苦楽園太郎の兵庫お城探検

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/hyougo-kojyou-tanken

2015年(春) 兵庫県弓道連盟地方審査筆記試験対策

<2015年(春) 兵庫県弓道連盟地方審査筆記試験対策>

 

いよいよ、2015年3月21日(土)の兵庫県立弓道場(明石)での地方審査が近づいてきました。

 

私は、四段に5度目の挑戦になります。 楽しかったのは習い始めて1〜2年だけで、今は、「とんでもない世界に入っちゃったなぁ〜」 という感じです。

最近は、射がボロボロで、的前に立つことが怖く感じる有様です。

 

会場での試験のやり方なのですが、段ごとの受験者を同時間に一回の試験で終わらせるのではなく、一日に数回に分けて試験を行います。 なので、その度ごとに試験問題も変わります。

しかし、毎年、ほぼ同じ内容の問題が出題されますので、参段以下を受験される場合は過去問だけで十分対応できると思われます。 四段受験の方は過去問以外に予想問題を作られるといいと思います。

しかし、過去問だけで充分と言っても、自分が受ける段の過去問だけではなく、すべての段の過去問を勉強されている方がいいでしょう。

 

無指定

学科試験はありません

 

初 段

※毎回同じ問題が2問出題されます。

❶射法八節について(射法八節の列記と簡単な説明)

❷あなたが弓道を始めた理由について

 

弐段

❶射法八節について

❷あなたが弓道を始めた理由について

❸執弓の姿勢について

➍足踏みについて

➎引分けについて

❻残身(心)について

❼三重十文字について

 

参段

❶引分けについて

❷三重十文字について

❸残身(心)について

➍五銅について

➎多数演武の注意点について

❻胴造りの重要性について

❼五重十文字について

 

四段

❶五銅について

❷五重十文字について

❸多数演武の注意点について

➍基本の姿勢と動作について

➎自分の矢について

❻射礼の種類について

 

(注意点)

❶試験時間は50分

❷試験用紙はB4サイズ1枚

❸出題数は2問

➍用紙は白紙なので、黒板に書かれた問題名を試験用紙にも記入します。記入しないと減点になります。

➎一問は50点で、60点以上で合格です。

❻無指定を受験される方は、先生方の模範演武・審査注意点説明後、一服する暇もなく、すぐに実技審査(筆記は無し)が始まりますので注意してください。

 

(参考)

❶参段・四段試験では二射中一射が的中し、筆記試験もしっかりできていれば合格します。

❷参段・四段試験で二射とも外しても合格する場合も稀にあります。

❸的中していても不合格の場合もあります。

兵庫県では実技試験で的中しても筆記試験で的外れなことを書いていると不合格になります。

 

さぁ、春の審査に向けてがんばりましょう!




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p11168298c.html
弓道 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

弓道 平成26年度 秋審査用 兵庫県弓道連盟地方審査学科(筆記)試験対策

<平成26年度 秋審査用 兵庫県弓道連盟地方審査学科(筆記)試験対策>

 

仕事が忙しく、精神的余裕がなく、なかなか更新ができませんでした。久しぶりの更新になります。

いよいよ、9月23日(火曜)の兵庫県立弓道場(明石)での地方審査が近づいてきました。

 

昔からあった試験会場がなくなり、段ごとの多くの受験者を一回の試験で終わらせることがでなくなり、時間ごとに数回に分けて試験を行うようになりました。もちろん、その度ごとに試験問題も変わります。しかし、毎年、ほぼ同じ内容の問題が出題されますので、四段受験の方以外は過去問だけで十分対応できると思われます。

弐段受験の方は、過去の弐段試験の過去問だけを勉強するのではなく参段や四段の過去問も勉強されて、どんな問題がきても対応ができるようにしている方がいいでしょう。参段受験の方も同じことが言えます。

 

今回は、今年の春の筆記試験内容を追加して、段ごとにまとめました。参考にしていただければ幸いです。

 

弐段

射法八節について

あなたが弓道を始めた理由について

執弓の姿勢について

足踏みについて

引分けについて

残身(心)について

三重十文字について

 

参段

引分けについて

三重十文字について

残身(心)について

五銅について

多数演武の注意点について

胴造りの重要性について

五重十文字について

 

四段

五銅について

五重十文字について

多数演武の注意点について

基本の姿勢と動作について

自分の矢について

射礼の種類について ※今までに出題されなかった問題です。

 

