苦楽園太郎の兵庫お城探検

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/hyougo-kojyou-tanken

丹波の山城 三尾山城 O

<2012年12月18日(火) 更新しました!>

 

【 ノロウィルス 】

昨日の昼、娘(小5)の学校の先生から 「娘さんの体調が悪いので迎えに来てほしい」 と言われ、学校まで迎えに行きました。

朝から調子が悪いと言っていたので、朝食は少量のおかゆを食べさせ登校させました。そのせいか、学校では嘔吐はなく、帰宅してから軽い下痢を数回繰り返しました。すぐにノロだと分かったので、脱水予防のために、ポカリスエットやサンキストオレンジゼリー等を与え、 「吐きたくなかったら、食事は少量のおかゆだけで辛抱すること。発症期間は1〜2日間。治療方法はないので、とにかく下から菌を出すこと」 と、看護士である妻から教えられた事を娘に伝え納得させました。その時までは、娘は 「お腹がすいたら、吐きたくないので、夕食はおかゆにする」 と言っていました。

 

ここまでは平和だったのですが、それから大事件が起こるのです。

 

妻が帰宅し、私がお風呂に入っている間に、妻が娘に、ななななんとドリアを食べさせたのです。食べて30分後、嘔吐用の洗面器も間に合わず、布団の中で大嘔吐。そのおかげで、昨日の夜から今もまだ洗濯が続いているのです。もうクタクタ〜。

 

確か妻は看護師ではなかったのか? ノロの発症期間は1〜2日間位・ポカリスエット等で脱水状態を防ぐ・治療方法はなく「とにかく下から菌を出す」・「食べたら必ず吐く」 と教えてくれたのは妻だったはず。そそそそれなのに〜・・・・。洗濯に力尽きガクッと膝から崩れ落ちそうになるのを耐える私なのであります

 

 

 

今回(最終回)は三尾山を別角度から撮った写真と、西多紀アルプスの峰々を紹介します。

 

 

 

三尾山山頂から南西の方角に峰が見えます。雪がいつ降りだすか心配ですが、道があるみたいなので、あの峰まで歩いてみましょう。

 

 

 

約20分で到着しました。遠く前三尾が見えます。時計の反対回りで撮ります。

 

 

 

中三尾です。

 

 

 

三尾山山頂(本丸跡)です。

 

 

 

雪の西多紀アルプスの峰々です。絶景です。

 

 

次回から神戸市北区八多(はた)町吉尾にある吉尾城を紹介します。

全山、竹林に覆われた城山です。

次回の更新日は12月24日(月)の予定です。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10801383c.html
三尾山城A | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

どこの山城も里や街道の見えるところにあり、登るのも楽しみですね。

[ だんご ] 2012/12/18 12:13:48 [ 削除 ] [ 通報 ]

だんごさん、コメントありがとうございます。

その通りですね。慣れてくると地形だけで、この辺りに城山がありそうと分かってきます。また、城山に登るのだけが目的ではなく、その土地の文化や風土を楽しむこともできます。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/12/18 13:20:31 [ 削除 ] [ 通報 ]

しんどい思いの娘さんも大変ですが
洗濯でクタクタのお父様もお疲れ様です。
私もノロの時は教えを守り、気をつけますね。

↓うちの母は高齢ですが最初からプライドも肩書きもなく
皆さんに可愛がっていただけてありがたいです^^

[ ショコママ ] 2012/12/18 22:18:59 [ 削除 ] [ 通報 ]

ショコママさん、コメントありがとうございます。

昨日は、洗濯疲れを背負ったまま、PTA補導委員の忘年会に行ってきました。ふだん、お酒を飲まない私ですが、疲れていたせいか、久しぶりに瓶ビールを2本飲みました。とてもおいしかった〜!

