苦楽園太郎の兵庫お城探検

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/hyougo-kojyou-tanken

丹波の山城 三尾山城 I

< 2012年11月6日(火) 更新しました! >

 

【 娘のクラスが優勝しました! 】

昨日(5日)、アミティホールで苦楽園中学校の合唱コンクールがありました。どのクラスもとても上手でびっくり。

クラス単位で課題曲と自由曲を合唱して、学年ごとに順位を決めます。

娘は課題曲 『 時の旅人 』 のピアノの担当でした。小学6年の時の合同音楽祭で同ホールのピアノを演奏していたので、ぜんぜん緊張しなかったそうです。

自由曲は 『 モルダウ 』 でした。自由曲のピアノを担当したお嬢さんの演奏が素晴らしく、前奏部分で観客席からどよめき。また、女生徒たちの声が美しく、男子生徒たちの力強い声とで、素晴らしいハーモニーが生じ、始めの「懐かしき川よモルダウよ」の部分で勝負が決まったような気がしました。私はこの部分だけで鳥肌が立ちました。女生徒たちの声が美しいので、指揮者は女生徒ではなく二曲とも男子生徒にしたそうです。「そんな作戦もあったのか」と感心。優勝が決まった時、女生徒たちと担任の先生は号泣したそうです。

3年生の課題曲 『 筑後川より 河口 』 も素晴らしかったです。日本にこんなに素晴らしい曲があったのかとびっくり。

どの学年も、合唱もピアノ演奏も素晴らしく、「君はいったい何者だ!」と思わせるほどのピアニスト生徒が数人いました。

昨年はピアノコンクール全国3位の男子生徒がいて、びっくりする演奏をしていましたが、今回のピアノ演奏もなかなかのものでした。また3年生にはNYアポロシアターで優勝した歌姫の女生徒さんもいて、見所いっぱいの一日になりました。来年が楽しみ〜。

 

 

 

今回は中三尾の山頂を紹介します。中三尾には階段状に多くの郭跡があります。

 

 

 

道なき道を歩きます。

 

 

 

郭跡がありました。

 

 

 

中三尾山頂です。前三尾よりも木々が茂り眺望はよくありませんが、木々がなければ絶景が広がっているはずです。

 

 

 

同じく中三尾山頂です。郭としては規模は小さいです。

 

 

 

山頂のすぐ下にも郭跡がありました。上から撮りました。

 

次回からいよいよ雪の三尾山城(三尾山山頂)を目指します。

次回の更新日は11月12日(月)の予定です。

このブログで「お城の好きな人がふえたらいいなぁ〜」と思っています。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10782871c.html
三尾山城@ | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

娘さん、緊張しなかったのですか!エライなあ。わたしも昔、一度だけアミティーホールでギター弾きながら歌ったことがありますが、緊張しましたよ。でも、リハーサルの方が緊張したのを覚えています。

[ akaru ] 2012/11/06 11:45:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

お嬢さんのクラスの優勝、おめでとうございます!!
最近の子供達はスゴイですよね^^君達は何者だ?!
その気持ち分かります(#^.^#)

[ ショコママ ] 2012/11/06 12:09:55 [ 削除 ] [ 通報 ]

imamuraさんって、なんでもするんですね。ギターがくるとは思いませんでした。
私も大昔、アミティーホールだったと思うのですが、カラオケ大会に出場したことがあります。カラオケもしたことないのに、満員の観客の前で、杉良太郎の「すきま風」を歌い、みごとに落っこちた経験があります。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/11/06 13:44:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

ショコママさん、ありがとうございます。

今の子供達っていろいろ世間から言われるけど、私から見ればすごくしっかりしているように見えます。
私は子供のころ結構、親の言いなりになっていましたが、私の娘達は親の言うことなど聞きません。それだけでもすごいなぁと感心します。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/11/06 14:06:55 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波の山城 三尾山城 H

<2012年10月30日(火) 更新しました!>

 

