているメンバーが「私が中に入って処理します」と。

皆さんよく働きますね。


さあ、作業開始です。


私は前日にチェーンソーの目立てをして、頑張らないといけないと思っていたのですが、最近チェーンソーのオーバーホールをしたメンバーがやる気満々なので、お任せすることにしました。


神呪寺の関係者のメンバーがどんどん大きな木を伐採してほしいと。

それで、太い樹にチェーンソーの音が響きます。

1本目です。


2本目、切った木が倒れずに皆さんロープで引っ張って。

この木は太い。


こんな大木、移動も大変です。


結局こういう形で落ち着いて。

いいベンチができましたね。


その後も大木が倒されて。

午前中に3本。

その枝葉の処理も大変です。

私はその作業に。


新しいデポも作って。

枝葉の処理場所ですね。


昼からももう1本処理して。

このあたりはすっかり明るくなりましたね。


このあたりは西宮市の所有林との境目ですね。


この奥には、まだ鬱蒼とした箇所が。

来月は私のチェーンソーの出番となるのでしょうかね。


チェーンソーを使わなくても、この日は大いに働いて、ぐったりです。

皆さんも、時間がたたないなぁと。よく働きましたね。


帰り際に、作業をしたサイドでタケノコを採って。


私はそのメンバーのお一人から、1本頂きました。

採りたてのタケノコきっとおいしいでしょうね。


この日作業をした反対側のフェンスの中には、タケノコがたくさん見られました。


私はこんなキノコを発見。

キクラゲの仲間だと、担子菌のクロハナビラニカワタケ(食)、子嚢菌のズキンタケの仲間だとクロハナビラタケ(毒)で、良く似ているので胞子の付き方を顕微鏡で確認しないといけません。

たぶん前者だと判断していますが、慎重にです。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11592262c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

明日の山仕事に備えて

明日は甲山神呪寺での山仕事(森林ボランティア活動)。
天候もよさそうで、まだコバノミツバツツジも満開でしょうかね。

先月は私は所用で欠席したのですが、「(明日の)作業にチェーンソーをよろしく」とメッセージがあり、期待されています。

たくさん伐採したい木があるのでしょうね。

それで、チェーンソーの目立てをしっかりと済ませました。
私たちが使っているのは、少し大きめのハスクバーナーのものです。
少し重いので、最近はちょっと作業が大変になってきています。
せめて切れ味を良くしておかないとね。


丁寧に目立てを終えました。

明日はがんばってよと。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11591456c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

今日の「宝塚自然の家」での山仕事

今日は久しぶりの山仕事(森林ボランティア活動)でした。
新年度になって初めてですね。

休所中の「宝塚自然の家」でした。
いつも一緒になる「宝塚エコネット」の皆さんは来られず。
いつ雨が降るかわからないという天候が不順との天気予報でお休みにしたのでしょうかね。

私たちは2週連続で中止となっていたので、実施しました。
参加者は12名でした。

ここでの活動も丸8年を迎えました。
それで当初手入れしたところを再整備中です。

先ずは補強材を確保するために、チェーンソーでスギなどを倒して。


この後、私はデポの周りのうっそうとしているソヨゴの萌芽を処理して。

いつもそうですが、一人作業です。

それで、他のメンバーの仕事ぶりを把握する余裕がありませんね。


こんな風に、以前のデポが緑になって。


その作業をずっと続けて。


午前中の作業中、雨が降り出したので、作業を中断して、屋根のあるところで総会としました。
そして、昼食。

その間に、一度雨が上がり、明るくなったと思ったら、また雨が降り出して。

そして、午後の作業開始時には、また雨が上がってくれました。
天気予報通りですね。
時間配分はばっちりでしたね。
総会も持てて、作業もできて。
総会での一番の課題は、メンバーが高齢化してきているので、若い人も含めていかに新しいメンバーを確保するかです。
それぞれ努力しようということになりました。

この日の周辺の里山には、桜が遅れているので、ソメイヨシノやヤマザクラが観れて、そしてコバノミツバツツジも咲き出して、いい具合でした。
こんなことはこれまでありませんでしたね。

咲き出したコバノミツバツツジです。



そして、この花をつけ出した木は、香りのいいクロモジです。


花の部分をアップして。


この日、シュンランもありましたね。


それから、こんなものを見つけました。

ナラ枯れ対策の一つです。

4月14日と書かれています。

つまり前日に処置したものです。


でも、この「宝塚自然の家」でのナラ枯れも他の地域と同様に相当に進んでいます。

施設管理者がいた昨年の3月までにも、相当ナラ枯れの木を伐採されておりました。

そして、秋頃にはさらに被害が進行。

県が主催するナラ枯れ対策の講習会に私たちも参加したのでしたが、「こりゃ、大変だ。費用も人でもかかりすぎる」と判断して、「自然の天敵が現れるまで待たないといけませんね」と皆で決めていたのですが。


