趣味とともに日々楽々

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/hibirakuraku

新しい日本酒をゲット

届け物があったので、久しぶりに立花の「いこま酒店」に。
最近は、菊正宗の燗酒とか安い芋焼酎の湯割りばかりなので、久しぶりに何かいい日本酒をと物色して。

こんなものを勧めてもらいました。
私の好きなのは、生原酒や無濾過酒です。

しぼりたてのお酒2種、「竹泉」はよく知っていますが、「南方」のラベルのお酒は初めてですね。
粘菌などで有名な「南方熊楠」にちなんだ和歌山のお酒、これは試してみないと。


家に帰って、裏側の説明書きを見て。
この蔵元の「世界一統」の創業者が南方弥右衛門という方で、なんと熊楠はその実子ですって。知りませんでしたね。


早速、試飲してみました。

いいお酒には、ぐい吞みより盃がより美味しく感じられます。


「竹泉」は五百万石、「南方」は山田錦を酒米に使っています。

「竹泉」は特別純米酒、「南方」は「超辛口」とのこと。

どちらもとてもとても美味しいですが、どう表現したらいいかは難しいですね。

「南方」の方は、少しすっきり感がありますかね。

次回は、どちらも1升瓶で「いこま」さんで貰いましょうかね。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061392/p11706613c.html
立ち呑み・日本酒など | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

たくじろうさん、こんばんは。
個展にお伺いできずに失礼しました。
世界一統は和歌山を旅すると古い看板を見かけるので気になっていましたが、南方熊楠の家系とは知りませんでした。
たしか西宮とも縁があったと調べてみましたら、明治43年に西宮に工場を出しています。1991年震災前に撤退。今の大関魁蔵とのことなので久寿川の南辺りです。
今度見つけたら買ってみます。

[ もしもし ] 2018/02/02 23:54:57 [ 削除 ] [ 通報 ]

もしもしさん、コメント有難うございました。
私もこのラベルで初めて知った次第です。
あれだけ有名な熊楠ですのにね。

[ たくじろう ] 2018/02/03 17:01:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
「はな蔵」へ
うんと久しぶりの立ち呑み「おちょぼ」
燗酒の飲み比べ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
たくじろうイメージ
たくじろう
プロフィール公開中 プロフィール
退職後、毎日趣味に生きています
陶芸・金繕い、森林(山仕事)ボランティア=森林インストラクター
キノコ観察・山菜・植物
立ち呑みなどの飲み屋めぐり・日本酒
弓道、バイクなどなど 尼崎在住
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
今日 合計
ビュー 168 1567568
コメント 2 2134
お気に入り 0 23

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<