【 合唱コンクール 】

11月5日(月)にアミィティホールで苦楽園中学校の合唱コンクールがあります。

中2の娘はピアノを弾くことになりました。本人は部活で一杯一杯なのでピアノ演奏を引き受ける気はなかったのですが、周りからの推薦で断りきれなくなったみたいです。アミィティホールでの演奏は2度目で、小学6年生の時の合同音楽祭では学年代表でピアノを弾きました。

いつもはグウタラな娘ですが、責任の重さというか、背中に背負うものが大きいせいか、帰宅後は自主的にすぐにピアノの練習をし、夕食後もピアノの練習をしています。娘の変わり様に少しびっくり。責任を背負うことによりいつもと違う娘の姿を見た感じがします。「いまのうちに大きな責任を背負うことにより、そのことが少しでも娘の将来のためになればいいなぁ〜」とつくづく思う今日この頃です。

いつもこれぐらい勉強してくれればいいのですが・・・・・。

 

 

 

今回は中三尾の麓にある郭跡を紹介します。階段状の郭跡が素晴らしいです。

 

 

 

さぁ、中三尾に登ってみます。この上にも多くの郭跡が確認できます。写真左の道から登ってみます。

 

 

 

登ってくる時には気がつきませんでしたが、上から見ると階段状の郭跡が確認できます。

 

 

 

郭跡です。

 

 

 

郭跡です。

 

 

 

霧がでてきました。神秘的な雰囲気になってきました。神秘的な風景に出合えるのが城巡りの醍醐味なのです。

 

次回は中三尾山頂の郭跡を紹介します。

次回の更新日は11月6日(火)の予定です。

このブログで「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10779692c.html
三尾山城@ | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

娘さんのピアノ演奏、どうでしたか?どちらにしても誉めてあげて下さい。できればハグして。

[ akaru ] 2012/11/05 18:41:36 [ 削除 ] [ 通報 ]

imamuraさん、コメントありがとうございます。

お陰様で娘のクラスが優勝できました。明日の更新で詳しくお伝えしますが、結構見応えがありました。
娘は、今までの疲れが出たせいか、夕食後すぐに寝てしまいました。
明日、ハグしますね。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/11/05 21:56:51 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波の山城 三尾山城 G

<2012年10月22日(月) 更新しました!>

 

【敬老のつどい】

昨日、北夙川小学校にて、毎年恒例の「敬老のつどい」がありました。

私の娘(小5)が北夙川小学校の和太鼓クラブに入っているのですが、発表会というのはなく、この「敬老のつどい」が唯一の発表の場になります。長女(中2)も小6の時に和太鼓クラブの部長をしていて、3年前に「敬老のつどい」の場で太鼓をたたかせていただきました。

3年前と今回の「敬老のつどい」で大きく違ったのは、お年寄りの人数です。3年前はまだ、体育館の3分の1程ゆとりがあったのですが、今回はほぼ満員状態になっていました。あらためてお年寄りが増えていっているのを実感しました。

 

和太鼓は好評で、娘は来年も和太鼓クラブでがんばると言っています。顧問の先生方には感謝!感謝!です。

苦楽園中学校の吹奏楽部も出場していましたが、子供達よりも顧問の先生が目立ってしまい、先生のワンマンショーみたいになってしまいました。ちょっとがっかりしたけど素晴らしかったです。

 

私は現在52歳ですが、いつかは自分も「敬老のつどい」に参加する時がきます。もしかしたらその時はお年寄りが増えすぎて体育館に入りきれなくなり「敬老のつどい」は中止になっているかも・・・

 

 

 

三尾山(三尾山城本丸)と中三尾の中間の尾根伝いにある郭跡を紹介します。大きな郭跡があり土塁も確認できます。

 

 

 

同地域の郭跡です。

 

 

 

同地域の郭跡です。

 

 

 

土塁跡です。かなり土砂に埋もれていますが、はっきりと確認できます

 

 

 

土塁跡です。

 

 

 

土塁跡です。

 

次回は中三尾にある階段状の郭跡を紹介します。

次回の更新日は10月29日(月)の予定です。

このブログで「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10776099c.html
三尾山城@ | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