いまさら、一体誰がこんな対策をやろうとしているのでしょうかね。

宝塚市の担当者に聞かないといけませんね。


そして、いつものシイタケの崩れかけた榾木の部分で。

少しだけですが、シイタケを収穫。

今回はご夫婦で参加してくれているメンバーに持ち帰ってもらいました。


さあ、今年度も頑張りましようと、解散しました。

新メンバーの体験参加も歓迎していますよ。
関心ある方はご連絡を。
06-6429-3743 辰己まで。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11588623c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

里山桜めぐりツアー B「妙見出会いの妙桜」ほか

続いては「国崎クリーンセンターゆめほたる」へ向かいます。



このごみ焼却処理施設の周りもエドヒガンの群生地です。

クリーンセンター内で「北摂の里山 里山の桜」写真展です。

撮影者は数年前から知り合いとなっている國定雄一さんです。


そして、施設内の展示写真から。

手付かずの食品を80年代、90年代、2000年代と比較して撮影されています。

とても貴重な写真なので、撮らせていただきました。

(アップしてご覧になると面白いですよ)


そして、この施設内で昼食後、石田先生の講義です。


クリーンセンターを後にして、次は妙見山へ向かいます。

かわいいケーブルを利用して、黒川駅から山上駅へ。


普通なら、下側にソメイヨシノ、その上側にはエドヒガンを楽しめるのですが、まだ全くですね。


「出会いの妙桜」に向かいます。


この大木がそうです。

ここでは、「川西里山クラブ」の方達が手入れをされています。


3か所のエドヒガンのある活動地とクリーンセンターを視察して、いよいよ終了です。

ここは妙見口の駅近くにある「北摂租界」という施設です。

近くのみやげ物屋さんが運営しています。

桜餅を頂きながら、「北摂里山博物館協議会」の閉会の挨拶があって、なんとお土産に、能勢電車(ケーブルも含めて)の一日乗り放題チケットを頂きました。

すごいですね。

バス内で隣席の方と、「さあ、いつ利用しましょうかね」と。

1週間以内に同じ場所をエドヒガンを観にくるか、秋頃にするか迷いますね。


一日、好天の中うんと楽しませていただきました。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11583282c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

里山桜めぐりツアー A「黒川桜の森」

次の視察地は、「黒川桜の森」です。

ここは、「菊炭友の会」が手入れをしているところです。
以前にも一度見学に来たことがあります。


案内板を上手に作っておられますね。


ここでも石田先生の説明を。

左側の大木はヤマザクラです。


そして、こちらはエドヒガンの大木。

このあたりでは桜の花の気配はまだ何にもありませんね。

1週間遅れという言葉が飛び交っています。


この正面の大木が「ほほえみ桜」と呼ばれているシンボルツリーですね。

何となく微笑んでいませんか。


この大木はこんなに白い花をつけるんですね。


こんな場所もあって、いいですね。


炭焼き窯の跡です。


このあたりの里山風景もとても素晴らしいですね。


あちこちの傾斜地にエドヒガンの大木が観られます。


ここの団体は名前の通り、菊炭を焼いておられます。


こんなものも見つけてしまいました。

キクラゲです。

前日が雨天だったのでプリプリとして。

メンバーが私の説明に「ほー」と言ってくれます。

こういうものを見る機会は少ないのでしょうね。


ここでの看板です。


Bに続きます。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11582616c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