冬は洗濯物が多くて大変です。なかなか乾かないし。
冬は鍋物が多くなりますね。家族みんなで鍋をつついていると幸せを感じますね。
家族が全員元気だと夕食を作るのは楽ですが、病人がいると「消化のいいものは何があるかなぁ〜」とかを考えてしまいます。
洗濯、掃除、食事、やっと時間が空いた時には疲れて動けません。

うちの母も高齢(81歳)です。最近、高麗ニンジン入りのサプリメントを飲んで 「疲れがない!」 と元気いっぱいです。

プライド、肩書がないから、いろいろな方が近付いてきてくれるのですね。可愛がっていただけるなんて、なんて素晴らしいことなんでしょう。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/12/19 15:22:21 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波の山城 三尾山城 N

<2012年12月11日(月) 更新しました!>

 

【 鎧 】

元民生委員の方から聞いたお話です。

民生委員の方々は「孤独死」を防ぐため、定期的に高齢者宅訪問をするそうです。ただ、自分の担当エリア内で「孤独死」が発生すると、「民生委員はなにをやっているんだ!」と責められる場合があるそうです。

また、高齢者宅訪問時に、民生委員の来宅を気持ちよく受け入れてくれる人ばかりではなく、プライドが高く頑固な人には苦労すると言われていました。「何しに来た!」 「用はない!」と言われ、玄関払いされる場合も多々あり、ボランティアとはいえ民生委員は大変な仕事と言われていました。

 

老後は、年齢を重ねる毎に、一枚一枚今までの人生で身に着けていた「プライド」、「肩書」等の鎧を脱いで身軽になっていく必要がありますが、全員がそうなるとは限りません。

 

私の知り合いに、社会的地位が高く、褒章を授与された経験のある方がいました。ただ、その分、プライドが高く、自分の気に食わないことがあるとすぐに大声で人を怒鳴りつけます。ものすごく頑固で、病院に行っても医師の言うことを聞かず、病院を転々。過去の「プライド」と「肩書」にこだわり続け、最後まで鎧を脱ぐことができませんでした。民生委員との面談を拒み、最後は惨めな死に方をしてしまいしました。

もしかしたら、社会的地位の高かった人ほど、多くの鎧を身に着けすぎているため、老後に、なかなか鎧を脱ぐことができないのではないでしょいうか。

 

いつまでも過去の「プライド」「肩書」を盾にしていると、人は近づいてくれません。どんどん孤立していきます。老後を楽しく過ごすためにも、重荷を一枚一枚脱いで身軽になり、人様の意見に耳を傾ける環境作りが必要であるように思えます。

 

 

 

今回も三尾山城本丸跡を紹介します。

 

 

 

本丸丘の周りを回ってみます。

 

 

 

細長い郭跡が、本丸丘の周りを囲んでいます。

 

 

 

シカの糞があちこちにあります。しかし、下山するまで姿を見ることはありませんでした。

 

 

 

全盛期はどんな城だったのでしょうか?

 

 

 

ドーナツ状に郭跡があるのが分かります?。

 

 

 

ドーナツ状の郭跡の下にも別の郭跡がありました。帯状の細長い郭跡です。

 

次回は三尾山から望む西多紀アルプスの峰々を紹介します。

次回の更新日は12月17日(月)の予定です。

このブログで「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」と思ってます。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10798493c.html
三尾山城A | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

社会的地位ねえ。私には全くないから安心だ。プライドもないつもりですけど、少しはあるかも。
人影の見えない城跡というのは侘しさがありますねえ。

[ akaru ] 2012/12/11 18:12:52 [ 削除 ] [ 通報 ]

imamuraさん、コメントありがとうございます。

社会的地位で世間体や見栄は張れるけど、人生を歩むには重荷になることが分かっていない方々が、私の周りにもたくさんいらっしゃいます。世間体や見栄は煩悩そのものです。親がそのような訳の分からない地位に拘るから、子供がおかしくなってしまうのです。子供は犠牲者です。

そうですね、でも、その侘しさが中世城郭ファンにとっては堪らないのです。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/12/13 1:16:49 [ 削除 ] [ 通報 ]

家内は実母(同居)が認知症になるまでは、長年、民生委員をやっており、いろんなご老人を相手に頑張ってました。
 現役時代の私はただの平管理職でしたが、それでもなんだか、気をつけなければ、というような思いがしております。以前に町内の独居老人の方からの電話があり、救急病院まで同行させてもらい、深夜近くまでお付き合いさせてもらった時、元某社役員さんだったご本人が、まるで私を部下のような口ぶりで、終始されたことがありました。そちらのお嬢様でいつも外車で来られる方も、お目にかかっても、挨拶もしていただけておりません。

[ 下駄 ] 2012/12/13 23:48:21 [ 削除 ] [ 通報 ]

