趣味とともに日々楽々

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/hibirakuraku

昨日は久しぶりの三木での山仕事

第一土曜日は三木細川町での山仕事(森林ボランティア活動)です。
いろんな不都合があって、昨年度はなんと1回だけの活動でしたね。
それで、昨日はうんと久しぶり。

でも、大型連休中の昨日は欠席者が多くて7人の参加者でした。

この日は、山林所有者の新しい活動場所の下見でしたが、なんと所有者も30年ぶりに山に入ったと。

山頂まで登ったのですが、竹が山を覆い尽くして、道が完全に判らなくなっていて、大変な行程でした。

頂上付近から下って、少し手入れをして。
竹の猛威に、先ずは目標を山頂までの道の復活にしようと確認しました。

その様子、カメラを車の中のバッグに入れたままで、何にも撮れていません。
昨日は参加者の車が多くて、私の車を家に戻して同乗させてもらったので、いろいろと様子が違って。
なんと、途中のコンビニでの昼食の確保もし忘れたり。
車が自分のものでないと、こんなにトラブルを起こすものなんですね。

さて、午後は山林所有者の親戚の山でのタケノコ採りに案内してもらいました。
写真はここからしかありません。

今の時期は孟宗竹だそうです。


こういう体験も面白いですね。


先っちょを猪にかじられていたりで。
これだけの収穫でした。
わたしは遠慮なく、一番いいところを3本頂いて。


その山の近くのため池の様子です。

三木市細川町のエリアは典型的な里山風景ですね。

次回の6月の活動も田植えの時期で、実施できず他の活動場所に変更予定です。


持ち帰ったタケノコ、さっそく処理して。

新鮮なタケノコをうんと楽しめますね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11731249c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

甲山神呪寺での山仕事

少し前の土曜日の甲山神呪寺での山仕事(森林ボランティア活動)の様子です。

参加者は12名。
私はぼちぼちと枝打ちしたものを剪定ばさみで小さくする程度の作業で。

元気のいいメンバー3名は別の場所の手入れで、本隊はこのあたりの場所で。


どの木を処理するかをみんなで協議。

あの枝は電線にかかるから無理だろうなとか。


枯れ始めているコナラの大木を倒そうと、新しいメンバーの登場です。

新しいメンバーといっても、県下のあちこちで頑張っておられるベテランです。

個人持ちのチェーンソーでスタート。


装備も決まっていますね。


他のメンバーはその作業を見守って。


ところがこの大木、まっすぐに立っていてなかなか倒れてくれません。

どうしたものかと。

丁度その時、10名余りの団体さんがここを通ろうとして、危ないから別のルートを通ってもらおうか、さっと通れば大丈夫か迷うところです。

まだまだ倒れないとの判断で、急いで通り抜けてもらいました。


大きな鋸の使い手が、その手鋸で続きを。


そして、ロープで誘導してようやく倒れました。


皆さん、この後の処理も手早いね。


この日の終了時のデポです。

倒したコナラは早速組みこまれて。


この日処理したものの中にこんな木が。

「漆だぞ、かぶれるぞ」と。

さあ、どうでしょうか。

こんなところに漆の木はないのではと私。

ウルシ科のものがいくつかあります。

ヤマウルシ、ハゼノキ、ヤマハゼとか。

その区別、私もとんと自信が無いな。


幹は結構太くて、中心部分は鮮黄色をしています。

葉や枝が無毛なのと結構高木だったので、ひどくはかぶれないというハゼノキかなと。


ここでの作業、台風の後、だいぶ荒れていますので、まだまだすることはいっぱいありますね。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11729828c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