里山桜めぐりツアー @水明台「渓のサクラ」

4月1日の土曜日、北摂里山博物館運営協議会の「里山桜めぐりツアー」がありました。
参加対象者は北摂里山サポーターズクラブのメンバーです。

川西能勢口駅からマイクロバス2台に約40名が分乗して出発でした。

最初の目的地は、川西市水明台の「渓(たに)のサクラ」の場所です。
この一帯はとても珍しいエドヒガンの群落生息地。

道路際から、菜の花、その先がエドヒガンの木々ですが、まだ蕾でした。


こんな蕾の状態です。


よくよく見ると、少し花が咲きかけのものが。


この日の講師は、兵庫県立大学で植物の専門家である石田教授。
北摂の里山と深いかかわりがあるそうです。


入口にある掲示。
今の時期だけ、オープンされています。
今年は桜の開花が遅れているので、9日(日)まで延長されています。


北摂里山博物館の看板が。

ここは「エドヒガンの森(水明台)」と紹介されています。


「渓のサクラを守る会」が一帯を手入れして、とても綺麗になっています。

10年間の活動実績があるそうです。


花が少し膨らんだ木がようやくありました。


アップで。

エドヒガンの花びらの下側がぽっくりと膨れています。

これが特徴です。

それと、ソメイヨシノの片親なんです。もう一つの親は、葉っぱが桜餅に利用されるオオシマザクラです。

エドヒガンは一本ずつ、DNAが異なっているので、ソメイヨシノと違って、花色や樹形にすべて個性があるそうです。

一方、ソメイヨシノの方は、自分で増えることができず挿し木などで増やしているので、すべて同じですって。


2グループに分かれて。

石田先生の説明が続いています。


ここの手入れをされている会の代表者の西澤さんです。

いろいろと説明してくださいました。


ここは水明台の開発会社から川西市に寄贈された土地でしたが、手入れされる前は笹でおおわれて荒れていたそうです。

今では、こんな休憩場所もあっていいですね。

最近は近くの小学生たちが苗木を学校で育てて植樹しているそうです。

それで、さらにエドヒガンの木が増えているそうです。


こんな資料も見せていただきました。

4年前の神戸新聞ですね。


このエリアもナラ枯れが進行、その対策もされています。


今ではここはエドヒガン群落として、平成23年の9月に川西市の指定文化財となっています。


手入れが進むとともに、日が差しこみいろんな植物が復活しているそうです。

ここはササユリの咲く場所。


シュンランの花も。


こちらはアマナ。


蕾が見えますね。


下の方まで行くと猪名川の流れが。

樹木には名札が。


そして、こんな面白い場所が。

手づくりの男子用トイレです。

トイレの位置は時々変更しているそうです。


近くには道具入れの倉庫も。


シイタケの榾木も。

シイタケの姿も少し見えますね。


いろんな活動をされている「渓のサクラを守る会」、私たちの「あまがさき山仕事体験隊」は現在4か所で活動を展開中ですが、この様に1箇所でいろんなことに取り組むのも面白いですね。


翌日の朝日新聞です。

昨年より10年遅れで、この10年間で2番目に遅い開花だと。

このツアーで聞いた内容がそのまま記事に。

この写真も含めてツアーの様子を事務局の人が記事提供したのでしょうね。


次の見学地へ向かう途中、猪名川をはさんだ対面にここのエリアが見えました。

エドヒガンの満開の姿はとても素敵でしようね。

3、4日後にバイクで再訪しましようかね。


Aに続く。



水明台「渓のサクラ(エドヒガン)」
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11582227c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

宝塚自然の家での山仕事

昨日は宝塚自然の家での山仕事(森林ボランティア活動)。
参加者は9名でした。

4月から閉所になって1年。
閉所期間は2箇年。
さて、どんな新しい施設に生まれ変わるのでしょうかね。


宝塚エコネットの皆さんが手入れをされている施設内にある松尾湿原。


エコネットの皆さんの活動日と私たちの活動日が同じなのでよくお会いしますが、この日もたくさんのメンバーが、私たちよりも少し遅めに手入れに来られました。


さあ、私は気になるところを一人で手入れして。

この活動地で一番最初に手入れした場所、随分思い切ってソヨゴなどを伐採したところですが、残してあるソヨゴから傍芽再生の枝がたくさんありますので、それらを一掃しました。


近くにあるデポまで運びながらです。


デポのある場所まで何回も運んで、とてもいい運動になりますね。

運動不足を樹木の香りを楽しみながら解消できますね。


午後の終わりごろになって、ようやく他のメンバーが作業している場所に合流です。


もっと、もっと伐採しようよとはっぱをかけて。

新しいデポを作ってくれていますので、いくらでも処理できますね。


この日も大修理してもらったチェーンソーを使いこなしているメンバーのエンジン音をうんと耳にしたのでしたが、結局その現場を見ずじまいでしたね。


この日も崩れかけたシイタケの原木栽培の場所で、少しシイタケを採らせていただきました。

私は頂かずに、メンバーのお二人にプレゼント。


汗もかかない今の時期、本当にいい具合の疲れで、きっと体にいいことでしょうね。

体験されたいメンバーはいつでも受け入れますよ。

作業の内容はいろいろありますので、どなたにも自分のやれる範囲で。

道具もお貸しできます。

(「あまがさき山仕事体験隊」06-6429-3743辰己まで)