下駄さん、コメントありごとうございます。

たまたま、一昨日に同じ様な話をされている知り合いの女性とお会いしました。
某サークル内で、ある男性に困っているとのこと。内容は「その男性が会社勤めしていた時と同じような感じでサークル仲間を部下扱いする。とても頑固で、、自分の思う通りにいかないと、すぐに大声をだす。女性で困る人はいても、あんなに酷くない。男性の困る人の方が酷過ぎる」というものでした。どこにもあるんですね。

現役の民生委員の方から面白い話がひとつ、「高齢者宅訪問すると、嫁の悪口と息子の自慢で2時間は帰れない」らしいです。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/12/15 14:12:34 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波の山城 三尾山城 M

<2012年12月3日(月) 更新しました!>

 

【 陰口 】

知り合いの奥さんからの悩み相談。

半年前からパート勤めを始めたが、パート仲間のAさんから「あなたの陰口を言っている人がいるわよ。言われたくなかったら、○○○○を改善した方がいいわよ」と言われた。「自分は欠勤もせず一生懸命がんばっているのに、どうして陰口を言われなくてはいけないのか、どうして改善しなくてはいけないのか納得できない」という内容。

 

だいたいこういう場合、陰口を行っているのはAさんです。自分が面と向かって言えないから、他人を利用して自分の思うままに、その奥さんを操ろうとするAさんの魂胆が分かります。

または、仕事のできる奥さんを陥れようとしている可能性もあります。つまり、Aさんが、そのお奥さんを「仕事ができる」と認めているのです。要するに「やきもち」をやいているのです。

 

改善点があるなら直接上司が注意してくるでしょう。陰口は表に出てきては陰口ではなくなります。陰口を表に出そうとする行為自体、なにがしかの魂胆があるのではと疑ってかかる必要があるように思えます。

まぁ、なにはともあれ「陰口」などは気にせず、上から与えられた仕事をきちんとこなしていれば、いくら「陰口」を叩かれようとも気にする必要がありません。

 

私の経験では、陰で人を陥れようとする人はいつか自滅していきます。陰で人を陥れようとする人は、裏を返せば「陥れようとする人を認めている」という自覚を持つ必要があります。

与えられた仕事をコツコツやっていれば、年数はかかりますが、働きやすい職場環境が自然と作られてきます。お天道様は見ていますよ。

 

 

 

今回は三尾山山頂にある本丸跡を紹介します。

 

 

 

雪化粧をした木のトンネルを抜けるとそこは三尾山山頂でした。目の前には本丸丘がありました。さぁ、登ってみましょう。

 

 

 

本丸丘をぐるっと郭が囲んでいます。

 

 

 

本丸丘に登ってきました。ここは三尾山最高峰の郭跡です。規模はあまり大きくありません。

 

 

 

かなり寒いです。雪がいつ降る出すか分かりません。

 

 

 

本丸丘から下を望みます。本丸丘をぐるっと囲んでいる郭跡です。

 

 

 

反対側です。

 

次回も本丸跡を紹介します。

次回の更新日は12月11日(火)の予定です。

このブログで「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10794867c.html
三尾山城A | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波の山城 三尾山城 L

<2012年11月26日(月) 更新しました!>

 

【 余命いくばくもない Vista 】

朝からパソコンの調子が悪く、分解したり、組み立てたりで、やっと動き始めました。CRTは完全ダウンで、本体も、いつフリーズするか分からない状態でブログを更新しています。

もう1台XPがあります。人気のないVistaですが、私はこちらの方が使い勝手がいいので好きです。

昨日、ジョーシン今津店に行ってきてパソコンを見てきました。Windows7からWindows8へ移行期間中で、Windows7搭載のパソコンが安売り中でした。びっくりしたのは、CRTにCPUが組み込まれていて、場所を取らないことです。つまり、CRTとキーボードしかないのです。ディスクトップ型パソコンがノート型パソコンに急接近しているのです。

「次はこれを購入しようかなぁ〜」と考えていると、今日のような状態になります。自動車や自転車でも同じような経験をしたことがあります。

人間と同じく、機械もやきもちを焼いて壊れるのでしょうか? 不思議です。

 

 

 

今回からいよいよ三尾山山頂にある本丸跡を目指したいと思います。ここまで来たら、どんなに雪が降っても引き返せません。がんばるぞー!

