趣味とともに日々楽々

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/hibirakuraku

窯出しした作品を燿窯陶芸倶楽部に展示

昼過ぎに窯出し作業を終えて、作品を段ボールなどに詰め込んで、早速塚口の燿窯陶芸教室に持ち帰ってとりあえずの展示です。
とても大きな作品。
窯出ししてからも、作品の色合いが微妙に変化し続けています。


真ん中には小さめの作品が。

この後、手入れをしながら配置も少しづつ変えて、教室のメンバーで作品を1週間程度鑑賞します。

それまで原則持ち出し禁止です。


持ち帰ってすぐに再焼成した私の作品。

松灰釉がきれいに溶けて、大野山ブルーも良く出ています。


今日に早速燿窯陶芸倶楽部の展示に加えてきました。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11603278c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

大野山麓登り窯の作品・窯出し

15日(月)に大野山麓登り窯の作品の窯出しがありました。
窯焚きを終えて1週間がたっています。

内部はこんな様子です。
いつものことですが、前面の作品はよく焼けています。


左右の大きな作品からです。


一番手前の作品が出されました。


そして次の作品群です。


次の場所の様子です。


リレー形式で作品を取り出します。


ようやく私の作品も出てきました。

長皿2枚です。


だいぶ奥の方まで作品が出されています。

私の抹茶茶碗はここか。


だいぶ出されましたね。


そして、ラストですね。

本当にたくさん入っていてるものです。


この後、自分の作品を撮影して。

この現地での写真もいいものです。


今回の私の一番大きな作品です。

焼締の円形のオブジェです。

甲骨文字を彫り込んであります。


そして焼締のハナミズキの花を貼りつけた花器。

胴の部分に伊羅釉を少し掛けてあります。


そして、長皿2枚です。

下側には藁と牡丹餅を置いて、きれいな緋色が出ています。

上側に重ねた皿には伊羅保釉を流し掛けしています。

どちらも5種類のいろんなキノコの模様を貼りつけています。


そして、小物類です。

これらの酒器4点はいい仕上がりですね。

大野山ブルーの色も出て。窯変がいいですね。


こちらの作品は奥の方にあったので、少し温度が低めで、濁った色で。

それで、これら4点と上の盃1点を帰ってすぐに私の小さな電気窯で再焼成する段取りで。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11603272c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
たくじろうイメージ
たくじろう
プロフィール公開中 プロフィール
退職後、毎日趣味に生きています
陶芸・金繕い、森林(山仕事)ボランティア=森林インストラクター
キノコ観察・山菜・植物
立ち呑みなどの飲み屋めぐり・日本酒
弓道、バイクなどなど 尼崎在住
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 55 1538699
コメント 0 2051
お気に入り 0 23

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<