無指定

学科試験はありません

 

初 段

※毎回同じ問題が2問出題されます。

射法八節について(射法八節の列記と簡単な説明)

あなたが弓道を始めた理由について

 

(注意点)

@試験時間は50分

A試験用紙はB4サイズ1枚

B出題数は2問

C用紙は白紙なので、黒板に書かれた問題名を試験用紙にも記入します。記入しないと減点になります。

D一問は50点で、60点以上で合格です。

E無指定を受験される方は、先生方の模範演武・審査注意点説明後、一服する暇もなく、すぐに実技審査(筆記は無し)が始まりますので注意してください。

 

(参考)

@「参段試験では二射中一射が的中すれば合格する」 と聞いていましたが、一射的中しても不合格になった方がいらっしゃいます。

A「参段試験では二射とも外したら合格できない」 と聞いていましたが、二射外されても合格された方がいらっしゃいます。

B「四段試験では二射とも的中しなければ合格できない」 と聞いていましたが、一射もしくは二射外されても合格された方がいらっしゃいます。

C兵庫県では実技試験で的中しても筆記試験で的外れなことを書いていると不合格になります。

 

私は4度目の四段審査です。かなりの練習不足ですが楽しんできます。

さぁ、秋の審査に向けてがんばりましょう!



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p11103312c.html
弓道 | コメント( 7 ) | トラックバック( 0)

苦楽園太郎さん、昇段試験緊張しますが、四段審査頑張ってください。
私は、弓を引くにはあちこち体調不良で、とんと遠のいています。
血小板が少ないことによる紫斑病、五十肩、そして何よりも困ったのが、きき眼の方が不調で、狙いが大きくずれてしまったことです。

[ たくじろう ] 2014/09/15 14:56:52 [ 削除 ] [ 通報 ]

たくじろうさん、いつもご声援ありがとうございます。

弓道はお休み中だったのですね。 紫斑病という病名は初めて知りました。 お大事にしてください。

私は視力検査では2.0なんですが、老眼と鳥目なんです。
この前、夜に道場に練習をしに行ったのですが、的がかなりぼやけて見えないのです。 でも、面白いほど的中するのです。 的中したかどうかは音だけが頼りなんです。 でも、的が見えないことが良かったのでしょうね。 的がはっきり見える=煩悩なんだと思いました。

私は、弓道を始めて4年と半年になりました。 最近になってやっと、先生方の言っていることが分かるようになり始めた気がします。

最近は仕事が忙しく、なかなか道場に通えないので、自宅で、射法八節を勉強できるようにと、何度もホームセンタに通い、いろいろな部品を購入して自作の弓を作りました。 5本目もあります。 妻はあきれていますが・・・・・・・。

23日の審査、楽しんできますね。
コメントありがとうございました。

[ 苦楽園 太郎 ] 2014/09/15 16:14:28 [ 削除 ] [ 通報 ]

「的がはっきり見える=煩悩なんだ」なかなか味のある言葉ですね。

[ akaru ] 2014/09/15 19:27:46 [ 削除 ] [ 通報 ]

akaruさん、お久しぶりです。

弓道は仏教とも繋がっていて、とても奥が深いです。 実技以外の部分で真面目に勉強すれば、自己向上や生活内容を豊かにすることができると思われます。
私はまったく実践できていませんが・・・・・・・・・・。

[ 苦楽園 太郎 ] 2014/09/16 8:11:18 [ 削除 ] [ 通報 ]

はじめまして
実は、30年ぶり受験で「弓道、筆記 西宮」の検索キーワードでこちらにたどりつき参考にさせていただいて受験しました
年度ごとがあるので傾向が分かりとても役立ちました。

ところで、昨日気づきましたが、
苦楽園太郎さん4段受験、芦屋???