 

 

 

中三尾から三尾山山頂を望みます。

あの山頂に本丸跡があります。 いざ、出発!

 

 

 

郭跡です。猛烈な吹雪になってきました。

 

 

 

雪で分かりにくいですが、郭跡を発見しました。

 

 

 

上から見れば郭跡が分かりやすいです。

 

 

 

雪化粧した木のトンネルの中に空が見えます。もしかして山頂?

 

次回は三尾山山頂にある本丸跡を紹介します。

次回の更新日は12月3日(月)の予定です。

このブログで「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10791956c.html
三尾山城A | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

CRTがダウンというのは、画面が消えるということでしょうか。もし液晶ものなら、旧型だとバックライトを蛍光管がやっているので、それが寿命で切れかけかも。この交換は万単位をチャージされるので、もし、デスクトップPCでCRTがスタンドアロンなら、CRTだけ買い換えればOKかと。私はIIYAMAブランドが好みです。

[ 下駄 ] 2012/12/13 23:41:31 [ 削除 ] [ 通報 ]

下駄さん、コメントありがとうございます。

今、別のCRT(AOC)を接続してなんとか使用しています。
いつフリーズするか分からない状態ですが・・・・・。

翌日にはプリンター(HP)が故障し、Canon製に買い替えました。

iiyama製は存じておりませんでした。検討してみます。ありがとうございました。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/12/17 20:07:22 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波の山城 三尾山城 K

<2012年11月19日(月) 更新しました!>

 

【お店に迷惑を掛けてしまった】

昨日、朝起きると元気だったので、朝のうちに予定していた買い物をしてしまおうとスーパーとドラッグストアーに行ってきました。まず、スーパーへ直行! 朝一ということで店内はガラガラ、いつもは昼過ぎに行くので、いつもと違った雰囲気に感激! 買い物を済まし、レジ前に行くと、レジには店員さんがいません。少し待っていると、急いで来てくれて清算してくれました。続いてドラッグストアーへ。そこでも順調に買い物をして無事帰宅。

帰宅して、買い物してきた商品を玄関に置いていると、妻が 「もしかして今買ってきたん?」 とけげんな様子。 「朝一だったからお客がいなくて買い物しやすかったよ」と言うと、妻が「どちらの店も開店前じゃないの!」 といきなり怒られてしまいました。

私は時間を確認せずに買い物に行っていたのです。よ〜く思い出してみれば不自然な点がいくつもありました。悪気がないのでどうどうと買い物をしていました。お店の人からは困ったお客と思われていたでしょうね。情けなや〜。

 

 

 

今回も城址へ至る雪の登山道と郭跡を紹介します。

 

 

 

ひたすら登っていきます。

 

 

 

郭跡があるはずなのですが、雪に埋もれてなかなか確認できません。

 

 

 

登ってきた登山道を振り返りました。

 

 

 

郭跡を発見しました。

 

 

 

郭跡です。

 

次回はいよいよ城跡のある三尾山山頂に到着します。

次回の更新日は11月26日(月)の予定です。

このブログで「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10788831c.html
三尾山城A | コメント( 15 ) | トラックバック( 0)

そんな雪の中よく行かれますねえ。恐くないですか?
悪気のない人は一番強いですね。

[ akaru ] 2012/11/19 11:05:52 [ 削除 ] [ 通報 ]

imamuraさん、コメントありがとうございます。

三尾山はまだ有名な方なので、遭難しても助けてもれえる可能性はありますが、携帯電話の電波の届かない山城で「ここで骨折でもしたら確実に死ぬなぁ」と思う時はよくあります。

先週の金曜日にPTAの行事が「なるお文化ホール」であり、帰り道にimamuraさんのお店の前を自転車で通りました。 「シクラメンの花を無断で持っていかれた方、花は元気に咲いていますか?」 を見て、植木泥棒さんへのユニークな問いかけに、 「さすがimamuraさんだ」 と思わず笑ってしまいました。失礼!

