趣味とともに日々楽々

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/hibirakuraku

羅介の福童子染付器てん その1

今日の金繕い教室の「パレットかわにし」に隣接する画廊シャノワールでは、「羅介(らかい)の福童子染付器てん」が開催中でした。

案内ハガキとこの掲示とは少し違っていますね。
こちらは「染付童器てん」となっていますね。
作家さんは、大津市にお住いの山本高史さん。
あちこちで活躍されているすごい人のようですね。


たくさん写真を撮らせていただいたので、その2もありますが、先ずは、こんなものから。


可愛い猫が描かれた器です。

これはきっと猫カフェの猫田さんが喜びそうだと会場でお話ししていると、


こんなハガキサイズの絵をご本人から頂きました。

これって、1枚ずつ描かれた作品ですね。

すごい、すごい。


私は、こんな蕎麦猪口を買い求めました。

山本さんは磁器に染付の絵付けをされて、伊万里の窯元で作品を仕上げてもらっているとのことです。

さて、この作品、私の家にとどまるのか、猫田さんのお店に引き取られるのかわかりませんが。


その2に続く。


10月9日(付)から14日(土)

画廊シャノワール 072-758-0811

川西市小花1-8-1パレットかわにし横(ジョイン川西1F)

阪急宝塚線「川西能勢口」駅下車 東出口を南へ80m






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11670022c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

今日の川西での金繕い教室

今日は10月の1回目の金繕い教室でした。
いつもの通り、2時間近くがあっという間に過ぎてしまいます。

今日はいつもの女性の二人連れの都合が悪くて、3名でした。


篠山から来られている男性、いろいろと金繕いに必要なものをご自分で、用意されています。

丹波市の方で、是非金繕いの教室をしてほしいというお話も持ってこられました。

少し遠いですが、希望者が陶芸をされている方達なので有難いですね。

さて、どうなりますやら。


繕いの方は、家ではなかなか手を付けておられないとか。

でも、ご自分の陶芸作品が直せるのはいいことですね。


こちらの方は陶芸をされていませんが、色々とお持ちになって。

黒艶漆を塗って。


その後、表面には銀の丸粉で蒔いて。

裏側には今日初めて用意した錫粉を使ってもらいました。

私も錫粉は初めて使いますので、その違いが楽しみですね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11670015c.html
金繕い | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
たくじろうイメージ
たくじろう
プロフィール公開中 プロフィール
退職後、毎日趣味に生きています
陶芸・金繕い、森林(山仕事)ボランティア=森林インストラクター
キノコ観察・山菜・植物
立ち呑みなどの飲み屋めぐり・日本酒
弓道、バイクなどなど 尼崎在住
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 235 1555392
コメント 0 2096
お気に入り 0 23

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<