土と落ち葉の匂い。そして小鳥のさえずりが聞こえて来そうです。教師のワンマンショーはサイテー。

[ akaru ] 2012/10/22 15:30:59 [ 削除 ] [ 通報 ]

imamuraさん、コメントありがとうございます。

落ち葉の匂いや小鳥のさえずりを楽しむのも城巡りの醍醐味のひとつです。もしかしたら私は、自然に親しんで心を癒したいから城巡りをしているのかもしれません。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/10/22 17:22:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

樽商さん(こちらのブロガーのやっこちゃんの旦那さま)と主に小学校に、樽太鼓を寄附したりしてます。もし、お嬢様の和太鼓部が希望されるのなら、お願いしてみますが?
本体1基だけで、バチなどはついてきませんが。

[ 下駄 ] 2012/11/15 18:39:46 [ 削除 ] [ 通報 ]

下駄さん、コメントありがとうございます。

たくさんコメントいただきありがとうございます。すぐに気が付かなくてごめんなさい。

下駄さんってなんでもやっているんですね。
ご厚意ありがとうございます。一度顧問の先生に尋ねてみます。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/12/01 10:19:56 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波の山城 三尾山城 F

<2012年10月15日(月) 更新しました!>

 

【 入門者クラスへ逆戻り 】

テニスを始めて丸々3年が経ちました。テニス教室ではまわりの生徒さんから 「上達しているね〜」 と言ってくれるのですが、個人的にはまったく実感できず、とうとう、今月にCクラスからAクラス(入門者クラス)へ逆戻りさせていただきました。

入門者クラスで教えてもらったことが、上のクラスで自己流になっている感じがしたので、思い切っての決断でした。実際、入門者クラスで授業を受けてみると、とても新鮮で忘れていたことがどんどん頭に入ってくるのです。いきなりボレーが今まで以上に上手くできるようになりました。

私は10年以上前に会社帰りに大阪の料理学校へ通っていました。料理のことはなにも分からずに必死に勉強した記憶があります。現在、料理を作ることに慣れてしまっていますが、再度、料理学校に通い始めると、とても新鮮な気分で、なにも分からずに通っていた時よりも多くのことを学べるような気がします。

何事も基本が大事。基本を大切にして来年はたくさんテニスの試合に出場するつもりです。

 

 

 

今回は三尾山城の東の峰である前三尾 山頂からの風景を紹介します。

三宅播州さんから 「山頂からの風景が絶景」 と紹介された通りの素晴らしい風景でした。今にも雪が降りそうな天気でしたが、いい写真が撮れました。

 

 

 

前三尾山頂から東方面を望みます。

 

 

 

少しずつ西へ移動していきます。

 

 

 

この下に県道69号線が走っています。

 

 

 

北側の風景です。

 

 

 

赤井幸家の居城 三尾山城から、兄である赤井直正の居城 黒井城方面を望みます。

 

次回から三尾山城へ登っていきたいと思います。

次回の更新日は10月22日(月)の予定です。

このブログで「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10773039c.html
三尾山城@ | コメント( 8 ) | トラックバック( 0)

名山のない丹波地方で、この山は魅力があります。近い内にのぼりますので記事を楽しみにしています。よろしく。

[ だんご ] 2012/10/15 19:20:49 [ 削除 ] [ 通報 ]

だんごさん、コメントありがとうございます。

登られるのですね。確かに丹波地方ではかなりインパクトのある山だと思います。年末の登山だと雪景色が見れるかもしれませんよ。
もし、時間があれば黒井城にも登ってみてください。登山道は整備されていて登りやすいです。また、山頂からの風景は最高です。眼下にはジオラマのような城下町が広がり、福知山線の列車が模型に見えます。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/10/15 19:33:27 [ 削除 ] [ 通報 ]

お久しぶりです。
私も今、ダンスに関して同じようなことを考えています^^
私の仲良しのブロガーさんもお城が大好きな人がおられます。
私は今、ちょっとしたハイキングがしたいと思っているのですが
なかなか機会がありません。