私も知り合いからいただいた植木を盗難にあった経験がありますが、人様の植え木を持って帰って楽しく観賞できるものなのでしょうか? 理解に苦しみます。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/11/19 12:19:39 [ 削除 ] [ 通報 ]

私も挿し木してようやく蕾を付けた鉢植えを盗られ
悔しいけれどあと一つあるからと思っていたら
明くる日にまた盗られた経験があります。

大切になどしない、愉快犯だと聞いたことがあります。
悲しいおはなしですね(T_T)

[ ショコママ ] 2012/11/19 19:15:47 [ 削除 ] [ 通報 ]

太郎さん 
えっ?前を通られたのですか!金曜日なら居ましたのに。夕方には丁度孫たちが来る日です。

[ akaru ] 2012/11/19 19:41:51 [ 削除 ] [ 通報 ]

ショコママさんへ 
どれも大衆花の寄せ植えだったのですが、比較的値段の高いシクラメンだけを2株持って行っておられるんですよ。計算ずくのような気がします。植えたとこだったので簡単に抜けたんですね。昼間に偵察済みだったのかも。

[ akaru ] 2012/11/19 19:45:42 [ 削除 ] [ 通報 ]

子どもの頃遊んだ雪景色を思い出しました。森の中で育ちましたので過ごしました。ただ、幼馴染たちも一緒でしたのでにぎやかでした。

[ 15ケーキ ] 2012/11/19 21:51:39 [ 削除 ] [ 通報 ]

ショコママさん、コメントありがとうございます。

愉快犯ですか。そういう人にはいつかバチが当たります。と言うか、もうバチが当たっているからそういうことをするのかもしれませんね。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/11/19 22:40:48 [ 削除 ] [ 通報 ]

imamuraさん、コメントありがとうございます。

車で3度、自転車で1度、お店の前を通りました。
お店の敷居が高くてなかなか入れません。imamuraさんのブログを見ていると、小生のようなレベルの人間が立ち入れないような気がするのです。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/11/19 23:04:24 [ 削除 ] [ 通報 ]

値段の高いシクラメンだけを持って行くとは・・・・。
昼間はまず考えられませんね。imamuraさんのおっしゃる通り、昼間にチェックして夜か早朝に実行したような気がします。たぶんその人はず〜っと損な人生を歩んできているんでしょうね。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/11/19 23:06:50 [ 削除 ] [ 通報 ]

15ケーキさん、コメントありがとうございます。

以前から気になっていたのですが、15ケーキさんのお話に出てくる 「森の中」 という場所は今でもあるのですか? 差し支えなければその場所を教えていただくことはできませんか?

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/11/19 23:19:23 [ 削除 ] [ 通報 ]

店の中に入れば、あまりにもの大衆性(客層の)に驚かれますよ。ただ、半分わたしの書斎のようにはなってますけどね。

[ akaru ] 2012/11/20 22:09:48 [ 削除 ] [ 通報 ]

両親が、今も暮らしております。大きな木は、台風で倒れてしまって若木が多くなって寂しくなってます。場所は、お会いする事があればその時にでも・・・・・ごめんなさい。

[ 15ケーキ ] 2012/11/22 22:57:24 [ 削除 ] [ 通報 ]

私にとっては挿し木をして長い間待ってようやく蕾を
付けたお花が愛おしかったのですが、盗られた鉢は上等のもの
でした(T_T)2日続いてはショックでした。その後は壁掛け式の
鉢は100円ショップの物です^^;

[ ショコママ ] 2012/11/26 15:42:34 [ 削除 ] [ 通報 ]

ショコママさん、コメントありがとうございます。

狙われるのは高価な植木だけではないんですね。高価な鉢まで狙われるのですね。少しびっくり。
私の場合は、長方形のプラスティク製の鉢にゴールドクレストを四本並べて植えていたのですが、朝、水をやろうと思ったら、四本とも引っこ抜かれてありませんでした。アロエも盗まれたことがあります。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/11/26 23:00:44 [ 削除 ] [ 通報 ]

4本ともとは、本当に驚きますよね。
やはりいたずらをして喜んでいるとしか思えませんね。
以前近くの川沿いに植えられた花を切っている人がいたので
注意すると、いっぱいあるから少しぐらいいいでしょと
逆切れされました。もう何も言えませんでしたよ(>_<)

[ ショコママ ] 2012/11/29 20:30:21 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波の山城 三尾山城 J

<2012年11月12日(月) 更新しました!>

 