もしや、昨日の試験で駐車場までご一緒した方かも・・・

私も芦屋道場ですので・・・。笑

[ tamtam ] 2014/09/24 9:08:21 [ 削除 ] [ 通報 ]

tamtamさん、コメントありがとうございます。

よくぞ当ブログへお越し下さいました。

その通りです。 駐車場までご一緒させていただきました者です。

4年前、初めて審査を受験する時に、なかなか筆記試験の傾向が分からず苦労しました。 そこで、先輩の方々からいろいろ情報を聞き集め試験対策用としてブログに掲載しました。

今まで、掲載が役に立っているかどうか分からなかったのですが、tamtamさんからコメントで初めて役に立っていることが分かりました。 ありがたいことです。

私は、残念ながら4度目の四段試験も不合格でした。 今のままでは永久に合格できそうもないので、今日から根本的に考え方を変えて練習をしていこうと決意しました。

tamtamさんは、30年ぶりの審査だったんですね。
えっ、今何歳?
私には30歳に見えたのですが・・・・・。

これからも末永くお付き合いよろしくお願いいたします。
次回の審査もがんばりましょうね。

たまに当ブログを訪れてくださいね。 こんなことに興味を持っている人間もいるのですよ。

では、また道場でお会いしましょう。

コメントありがとうございました。

[ 苦楽園 太郎 ] 2014/09/24 22:17:48 [ 削除 ] [ 通報 ]

そうですか、やはりその方だったのですね。びっくりな偶然です。笑

私は当日自分のことで精いっぱいで、こうして次の受験の方への思いをもつなどとうていできませんでした、頭が下がります。

前述いたしましたが年度ごと情報はがあるはここだけでしたので本当に役立ちました。ありがとうございました。


30歳とは・・・お気を遣っていただき過ぎで恐縮です・・・。笑

40どころか。。アラフィフでございます。泣。

こちらこそどうぞこれからもご指導お願いいたします。
それでは仕事にもどります・・。

[ tamtam ] 2014/09/25 8:45:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

<平成26年度 (2014年度) 春審査用 兵庫県弓道連盟地方審査学科(筆記)試験 過去問題9回分>

<平成26年度 (2014年度) 春審査用 兵庫県弓道連盟地方審査学科(筆記)試験 過去問題9回分>

 

いよいよ、3月21日の兵庫県立弓道場(明石)での地方審査が近づいてきました。

私は四段に三度目の挑戦になります。 前回はボロボロ。 週1回の練習ですが、いつも熱心にご指導してくださっている先生方の恩に報いるためにも、是非とも合格したいです。

 

試験会場の雰囲気は最高! いつもワクワクします。 弓道場の隣の野球場では、毎回中学生が試合をしています。 あの賑やかな応援の中で審査を受けるのが、私は大好きなのです。

 

今回は、昨年の秋の筆記試験内容を追加して、平成26年度(2014年度)春審査用として過去問9回分を載せます。 参考にしていただければ幸せです。

 

平成21年度(秋)

弐段 執弓の姿勢について・足踏みについて

参段 引分けについて・三重十文字について

四段 五銅について・五重十文字について

 

平成22年度(春

弐段 執弓の姿勢について・引分けについて

参段 残身(心)について・三重十文字について

四段 多数演武の注意点について・基本の姿勢と動作について

 

平成22年度(秋)

弐段 残身(心)について・三重十文字について

参段 残身(心)について・三重十文字について

四段 自分の矢について・五胴について

 

平成23年度(春)

弐段 執弓の姿勢について・足踏みについて

参段 五銅について・多数演武の注意点について

四段 自分の矢について・五重十文字について

 

平成23年度(秋)

弐段 執弓の姿勢について・足踏みについて

参段 胴造りの重要性について・残身(心)について

四段 多数演武の注意点について・基本の姿勢と動作について

 

平成24年度(春)

弐段 射法八節について・あなたが弓道を始めた理由について

参段 胴造りの重要性について・三重十文字について

四段 自分の矢について・五銅について

 

平成24年度(秋)

弐段 執弓の姿勢について・三重十文字について

参段 五重十文字について・胴造りの注意点について

四段 基本の姿勢と動作について・多数演武の注意点について

 

平成25年度(春)

弐段 執弓の姿勢について・三重十文字について

参段 五胴について・残身(心)について

四段 基本の姿勢と動作について・五重十文字について

 

平成25年度(秋)

弐段 執弓の姿勢について・足踏みについて

参段 残身(心)について・三重十文字について

四段 多数演武の注意点について・五重十文字について

 

無指定=学科試験はありません

初 段=毎回同じ問題が出題されます。

    ※射法八節について(射法八節の列記と簡単な説明)

    ※あなたが弓道を始めた理由について

 

(注意点)

