趣味とともに日々楽々

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/hibirakuraku

総合センター塚口の陶芸作品 その2

出来上がった作品を紹介します。

先ずは、今回初トライの陶板作品です。
まあ、上出来ですね。
この後、作品を届けた時に額に貼りつけて仕上げます。
楽しみですね。


今回、陶板額に下絵釉を使った関係で、他の作品でもいろんな色を施して。

真田丸の兜以外は、どうかなって感じですね。

色の選択がご本人の好みですので。


こちらの方は、3色を使って。

緑色はあまりいい仕上がりにならないよと伝えていたのですが。

一体どんなふうにこれを使うのかと尋ねると、「テーブルの上に置いたりして飾ります」って。


他の本来の陶芸作品です。

トルコブルー釉や織部釉、白マット釉などの作品。


こちらもまあまあの出来栄えですかね。


そして、小さな作品も一杯。

今回は蕎麦釉、青銅釉も使っていませんね。

いろんな釉薬を苦労して持参しているのに、ご本人の好みですので。

その点、先の琴の浦高校の方が、いい釉薬を選んでいて、判らないと私に「おまかせ」となっていましたので、いい色合いでしたね。


総合センター塚口の場合は、11月の文化祭の展示の時に会場内で作品鑑賞会を予定していますので、皆さんの作品を目にしての反応が楽しめますね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11667554c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

総合センター塚口の陶芸作品 その1

琴の浦高校PTAなどの方達の作品を昨夕に届けました。

引き続き、総合センター塚口の陶芸作品も焼成が終わっています。
本焼きが終わった時の様子です。
さあ、窯出しです。


出来上がった作品の紹介の前に、一つトラブルのあった作品の繕いの様子です。


乾燥段階からこの兜の角の部分が割れていて。

途中でいろいろと試みたのですが、ダメですね。

整形の時にしっかりと土を締めておかないといけないのです。


いつものようにアラルダイトの登場です。


テープで固定して。


そして、出来上がりました。


接着箇所のアラルダイトの部分には、「新うるし」の焦げ茶を使って色補正をしていますので、ほとんど繕いが判りませんね。

さあ、ご本人はどんなふうに飾れるように仕上げるのでしょうかね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11667550c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
たくじろうイメージ
たくじろう
プロフィール公開中 プロフィール
退職後、毎日趣味に生きています
陶芸・金繕い、森林(山仕事)ボランティア=森林インストラクター
キノコ観察・山菜・植物
立ち呑みなどの飲み屋めぐり・日本酒
弓道、バイクなどなど 尼崎在住
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 317 1544025
コメント 1 2065
お気に入り 0 23

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<