[ ショコママ ] 2012/10/16 9:44:53 [ 削除 ] [ 通報 ]

ショコママさん、コメントありがとうございます。

小生は50歳を超えてから基本の大切さを知りました。
若い時は基本よりも「実践!実践!」でしたが、最近は「基本!基本!」に変化してきています。基本の大切さって若い時には分からないんですよね。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/10/16 10:06:42 [ 削除 ] [ 通報 ]

どこの城山も上からの眺めはいいですねえ。昔の武将が上へ上へと城郭を作る気持ちが解ります。平地でも天主からの眺めはいいですし。

[ akaru ] 2012/10/17 8:01:29 [ 削除 ] [ 通報 ]

imamuraさん、コメントありがとうございます。

だいたい城山のありそうな場所は慣れてくると分かるもので、そのほとんどが山頂から遠望できます。その中でも三尾山城や有子山城の山頂からの風景は最高ですね。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/10/18 0:07:33 [ 削除 ] [ 通報 ]

テニスといっても、ソフトテニスの方で、市内の中学校への普及担当をさせてもらっております。苦楽園中の現男子外部コーチのK氏(お嬢様が現役の時は女子のコーチ)と懇意にしてます。硬式は、テニスヒル仁川の第一期会員(宴会部長)で第一回大会優勝、会社のB級優勝、留学先の米ミシガン学内大会ダブルス優勝しました。

[ 下駄 ] 2012/11/15 18:46:56 [ 削除 ] [ 通報 ]

下駄さん、コメントありがとうございます。

下駄さんからコメントが入っているのに今(12/1)気が付きました。本当にごめんなさい。

テニスって難しですよね。コーチによって教え方が違うし、自分に合う、合わないがありますよね。私の大好きな女性コーチはスパルタ式なんです。私は厳しくされるのが向いているみたいです。私は月に2度テニス教室に通っています。あとは壁打ち(週に2〜3度)で教えていただいたことをマスターできるように練習しています。熱意はありますが、なかなか上達しません。

どんなスポーツでも基本というものがありますが、テニスの場合、プロのプレーを見ていると、一概に基本通りとは言えない部分があるように思えます。

うちの娘は、今日は男子テニス部の女性顧問の先生に連れられて小田北中学に練習に行っています。

下駄さんのテニス歴ってすごいですね。羨ましいなぁ〜。私も上手になりたいなぁ〜。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/12/01 10:10:35 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波の山城 三尾山城 E

<2012年10月9日(火) 更新しました!>

 

【城巡りシーズン到来】

いよいよ城巡りシーズンがやってきました。スズメバチも活動期は過ぎたような感じがします。もちろん油断はできませんが。

これからはクマ対策は絶対に必要です。クマ対策さえきちんとしていれば、イノシシ・シカ等の獣にも対応できます。

 

ここで城巡りに持っていく物を再チェックしてみます。

 

@リュック

A軍手(絶対に忘れてはいけない)

Bアウトドア用長靴(冬場はぬかるみが多いのでこれで登ります)

C警察用笛(クマ対策)

D防犯用ブザー(クマ対策 いざとなれば手榴弾のように投げる)

E鈴(獣全般対策)

Fマグナムジェット(スズメバチ対策 クマ対策にも効果がありそう)

Gカマ(登山道のない城山に登る時に使う)

H発煙筒(クマ対策)

I救急用品

J登山用ストック

Kその他チョコレート等の補助食品と飲み物

 

私は11月から城巡りをスタートしようと思っています。この冬はどんな城と巡り合えるか楽しみです。

 

 

 

今回は前三尾の登山道から見た風景と山頂を紹介します。

 

 

 

前三尾への登山道から見た三尾山山頂です(春撮影)。

あの山頂に三尾山城本丸があります。

 

 

 

中三尾です。三尾山山頂から中三尾まで多くの郭跡を確認することができます(春撮影)。

 

 

 

前三尾への登山道です(冬撮影)。

 

 

 

前三尾山頂です(冬撮影)。

 

 

 

前三尾山頂です(春撮影)。

山頂には小さな削平地があります。見張り場として使われていたのでしょうか?