@試験時間は50分

A試験用紙はB4サイズ1枚

B出題数は二問

C用紙は白紙なので、黒板に書かれた問題名を試験用紙にも記入します。記入しないと減点になります。

D一問は50点で、60点以上で合格です。

E無指定を受験される方は、先生方の模範演武・審査注意点説明後、一服する暇もなく、すぐに実技審査(筆記は無し)が始まりますので注意してください。

 

(参考)

@「参段試験では二射中一射が的中すれば必ず合格する」 と聞いていましたが、一射的中しても不合格になった方がいます。

A「参段試験では二射とも外したら合格できない」 と聞いていましたが、二射外されても合格された方がいます。

B「四段試験では二射とも的中しなければ合格できない」 と聞いていましたが、一射的中でも合格された方がいます。 

B兵庫県では実技試験で的中しても筆記試験で的外れなことを書いていると不合格になります。

 

さぁ、春の審査に向けてがんばりましょう!



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10998273c.html
弓道 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

苦楽園太郎さん、四段の試験は地連での最終段階ですので難しいですね。これに合格すれば五段の連合審査は容易ですよ。
頑張ってくださいね。

[ たくじろう ] 2014/02/09 12:39:22 [ 削除 ] [ 通報 ]

いつも、ご指導感謝しております。

三度目なので、もうそろそろ合格したい気持ちです。 できれば、合格して、気持ちよく山陽明石駅に立ち、電車に乗ってルンルン気分で帰宅したいです。

これかも、ご指導よろしくお願いいたします。

[ 苦楽園 太郎 ] 2014/02/09 14:22:59 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

<平成25年度(2013年度)秋審査用 兵庫県弓道連盟地方審査学科(筆記)試験 過去問題8回分>

<平成25年度(2013年度)秋審査用 兵庫県弓道連盟地方審査学科(筆記)試験 過去問題8回分>

 

3月20日の兵庫県立弓道場(明石)での審査、みなさんはいかがでしたでしょうか?

私は四段に挑戦しましたが、残念ながら不合格でした。まぁ、落ちるべくして落ちたという感じです。ただ、いつも熱心にご指導してくださっている先生方には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

今回は、今年の春の筆記試験内容を追加して、2013年度秋審査用として過去問8回分を載せます。参考にしていただければ幸せです。

 

平成21年度(秋)

弐段 執弓の姿勢について・足踏みについて

参段 引分けについて・三重十文字について

四段 五銅について・五重十文字について

 

平成22年度(春

弐段 執弓の姿勢について・引分けについて

参段 残身(心)について・三重十文字について

四段 多数演武の注意点について・基本の姿勢と動作について

 

平成22年度(秋)

弐段 残身(心)について・三重十文字について

参段 残身(心)について・三重十文字について

四段 自分の矢について・五胴について

 

平成23年度(春)

弐段 執弓の姿勢について・足踏みについて

参段 五銅について・多数演武の注意点について

四段 自分の矢について・五重十文字について

 

平成23年度(秋)

弐段 執弓の姿勢について・足踏みについて

参段 胴造りの重要性について・残身(心)について

四段 多数演武の注意点について・基本の姿勢と動作について

 

平成24年度(春)

弐段 射法八節について・あなたが弓道を始めた理由について

参段 胴造りの重要性について・三重十文字について

四段 自分の矢について・五銅について

 

平成24年度(秋)

弐段 執弓の姿勢について・三重十文字について

参段 五重十文字について・胴造りの注意点について

四段 基本の姿勢と動作について・多数演武の注意点について

 

平成25年度(春)

弐段 執弓の姿勢について・三重十文字について

参段 五胴について・残身(心)について

四段 基本の姿勢と動作について・五重十文字について

 

無指定=学科試験はありません

初 段=毎回同じ問題が出題されます。

    ※射法八節について(射法八節の列記と簡単な説明)

    ※あなたが弓道を始めた理由について

 

@試験時間は50分

A試験用紙はB4サイズ1枚

B出題数は二問

C用紙は白紙なので、黒板に書かれた問題名を試験用紙にも記入します。記入しないと減点になります。

D一問は50点で、60点以上で合格です。

 

※兵庫県では的中しても的外れなことを書いていると不合格になると先生から言われました。

 

次の秋の審査に向けてがんばりましょう!