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11573254c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

甲山神呪寺での山仕事

昨日は甲山神呪寺での山仕事(森林ボランティア活動)でした。

作業中には少し汗ばむ陽気でした。
参加者は11名。

作業スタート時に、駐車場のそばで見つけた大木を処理したもの。
すごいですね。
さすがプロの仕事。
これはカシの木でした。
(右端のものを頂いて帰りました)
伊丹から自転車で参加の松田さんも到着。


この日は先月に続いて、道路の北側の整備です。
84番札所から87番までのエリアです。
前回に結構明るくしたつもりですが、神呪寺としてはもっともっと明るくしてほしいとのことでした。


作業スタートです。


うーん、確かにまだ処理したい木々が多いですね。

こちらでは新しいデポも作りかけています。


私はこの日は一日チェーンソー仕事。

合間には、倒木した枝葉の処理もしないと体がもちません。

倒した大きな木は、みなさんが後の処理を。


重いので、大変です。

デポの一部に使います。


私は休憩をしながら、チェーンソーでどんどん木を倒して。

おかげで体中上から下まで木の切りくずまみれとなってしまいます。


このあたりは85番目の札所。


続いて、この大木をできるだけスッキリさせようということになって、ロッククライマーの樋口さんの登場です。

安全ベルトを使いながら、さっさと木登りです。


そして、枝切りです。


すぐ近くで作業をしているメンバーと、高い木の上で作業をしている姿、なかなか絵になりますね。

左上のヘルメット姿、分かりますかね。


この写真の左上にも樋口さんの姿が写っていますが、アップしないと全く分かりません(アップしてみませんか)。

面白い写真が撮れましたね。


私はまた別のポイントでチェーンソー作業です。

この木はネジキです。

もうクタクタです。


2時半に作業終了。

随分明るくなりましたが、来月も引き続きこのエリアでの作業です。

皆さん、とても頑張って。

おかげでとてもいい写真が撮れました。

新しいメンバーも募集中ですよ(第1〜4土曜日に4か所で)。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11561101c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

久しぶりの山仕事

昨日は久しぶりの山仕事(森林ボランティア活動)でした。

休所中の宝塚自然の家です。
休所してもうすぐ1年になろうとしていますが、整備の方向は出ているのでしょうかね。

ここでの私たちの活動を紹介している看板。
4月で8年目になりますね。
参加者は10名でした。


最初に整備したところもまた少し見通しが悪くなってきていますので、前回から頂上付近まで整備が進んでいましたが、下のエリアに戻っての手入れです。


さあ、スタートです。


すぐ近くにデポがないので、私は凹んだ箇所に手入れでの枝葉を入れて行きました。

デポづくりの上手なメンバーに、早くデポを用意してと頼んで。


ここでも、コナラにナラ枯れの症状が。


この日は久しぶりのチェーンソーを使いました。

こんな幹も放り込んで。


そして、昼食前に私は一足早くシイタケの原木栽培をしていた箇所に。

施設を管理していた人たちが以前に手入れをしていたところですが、もうほとんどホダ木は朽ち果てかけています。


でも、大きなシイタケが結構出ていました。

こんなに立派なものです。

前日までの雨でぬれていますが、いい状態です。


ここにも。


こちらにも。

施設を管理していた人たちが、もうおられず、市の施設なので宝塚市のものなんでしょうが、このままでは朽ち果ててしまいますので、見つけた私たちのものにさせてもらいましょう。

ということで、昼食時にメンバーに披露して。

立派なシイタケですので、皆さんに持ち帰ってもらうことにしました。


さて、午後の作業です。新しいデポもできました。


どんどん作業が進みます。そんなに寒くはなくて汗もあまりかかずに作業は快適ですね。


枯れマツや太い倒木がたくさんあった場所も、チェーンソーがあるので、どんどん作業が進みます。


結局、このあたりはもう一人のタフなメンバーとで、こんな形で終了です。

皆さんもよくやりましたね。


この日は、私は大阪の南港ATCでの大阪工芸協会の陶芸分科会のメンバーとの懇親会が予定されていましたので、大急ぎで帰宅でした。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11557291c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
たくじろうイメージ
たくじろう
プロフィール公開中 プロフィール
退職後、毎日趣味に生きています
陶芸・金繕い、森林(山仕事)ボランティア=森林インストラクター
キノコ観察・山菜・植物
立ち呑みなどの飲み屋めぐり・日本酒
弓道、バイクなどなど 尼崎在住
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 49 1521009
コメント 0 1981
お気に入り 0 23

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<