昨日は宝塚自然の家での山仕事

昨日は真夏日、「宝塚自然の家」での山仕事(森林ボランティア活動)でした。

参加者は12名。
慣れない暑さに熱中症にならないようにとお互い声を掛け合って。

私はまだ力仕事は無理なので、のんびりとヒサカキや切り株から新しく枝を伸ばしているソヨゴなどの枝の手入れです。


処理したヒサカキのこんないい幹がありましたので、持ち帰って色々と使えそうです。

クラフトに、植木の支え木に、それから竹刀がわりにこれを振ったりして。

中学生になった孫にも一本あげましようかね。


私は午後の作業を途中からやめて、色々と観察に。

コバノミツバツツジは早くも花は終わりですね。


こんなポイントも見つけました。

いつも観ているポイントですが、湿り気の多い所にフキが一杯。

すでに花も終わろうとしています。

こんないいポイント、どうして今まて気が付かなかったのだろうかと。

早春にはフキが楽しめそうですね。


そして、施設から外れてのハイキング道、どこへ通じているのか地図で調べないといけませんね。


この施設内にはウゴギ科のタカノツメがたくさんあります。

それで、持ち帰って料理に使おうと。

同じ仲間のコシアブラはここにはほとんどありません。

昼から参加されたメンバーが作業前にコシアブラの新芽を探して、少し下さいました。


山菜を利用するならと、リョウブの新芽も持ち帰りました。

飢饉のときに役だった救荒植物です。


それから、こんなカエデの萌芽もたくさんあったので、一株持ち帰りました。

紅葉で赤くなるのではなく、最初から赤い葉を付ける種類です。

ノムラカエデという園芸種だとのことです。

上手く育つでしょうかね。

この日は、慣れない真夏日ということもあって、私は植物観察の日のようでしたね。

本人のペースで参加すればいいという私たちの団体、気が楽ですよね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11727778c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

高原ロッジでの山仕事

昨日は「高原ロッジ・メープル猪名川」での山仕事(森林ボランティア活動)でした。
参加者は12名。

私はここは5カ月ぶりです。
前回はここで右手を骨折したのでした。

コバノミツバツツジも満開で、とても綺麗な景色を楽しめましたね。


休憩場所からの展望。


さあ、活動スタートです。


まだ去年の台風の後の倒木が残っていますね。


私はまだ本調子ではないので、簡単な作業から。


甲山神呪寺の作業で鋸を落としてしまったので、新しい鋸を用意して。


ここは広い裏庭で、ハイキングコースもA、B、Cコースがあったのですが、Cコースは立ち入り禁止にしています。

それで利用者の多いAコースのエリアはとても広いのですが、こんな風にほぼ仕上がりですね。

とてもいい感じに手入れしているのが私たちの自慢です。

あと、Bコースにも取り組んでいますが、そのコースの周辺エリアの面積はそう多くないので、手入れはそんなに時間がかからないでしょうね。


Bコースの展望台からの眺望です。


昼食の後に、現地で総会を持ったのですが、なんとこの日は私たちの会を立ち上げてから20周年に当たります。

15周年の時には記念の特製のジャンパーを用意したのですが、今回は「20周年ですよ!」というだけで。


会員は高齢化していますが、最近2人の新メンバーも加わっています。

これからも頑張りましよう!


この日はこんな山菜にも出会いました。

ゼンマイでしょうかね。

私はまだゼンマイは利用したことが有りませんね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11726228c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

山仕事 好天気です

土曜日の甲山神呪寺での山仕事(森林ボランティア活動)。

11月の手首の骨折以来、4か月以上活動が出来ていませんでしたが、ようやく復帰です。
とてもいい天気。
登りを設置して、さあ、スタートです。
この日の参加者は13名。
今年度最後の活動です。


桜はまだでしたが、馬酔木の花が。


十三番の十一面観音さん。


活動場所に向かいます。


水が豊富ですね。


作業地に到着して、それぞれ作業開始です。


私は、鋸と鉈での軽い作業。


このあたりツルがはびこっていて大変です。

力を合わせて作業をする場面も多く。


散策路の整備も。


私は、この横に張り出した幹が気になって取り除きました。


作業終了間際でも、こんな様子。

やる気満々ですね。


そして、散策路を補強して。


ツルが多いので、こんなものも拵えて持ち帰りました。


終了です。

この場所、とてもいい休憩場になりましたよ。

帰り際に鋸を最後の場所で落としてしまったことに気づいて、探しましたが、無理ですね。

しまったね。


この日、キクラゲがいろいろとありましたが、その記事はアップ済みです。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11721624c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

山仕事のメンバーの忘年会

土曜日には、JR尼崎駅近くの居酒屋「雅」で山仕事のメンバーでの忘年会でした。

丁度1月前に私は手の骨折、皆さんとは1か月ぶりの再会でした。

代表としての私の挨拶の後、副代表から、神呪寺から感謝の手紙が披露されました。
日本酒を4本も頂いているとのことでしたが、この場所では呑み放題設定、どう使いましょうかと。


皆さん、いい感じですね。


いい鍋料理ですね。


宴盛りの途中で、一人ずつスピーチ。とてもいい表情で。

最近亡くなったばかりの方の職場の後輩。

初めて聞かせてもらうエピソードも。


皆さんのいい表情の写真をいっぱい撮らせてもらいましたが、この1枚だけにして。

いい仲間たちです。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11689682c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