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10846768c.html
弓道 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

尼崎弓道協会の成績がメールで担当者から届いています。
1級2名、初段10名、弐段6人-以上全員合格。
参段全員不合格-何名かは分かりません、四段3人合格-これも何人が受審したかは不明ですが。
とにかく、参段、四段は地連審査では大きな壁ですね。
頑張ってくださいね。

[ たくじろう ] 2013/03/24 17:45:56 [ 削除 ] [ 通報 ]

たくじろうさん、コメントありがとうございます。

四段は参段よりも、いろいろな面で厳しいような気がします。

筆記試験の時、一番に退室しようとした女性に、試験官の先生から 「そんなに早くできるはずがない。四段には四段の書き方があると」 と注意されていました。
また、昨年の秋と今回と、的中しているのに不合格の方もいらっしゃいます。

なかなか四段には合格させてもらえそうにもありませんね。

[ 苦楽園 太郎 ] 2013/03/24 20:30:09 [ 削除 ] [ 通報 ]

じっくりと向きあわなけらばならないということでしょうか。単に技術だけではいけないのですね。正に精神修養。

[ akaru ] 2013/03/25 8:09:01 [ 削除 ] [ 通報 ]

imamuraさん、コメントありがとうございます。

その通りですね。私は将棋のことは詳しくないですが、弓道と将棋は繋がる部分が多々あるように思えます。

私はテニスもしていますが、テニスのコーチから注意されることが、弓道の先生方から注意されることと同じなのです。また、テニスはメンタルなスポーツなのですが、弓道も同じだと思います。
メンタルな面を強化しないと、技術があっても、肝心な所で役に立たないと思われます。正に精神修養ですね。

[ 苦楽園 太郎 ] 2013/03/25 8:44:10 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

<平成25年度(2013年)春審査用 兵庫県弓道連盟地方審査学科(筆記)試験 過去問題7回分>

<平成25年度(2013年)春審査用 兵庫県弓道連盟地方審査学科(筆記)試験 過去問題7回分>

 

インターネットで兵庫県弓道連盟地方審査の学科試験問題を検索してもヒットしません。他の県ではヒットするのですが、県によって出題傾向がだいぶん違うので、ある程度の傾向は知っておきたいところです。

これから弓道の審査を受けられる方々のために兵庫県の過去7回分の学科(筆記)問題を紹介します。過去の傾向として参考にしてくださればありがたいです。間違っている箇所があるかもしれませんがお許しを。

 

平成21年度(秋)

弐段 執弓の姿勢について・足踏みについて

参段 引分けについて・三重十文字について

四段 五銅について・五重十文字について

 

平成22年度(春

弐段 執弓の姿勢について・引分けについて

参段 残身(心)について・三重十文字について

四段 多数演武の注意点について・基本の姿勢と動作について

 

平成22年度(秋)

弐段 残身(心)について・三重十文字について

参段 残身(心)について・三重十文字について

四段 自分の矢について・五胴について

 

平成23年度(春)

弐段 執弓の姿勢について・足踏みについて

参段 五銅について・多数演武の注意点について

四段 自分の矢について・五重十文字について

 

平成23年度(秋)

弐段 執弓の姿勢について・足踏みについて

参段 胴造りの重要性について・残身(心)について

四段 多数演武の注意点について・基本の姿勢と動作について

 

平成24年度(春)

弐段 射法八節について・あなたが弓道を始めた理由について

参段 胴造りの重要性について・三重十文字について

四段 自分の矢について・五銅について

 

平成24年度(秋)

弐段 執弓の姿勢について・三重十文字について

参段 五重十文字について・胴造りの注意点について

四段 基本の姿勢と動作について・多数演武の注意点について

 

無指定=学科試験はありません

初 段=毎回同じ問題が出題されます。

    ※射法八節について(射法八節の列記と簡単な説明)

    ※あなたが弓道を始めた理由について

 

※試験時間は50分で、B4サイズの試験用紙1枚に2つの問題の答を書きます。用紙は白紙なので、問題名も記入します。記入しないと減点になります。一問は50点で、60点以上で合格です。

「学科試験は教本を読んでもらうためのものであり、学科試験で不合格になることはない」と、弓道関連のブログに書かれてる方がいましたが、兵庫県では的中しても的外れなことを書いていると不合格になります。

 

来年の春の審査に向けてがんばりましょう!