 

次回は前三尾山頂からの雄大な風景を紹介したいと思います。

次回の更新日は10月15日(月)の予定です。

このブログで「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10770184c.html
三尾山城@ | コメント( 5 ) | トラックバック( 0)

大変な装備ですが、これぐらいしないとダメなんですね。今年は熊が多いそうですからお気をつけ下さい。

[ akaru ] 2012/10/09 12:22:24 [ 削除 ] [ 通報 ]

imamuraさん、コメントありがとうございます。

たくさん持っていきますが、よく使うのは限られています。
登山中はずっと鈴をつけていますし、獣の足音や気配を感じた時はおもいっきり警察用笛を吹きます。撃退するよりも、まず事前予防ですよね。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/10/09 14:49:34 [ 削除 ] [ 通報 ]

実際に熊などを見かけられたことはあるのですか?

[ akaru ] 2012/10/09 17:01:26 [ 削除 ] [ 通報 ]

imamuraさん、コメントありがとうございます。

昔、京都市右京区京北周山町にある明智光秀の周山城で遭遇しました。
私の身長は176cmありますが、クマの大きさは私よりは小さかったです。でも、あの時の恐怖は忘れられません。
下山後、登山口の民家でおばあちゃんにクマに遭遇したことを伝えると、「この辺りは頻繁にクマが出没するから、手ぶらで登ったらとても危険よ」と言われ、それから鈴や笛などのクマ対策用品を持っていくようになりました。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/10/09 20:16:48 [ 削除 ] [ 通報 ]

よくぞご無事で。

[ akaru ] 2012/10/09 22:01:51 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波の山城 三尾山城 D

<2012年10月2日(火) 更新しました!>

 

【使いにくいなぁ〜】

新しいブログになり、更新に手間取ってしまいました。

友人や知り合いからは繋がらないと連絡が入るし、困った、困った。

「前の方が使いやすかったなぁ〜」 「前は素朴だったなぁ〜」 「今回のはちょっと派手かなぁ〜」と独り言。

まだまだ、使い方が分からない所だらけ。

「これを機会に、みなさんにもっと喜んでもらえるブログにしなくては」と自分を激励。

まぁ、慣れるまで  辛抱! 辛抱!

 

 

 

今回は前三尾へ至る登山道から見た風景を紹介します。

いい写真いっぱい撮れました。

 

 

 

前三尾に登る途中から望む三尾山城本丸です。

 

 

 

ズームしてみます。

典型的な城山の形をしています。

 

 

 

右が三尾山城本丸です。

 

 

 

左が三尾山城本丸、右が中三尾です。

中三尾にも遺構が多く見られます。

 

 

 

雪の三尾山城

 

次回は前三尾の登山道から見た風景と前三尾山頂を紹介します。

次回の更新日は10月8日(月)の予定です。

このブログで「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10767213c.html
三尾山城@ | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

なんかちょっと甲山に似てませんか?

[ akaru ] 2012/10/02 16:29:51 [ 削除 ] [ 通報 ]

imamuraさん、コメントありがとうございます。

ブログ更新に悪戦苦闘し、もう二度とimamuraさんとはお話ができないのではないかと思っていました。コメントが来て感激!

甲山に似ていますね。私は甲山は南北朝時代の山城 神呪寺城だと真剣に思っています。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/10/02 16:48:25 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波の山城 三尾山城 C

<2012年9月24日(月) 更新しました!>

 

【おかげ様で、弓道参段合格できました!】

今週の水曜日で弓道を始めてまるまる三年が経ちます。私は毎週1回、初心者クラスで練習をしています。いつも先生方の視線を背中に感じながら弓を引いています。「石の上にも三年」と言いますが、まず、第一目標をクリアした感じです。

 