続・高原ロッジでの活動

昨日の高原ロッジでの活動、午後から私は作業からはずれました。

その理由は、休憩場所に戻るときに足元が悪かったせいで、滑ってしまって右手首を強く打ってしまったのでした。

救急箱には、湿布薬が無かったので、高原ロッジの受付で湿布薬を貰ってきてもらって、こんな風に処置してもらったのでした。
午後は皆さんが作業終了までのんびりと過ごしたのでした。

やはり、雨の後の作業は斜面で足元が滑ってとても危険ですね。
この日、転んだ経験をしたメンバーは他にも。
私は重い荷物を持っていたので、うんと気をつけないといけなかったのでしょうね。


帰りは他のメンバーに運転を代わってもらいました。


そして、土日は普通の外科はお休み。

月曜日でないとダメだと諦めていたのですが、いつもの「花」さんで、救急対応してくれる外科医院が新伊丹にあるとお客さんから教えていただいて、電話まで入れて下さって、太田医院というところで早速診てもらうことができました。

とても、ラッキーでした。


レントゲンでは、ヒビが見えました。でも、これも骨折ですって。

今の様子です。

右手が使い物にならない大変な状況です。

とても、不便なものですね。


今日の大野山麓の登り窯作品の窯出しも不参加。

明日の北摂里山クラブの淡路島研修会も不参加の連絡を入れました。

ああ、大変だ。

ブログもほとんど書けないでしょうね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11680280c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

右手が使えないと特に不自由でしょうが、無理をせずにお大事になさってください。

[ 西野宮子 ] 2017/11/12 14:02:26 [ 削除 ] [ 通報 ]

西野宮子さん、有難うございます。
利き腕の手が使えない不自由さを、あれこれと、うんと実感しています。
でも、世の中には体の不自由な方がたくさんおられます。
おこがましいですが、その大変さをほんの少しでも理解する機会にしないとね。

[ たくじろう ] 2017/11/13 17:49:21 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

高原ロッジでの活動

昨日は猪名川町の高原ロッジでの山仕事(森林ボランティア活動)でした。

真夜中に雨が降りましたが、高原ロッジの山も先日の台風で荒れているとお聞きしていたので、迷いましたが実施することに。

高原ロッジの庭は随分色づいていましたね。


参加者の皆さんには、ハイキングコースをざっと手入れをしていこうと、連絡を入れて。
でも、いつもの休憩場所でも大変な状況だったので、変更してここから作業スタートです。参加者は12名。


あちこちに倒木が。


チェーンソーが大活躍ですね。


このエリアは広いので、皆さん分散しての作業です。


私も一旦車に戻って、チェーソーを用意して。

こんな風に、杉の倒木の処理です。

これらをきれいしたり。

散らばっている枝葉も、近くのデポに片づけて。


他にも、コナラが途中から折れてこんな様子でした。


その木の切り倒して、午前の作業終了です。

あとで、知ったのですが、ハイキングコースは使用禁止になっていました。

ここでも、私たちの出番が続きますね。


このあと、午後は私は訳があって、作業から外れました。

2回にわたり急に天候が変わって雨が降ったのですが、皆さん頑張って作業を続けられて。

本当によく頑張りますよね。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11680270c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