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10765444c.html
弓道 | コメント( 6 ) | トラックバック( 0)

はじめまして、こんにちは。
私は学生時代弓道をしてましたが、関西に来て、どこで、みなさんが弓道をされているのかがわからなくて、ネットで検索してみても弓道場が、万博公園、王子動物園、芦屋、明石、尼崎とでましたが、どこの道場に行けばいいのかわかりません。また弓道教室は段位習得者向けであるのかが知りたいのですがご存じあれば教えていただけたらありがたく存じます。
関西弓道連盟にお問い合わせをした方がよいのでしょうか?
不躾ながらご教授いただけたら幸いに存じます。

[ たぬき ] 2012/12/24 13:10:32 [ 削除 ] [ 通報 ]

はじめまして、たぬきさん、コメントありがとうございます。

私は3年前に、芦屋道場で、毎年10月にある全10回の入門コースからスタートしました。
芦屋道場には高校や大学時代に弓道を経験されていた方や、私のように入門コースからスタートされた方、また、途中から入会された方など、若い方からご年配の方まで、いろいろな方々が練習をされています。

入門者コースと初心者コースでは先生方の御指導を仰げます。他の時間は自由練習になります。

入門者コース = 水曜日の13時〜15時

初心者コース = 水曜日の10時〜12時 ・ 木曜日の18時〜20時30分

初心者コースは水曜日の10時にラジオ体操からスタートしますが、時間に余裕がある方は9時から安土の整備をしております。

たぬきさんのコメントにありました 「弓道教室は段位習得者向けであるかが知りたい」 の件ですが、そういう 「〜向け」 というものはありません。結構、自由な感じです。

「趣味とともに日々楽々」 の 「たくじろうさん」 は尼崎道場で弓道をされています。左の「お気に入りリスト」から訪問されてみてはいかがですか?

ちなみに私は入門コースで週1回の練習をしています。

私の先生に、たぬきさんのことを伝えましたら、 「各道場によって特徴があるから、弓道連盟に問い合わせるより、各道場に問い合わせて見学に行く方が良いとお伝えください」 と言われました。

私の経験では習い事は自宅から近い方が精神的に楽なように思えます。雨や台風でも道場は開いていますので、近場が一番のような気がします。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/12/24 17:59:22 [ 削除 ] [ 通報 ]

苦楽園太郎さん、早速のお返事ありがとうございました。
よく考えてみれば、段を習得していたとしても、それは、遥かかなたうん十年前のお話しで今の私は、お恥ずかしい事に、全く何もしておらず、素人同然でした。(申し訳ございません)
拝読しながら赤面した次第でございます。
 でも、御助言いただいた通り、通いやすいところというのもポイントが高いですよね。来年から週に1回でも、弓道できたら嬉しいのですが。実は関西に来てから、本当に久しぶりに始めるので、始めれ訪れる場所で、戸惑いと勇気がいりますが、頑張って問い合わせしてみたいと思います。不躾な質問にも関わらず、御親切にありがとうございました。

[ たぬき ] 2012/12/25 22:45:29 [ 削除 ] [ 通報 ]

たぬきさん、コメントありがとうございます。

芦屋道場は阪神電鉄芦屋駅のすぐ近くです。もし、芦屋道場が通いやすければ、私から先生に、たぬきさんのことをお伝えいたしますので、一度、見学に来られてはいかがですか?
その時はコメントくださいね。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/12/26 0:03:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

弓道と夙川近辺が好きな者です。住所は東灘で道場は尼崎ですが。よいホームページ/ブログですね。城跡もいいですね。

[ くりおね ] 2013/02/14 16:14:18 [ 削除 ] [ 通報 ]

はじめまして、くりおねさん
コメントありがとうございます。

お返事が遅れて申し訳ございません。

パソコン2台がほとんど同時期に壊れ、ブログの更新ができませんでした。

尼崎道場でお稽古されているのですね。

私は、来月の20日に審査があるので、もうそろそろ筆記試験の勉強をしなくてはと思っています。
審査は楽しいですね。独特な雰囲気があり、ワクワクします。

よいブログと言っていただき感謝しております。
これからも楽しいブログ作りをしていきますので、よろしくお願いいたします。

[ 苦楽園 太郎 ] 2013/02/23 13:22:46 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
苦楽園 太郎イメージ
苦楽園 太郎
プロフィール公開中 プロフィール
土の城に心惹かれ44年。

遠き昔に想いを馳せ、ただ、何も考えずに、苔むした城跡と同化する。

それが私にとって至福の時なのでございます。

このブログで、私が至福の時を過ごした孤高の城達を紹介していきたいと思います。


カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<