22日(土曜日)に兵庫県立弓道場(明石公園内)で参段の昇段試験を受けてきました。4度目の試験会場だったので、会場の雰囲気にはもう充分慣れていました。今回の参段試験は弓道の登竜門的なものと先輩から聞いておりました。また、先生方からも「いままでみたいにはいかないよ」と言われていました。

筆記試験は12時20分から、実技試験は14時10分からでした。筆記試験が無事終了し、いざ実技試験に挑戦! 絶対的条件ではありませんが、2本中1本の的中が必要と言われています。2本外してもフォームが良ければ合格できる場合がありますが極めて稀です。

5人1グループで試験に臨みますが、先頭だったので自分のペースで矢を射ることができました。一射めが的中、二射めは外れました。的中させることだけが目的ではないので、最後まで慎重にゆったりと実技をやり終えました。

結果は合格でした。いつも温かく、また厳しい指導をしてくださる先生方のおかげで合格することができました。先生方には「感謝!感謝!」 いくら感謝してもしきれないほど感謝の気持ちでいっぱいの今日この頃です。これからもがんばるぞ〜!

 

 

 

今回は前三尾を目指して登っていきます。前三尾はとても神秘的な形をした城山なのです。

 

 

 

駐車場?のすぐ近くに登山道の入り口があります。

 

 

 

ゴツゴツした登山道ですが、小川のせせらぎや鳥たちの声を聞きながら、楽しく登れます。

 

 

 

雪の前三尾です。

なかなか神秘的な形をした城山です。今、この写真をパソコンの壁紙にしています。

山頂には小さな削平地があります。見張り台的な役割を担っていたのではないでしょうか?

 

 

 

春の前三尾です。同じ場所から撮りました。

 

 

 

前三尾を見上げます。

さぁ、山頂を目指して登ってみましょう。

 

次回は前三尾山頂からの風景を紹介します。

次回の更新日は10月1日(月)の予定です。

このブログで「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10765409c.html
三尾山城@ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波の山城 三尾山城 B

<2012年9月18日(火) 更新しました!>


 


【私のイヤシロチ】


イヤシロチという言葉をご存知ですか?


「癒す」土地とか「弥盛地」とか言われています。人間はもとより動植物が蘇生化し元気になる土地のことなのです。「あの場所に行ってから体の調子が良くなった」とかという経験はありませんか? 私もいくつか経験しており、その場所を訪れてから3〜4日間くらい元気な状態になった経験があります。そのような場所がイヤシロチと言われています。


私のお勧めのイヤシロチは次のとおりです。


 


京都府長岡京市 光明寺


京都市東山区 大谷本廟(おおたにほんびょう)


京都市東山区 知恩院


滋賀県野洲市 三上山(近江富士)


長野県松本市 大正池


山口県美祢市 秋吉台


 


皆様お勧めのイヤシロチがあれば教えてくださいね!


 


 


 


今回は春日ICから三尾山の登山道までの風景を紹介します。


 


 


 


春日ICから県道69号線を南へ走っていると「三尾山登山口」の看板発見。ここを右折します。



 


 


 


この道をまっすぐ進みます。右の山が三尾山です。前方の赤い橋は舞鶴若狭自動車道です。



 


 


 


途中、獣除けの鉄扉があります。この門を開けて登山道へ向かいます。正面が舞鶴若狭自動車道です。



 


 


 


ガタガタ道を車で行ける所まで行きます。



 


 


 


車はここまでが限界。 さぁ登りましょう!


※駐車スペース有り



 


次回からはいよいよ登山開始です。ワクワクします。


次回の更新日は9月24日(月)の予定です。


このブログで「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10765243c.html
三尾山城@ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波の山城 三尾山城 A

<2012年9月10日(月) 更新しました!>


 


【外様】


本年度から中学のPTA活動として青少年補導委員をやらせていただいております。活動地域は北夙川小学校の校区内で、週1回以上のパトロールをしています。普段の地域内のパトロール以外に、北夙川小学校でのサマーフェスティバルにも参加しました。今年のサマーフェスティバルは過去最高の活況ぶりのように思えました。