うんと久しぶりの山仕事は神呪寺

昨日はうんと久しぶりの山仕事(森林ボランティア活動)でした。
なんと4週連続で雨天のため中止が続いていたのでした。

先日の台風で、甲山神呪寺の四国88ヶ所巡りのコースが大変な状態だと連絡があって、それで、第1週目の三木行きを神呪寺に変更しました。

ここは神呪寺88ヶ所巡りのコースの手入れをスタートしたエリアです。
26番、27番札所ですね。


88ヶ所巡りのコースは、なんとか訪問者が通れるように最低限の手入れを神呪寺の作業担当者がされていますが、ここは何とかしてほしいと。

確かに大変な状態です。

この日の参加者は13名。

頑張りましたね。


倒木を利用してデポ作りです。

横木を1本ずつ積み重ねていきます。


こんな風にほぼ出来上がって。


ここに不要な枝葉を入れていきます。


私ともう一人のメンバーはチェーンソー担当で、大木を玉切りしていきます。

でも、この大木を切り倒したのは大きな鋸を使うメンバーです。すごいですね。

その後は私の仕事でした。


それを移動するのはこんなに大変です。

ヘルメットをかぶっていないのは、ご夫婦で参加している奥さんで、常時参加の唯一の女性です。


そしてた、午前中の作業は終了です。

半日の作業でこんなにすっきりと。

わが「尼隊(あまがさき山仕事体験隊)」はすごい力量ですね。

若いメンバーを必要としていますがね。


そして、午後は二隊に分かれて。

一隊は、88ヶ所のコースの周りの荒れた状態の手入れ、もう一隊は午前中に3名のメンバーが手入れをした滝の周りの手入れです。

私も午後はそちらに参加して。


滝の祈念所へ、水が上手く流れるように工事業者が入る予定なので、工事が始まる前までに倒木などの処理をして、少し綺麗にしたいとの神呪寺の意向です。

このあたりも、ほぼすっきりとさせることができましたね。

次回も、台風の後処理が続きますね。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11677771c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

甲山神呪寺での山仕事

昨日は甲山神呪寺での山仕事(森林ボランティア活動)でした。

私は腰の調子が悪かったので、高原ロッジでの活動は不参加で1か月ぶりでした。
整骨院のおかげで、腰は回復したのでしたが、最近睡眠が不調でちょっと元気がありませんでしたね。

四国88ヶ所巡りのコースをほぼ終えつつありますので、神呪寺から新しいエリアの提案がありました。


現在取り組んでいる場所にのぼりを立てて。


この日の最初は、その新しいエリアの下見です。

88ヶ所巡りのコース以外にもいろんな道がたくさんあるとのことです。

写真がたくさんですが、現在の活動地のすぐ近くにある水路を下っていきます。

散策を楽しんでください。


そして、ここが聖地です。

水に打たれて修行したのでしょうかね。

水量は滝というほどのものではありませんね。

ここまでを歩きやすいように手入れをしてほしいとの提案です。


下側に回ると少し雰囲気がありますね。


たくさんの神様も祭られていて。


神聖なエリアですね。


この鳥居のところまでは、車で来れます。

森林公園のバス停や駐車場からの道です。


いろいろと道がありますね。


途中で見かけたコナラの大木が、ナラ枯れをおこしています。


ヤマモモの大木もいっぱいあって。


そして、昼前から、前回の作業の続きです。

私が前回チェーンソーで切り倒した大木の処理から。


元気なメンバーに任せましょう。

私は伐採してた枝葉や枯れ木の処理に回って。


このエリアの手入れを終えて、早速新しい取り組みです。

先ほどの聖地への水がよく流れるように水路の清掃からスタートです。


こんな風に水が流れています。

次回からは、これまでのコースの続きをひとまず置いておいて、車が置ける鳥居あたりから水路に沿っての手入れとなる予定です。


それから、こんなキノコを見つけました。

ナラタケモドキです。

傘の下にヒダがあるのがナラタケで、無いのでモドキですね。

ナラタケ同様に、生食は有毒で、食べ過ぎても下痢をおこしたりで良くはありませんが、持ち帰らせていただきました。


もう一つはサルノコシカケの仲間ですね。

ツガサルノコシカケに近いようですが、硬質菌は関心が無くてよく分かりませんね。でも、立派ですね。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11663527c.html
森林(山仕事)ボランティア | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

たくじろうさん、こんばんは。
ご苦労様です。ありがとうございます。

九想の滝ですね。
聖地巡礼で紹介できていないところの一つです。道を整備しようとする動きがあるのですね。いいことです。
その下あたりに養蜂場があったと思います。
さらに下流には、料亭のはり半がありましたがマンションになりました。
その下流にも小さな聖地があります。天竜の滝。
http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p10986858c.html
この辺りが修行の場であったことがわかります。

この仕事終わったら神呪寺方面を久々に歩き回りたくなりました。

[ もしもし ] 2017/09/25 2:44:17 [ 削除 ] [ 通報 ]

もしもしさん、とても詳しいですね。
素晴らしい!
「九想の滝」というのですね。
滝の周りをきれいにしようという方が2、3人現れたということで、私たちは周りの樹木を手入れしてほしいとのことです。

[ たくじろう ] 2017/09/25 12:31:30 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
たくじろうイメージ
たくじろう
プロフィール公開中 プロフィール
退職後、毎日趣味に生きています
陶芸・金繕い、森林(山仕事)ボランティア=森林インストラクター
キノコ観察・山菜・植物
立ち呑みなどの飲み屋めぐり・日本酒
弓道、バイクなどなど 尼崎在住
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 10 1586096
コメント 1 2193
お気に入り 0 23

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<