『 第22回西宮市立中学校合唱祭 』

11月14日(水)になるお文化ホールにて第22回西宮市立中学校合唱祭が開催されます。

娘のクラスが苦楽園中学校の合唱コンクールで優勝し、同合唱祭に参加することになりました。

同合唱祭は各中学校の合唱コンクールの最優秀クラスが集まります。苦楽園中学の合唱曲は『 モルダウ 』です。ピアノ担当のお嬢さんの演奏が素晴らしく、また、女生徒の声もとても美しいです。曲の出だしの女性徒と男子生徒とのハーモニーが最高で、もう一度聞けるなんて幸せ〜。親バカはその日を楽しみに今日を過ごすのであります。

 

 

 

今回からいよいよ三尾山山頂にある三尾山城址を目指したいと思います。登山途中からは雪山登山になりました。

 

 

 

雪がかなり降り積もり、恐怖感が湧きあがってきます。

人の気配はまったくありません。とても静まり返っています。登山道には獣の通った跡が残っています。

 

 

 

静寂の中をもくもくと歩いていきます。

 

 

 

郭跡です。土塁跡が残っています。

 

 

 

郭跡です。

 

 

 

数多くの郭跡が階段状に残っています。

 

次回も三尾山城址への道を紹介します。

次回の更新日は11月19日(月)の予定です。

このブログで「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10785716c.html
三尾山城A | コメント( 6 ) | トラックバック( 0)

明後日ですね(*^_^*)
楽しみがあるのはステキなことです!!
こんな親バカは、大好きですよ〜〜

[ ショコママ ] 2012/11/12 8:51:56 [ 削除 ] [ 通報 ]

ショコママさん、コメントありがとうございます。

娘は反抗期真っ盛りであります。そんな憎たらしい娘でも応援してしまいます。親バカは治らないなぁ〜。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/11/12 9:03:17 [ 削除 ] [ 通報 ]

撮影してyoutubeにアップできないですか?
雪の山中は神秘的なのでしょうね。

[ akaru ] 2012/11/12 12:37:33 [ 削除 ] [ 通報 ]

imamuraさん、コメントありがとうございます。

動画は撮影していないのでYouTubeにアップできませんが、写真以外に動画で城跡を簡単に紹介できたらいいかもしれませんね。そうなれば自分のホームページを作るしかないですね。

雪の山中は静寂で心が洗われるような気がします。小鳥のさえずりや川の流れなどの音がまったく存在しない無音の世界がそこには広がっています。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/11/12 13:50:29 [ 削除 ] [ 通報 ]

お城の模型を見事に作っておられる方に、前にお目にかかりました。折角、苦労して作られたのを、友達にあげたりなんかされているのには頭が下がります。
ところで、カフカの作品に「城」というのがありますよね。主人公は、その目的地である城を目指すのですが、いつも何らかの邪魔が入って到達できない、確か、もどかしい話だったような。みんな夢は持つが、抱いているだけで、なんやかんやで後回しして、いつの間にかどこかへ忘れ去られてしまう、のを象徴的に表現しているのかもしれません。

[ 下駄 ] 2012/11/15 18:36:19 [ 削除 ] [ 通報 ]

下駄さん、コメントありがとうございます。

お城の模型を作っておられる方は、作る前の構想と作る過程が楽しいのでしょうね。夢や目標があれば気持ちがワクワクしてしまう。そのような童心は大切にしなければいけないと思います。
生真面目な人は理性が働き過ぎて感性を疎かにしてしまうところがあるように思えます。たとえば「あんなことをするなんて子供じみている」とか。感性を大切にしないとワクワクした気持ちも起こらないし、夢や目標を疎かにしたつまらない人生を送るような気がします。

恥ずかしながらカフカの「城」という作品は存じ上げませんでした。
インターネットで調べてみましたが、重そうな作品ですね。

<みんな夢は持つが、抱いているだけで、なんやかんやで後回しして、いつの間にかどこかへ忘れ去られてしまう、のを象徴的に表現しているのかもしれません>

私にも思い当たります。とても興味があります。読んでみますね。

[ 苦楽園 太郎 ] 2012/12/01 10:53:30 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
苦楽園 太郎イメージ
苦楽園 太郎
プロフィール公開中 プロフィール
土の城に心惹かれ44年。

遠き昔に想いを馳せ、ただ、何も考えずに、苔むした城跡と同化する。

それが私にとって至福の時なのでございます。

このブログで、私が至福の時を過ごした孤高の城達を紹介していきたいと思います。


カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<