私は許容範囲が広いせいか、みんないい子に見えます。サマーフェスティバルでは「態度の悪い学生がいるだろうなぁ〜」と予想していたのですが、タバコを吸っている学生を見たこともないし、不良っぽい学生もいませんでした。みんなとても楽しそうでした。すごく平和だなぁ〜と思いました。


青少年補導委員活動は4人一組でパトロールするのですが、私以外の3人の方は地域に顔がよく知られていて、パトロール中にいろいろな人達から挨拶をされます。毎回、パトロールの度に驚きの連発なのです。私はこの地に来て32年ですが、「まだまだ、よそ者。外様だなぁ〜」と深々と感じてしまった今日この頃です。


 


 


 


今回は三尾山城址の山麓を時計の反対回りで回ってみましょう。


 


 


 


左の峰が前三尾、中央の峰が中三尾、右の峰が城跡がある三尾山です。



 


 


 


左が前三尾、右が中三尾です。城跡のある三尾山は見えなくなりました。



 


 


 


中央の尖った峰が前三尾です。右の峰が中三尾です。



 


 


 


ズームしてみます。下からの眺めは圧巻です。この城は攻めにくい。


この山に城を築いた赤井氏もすごいが、この城を攻め落とした明智軍もすごい。



 


 


 


前三尾です。角度を変えると山容がころころ変わります。



 


次回から少しずつ城址を目指し登っていきます。


次回の更新日は9月17日(日)の予定です。


このブログで「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10765021c.html
三尾山城@ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波の山城 三尾山城 @

<2012年9月5日(水) 更新しました!>


 


『もっと分かりやすく書いて〜』


私のブログを見てくださっている方から、「内容が硬くて難しい。もっとやさしい文章で書いてもらえないか?」と言われました。私としては専門的な城郭用語の使用を避けて、誰でも楽しめるような分かりやすい内容で書いているつもりでしたが、その話を聞いて少しびっくり。また、別の方からは「城郭用語集を分かりやすく写真付きで紹介してほしい」とか「自分のホームページ」を作ってみたらとも言われます。後者の方はよく言われるのですが、私のいい加減な性格上、無理をしては継続(更新)できなくなる可能性があります。気楽にお城を紹介できる今の環境が、私にはぴったりなのです。


いろいろな方々からご指導していただき感謝しております。これからもよろしくお願いいたします。それにしてもお城巡りって楽しいなぁ〜。


 


 


 


今回から丹波市春日町にある三尾山(まつおやま)城を紹介します。


この城は三宅播州さんから、「山頂からの風景が絶景!」ということで紹介していただいた城です。


昨年の12月に小学3年生から44年間お付き合いしてくださっているの唯一の親友と一緒に登ってきました。


山容が厳ついので、かなりの覚悟で登り始めたのですが、難所もなく案外登りやすかったです。ただ、八合目付近からは雪山登山になり迫力満点の登山を楽しむことができました。


この城は黒井城主 赤井直正の弟である赤井幸家の居城です。明智光秀軍との激闘により落城しました。


 


 


 


舞鶴若狭自動車道の春日インター付近から見た三尾山城です。


四r


 


 


 


赤井幸家は。多紀アルプスの西側に位置する標高586mの三尾山に城を築きました。


 


 


 


だんだん近づいてきました。丹波の名山と飛ばれるだけあって、威圧感は凄いものがあります。それにしても厳つい山です。



 


 


 


かなり近づいてきました。


左から前三尾、中三尾、三尾山となります。城は一番右側の山の山頂にあります。



 


次回も三尾山の全貌を紹介します。


次回の更新日は9月10日(月)の予定です。


このブログで「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10764881c.html
三尾山城@ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
苦楽園 太郎イメージ
苦楽園 太郎
プロフィール公開中 プロフィール
土の城に心惹かれ44年。

遠き昔に想いを馳せ、ただ、何も考えずに、苔むした城跡と同化する。

それが私にとって至福の時なのでございます。

このブログで、私が至福の時を過ごした孤高の城達を紹介していきたいと思います。


カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<