苦楽園太郎の兵庫お城探検

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/hyougo-kojyou-tanken

但馬の城 岡城 D

< 2013年3月4日 更新しました >

 

【 自分の性格を知る方法 】

 

一昨日、知り合いと 「自分の性格」 の話になり、その知り合いに 『簡単に自分の性格が分かる方法』 を試してみました。知り合いは 「思い当たる部分がたくさんある」 と唸っていました。

 

私が大学時代の心理学の授業で教わったやり方です。投影という心の働きを利用したもので、100%当てはまらなくても、思い当たる部分は結構あるのではないかと思われます。

 

方法は簡単!

 

自分の嫌いなタイプの人物を箇条書きにします。

それがあなたの性格ですというもの。

簡単でしょう!

 

人は自分の嫌いな部分を他人が持っていると、腹が立ちます。

簡単な例を挙げますと

@太っている人は、他人が太っているのを許せない。

A偉そうな人は、他人が偉そうにしているのを許せない。

Bワガママな人は、他人のワガママを許せない。

Cプライドの高い人は、プライドの高い人を見ると腹が立つ。

D陰口の好きな人は、他人が陰口をたたいていると許せない。

 

等々。

 

自分がこういう一面を持っているかもしれないと分かると、落ち込みそうになりますが、自己否定せず、その一面を受け入れ、自己改善に繋げていけたら、とても役に立つ心理テストなのです。

簡単にできますので、ぜひ、お試しあれ。

 

 

 

今回(最終回)は本丸を囲む土塁跡を紹介します。

 

 

 

さぁ、土塁の上を歩いて一周してみましょう。霧で先が見えません。

この写真では右側下に本丸があります。

 

 

 

奥に削平地がありました。

 

 

 

霧の中を歩いていきます。

 

 

 

とても立派な土塁跡です。すごいでしょう。

 

 

 

本丸北側の斜面です。この上に土塁跡があります。

 

次回からは、朝来市和田山町法道寺にある法道寺城址を紹介します。

今回紹介した岡城のすぐ近くにある戦国山城で、戦闘用の城として築かれたのではないかと思われます。岡城と同じく、本丸を立派な土塁で囲んでいます。

次回の更新日は3月11日(月)の予定です

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。




goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10835314c.html
岡城 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

この心理学の話、いやあ、まいりました。当たっていると怖いので、まだ、箇条書きはしてません。

[ 下駄 ] 2013/03/06 0:10:22 [ 削除 ] [ 通報 ]

性格判断、「う〜〜〜〜〜ん」と唸るのみにしておきます。
土塁というのは、当然人力で作ったものなのでしょうね。初歩的な質問でした。しかし、昔の人は偉いなあ。

[ akaru ] 2013/03/06 8:32:22 [ 削除 ] [ 通報 ]

下駄さん、コメントありがとうございます。

いつも、この心理学(投影)のことを頭の隅に置いていると、人を非難できなくなります。なので、人を非難しなくなる習慣が身に付きます。

[ 苦楽園 太郎 ] 2013/03/06 17:28:56 [ 削除 ] [ 通報 ]

imamuraさん、コメントありがとうございます。

土塁に関してですが、 「敵からの防御のために人工的に作られた壁」 と思っていただいたらいいと思います。また、「連続した土盛り」 と言った方が理解しやすいかもしれません。

作り方には二種類あります。
@単純に土を盛って作る方法
A真ん中をくり抜き、周りを壁として残す方法

[ 苦楽園 太郎 ] 2013/03/06 17:44:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

但馬の城 岡城 C

< 2013年2月25日 更新しました! >

 

【 我が家に Windows 8 が来た! 】

2週間前に2台のパソコンが完全に故障し、ブログを更新することができなくなりました。

以前からノートパソコンが欲しかったので、故障した2台のパソコンは下駄さんに貰っていただきました。下駄さんはパソコンを簡単に修理してしまうのです。

下駄さんから 「ASUSのパソコンがいいよ」 と言われていたので、他のメーカーのパソコンと比較検討しているうちに2週間が経ってしまいました。

結局、JoshinでASUSのWindows 8 搭載のノートパソコンを購入しました。

 

 

なかなかいいでしょう

すごく気に入っています。

とても軽くて薄いのです。

価格もリーズナブルで69000円です。

DVDも使えます。

もちろんExcelとWordも付いています。

タッチスクリーンで操作できるんですよ。

CPUは CORE  i 5 なんです。すごいでしょう。

この際にと思い、無線にしてしまいました。

私のような貧乏人にはピッタリなパソコンです。

 

 

 

今回はいよいよ本丸に迫って行きたいと思います。

 

 

 

廓跡から見た本丸です。

 

 

 

 

本丸跡から見た風景です。

前方に城山らしき山があります。

霧が濃いいため、はっきりと分かりませんが、とても神秘的な風景になりました。

 

 

 

この辺りには名もない城山がたくさんあります。

 

 

 

さぁ、本丸に入っていきましょう!

 

 

 

本丸跡です。

本丸跡を囲むように動物除けのネットが張り巡らされて、中に入れませんでした。

私有地の雰囲気がたっぷりしていたので、無理はしませんでした。

この中には、石垣で囲まれた井戸跡があります。撮影したかったなぁ〜。

 

次回は本丸を囲む土塁跡を紹介をします。

四方を土塁で囲まれた城は珍しいです。

次回の更新日は3月4日(月)の予定です。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。

 

※ブログの更新が遅れていたため、私の体を心配してくださり、コメントやお電話をいただいた方々に深く感謝しております。ありごとうございました。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10830596c.html
岡城 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

パソコン、いいなあ!私のが危うくなってきました。で、今は応急的に太郎さんのお下がりのディスプレイをつないでいます。下駄さんがセットして下さいました。
山、気をつけて下さいよ。イノシシの罠にかかったりしたら大変です。

[ imamura ] 2013/02/28 13:31:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

まさか、imamuraさんのところで役に立っているとは。
うれし〜い! 下駄さんに感謝です。

3月中に、城めぐりを計画しております。
今から、30年近く昔、奈良県の高取城を一人で散策していたら、猟銃の音が近くで鳴って、とても驚いたことがあります。
イノシシの罠も気を付けないといけませんね。

[ 苦楽園 太郎 ] 2013/02/28 19:58:37 [ 削除 ] [ 通報 ]

祝PCゲット!そのお値段ならかなり良い仕様のが買えたと確信してます。
僕も今、ASUSのPCをメインに使ってます。
同じ矢でも、ダーツにはまってます(Lady-Jさんのお店で。)

[ 下駄 ] 2013/03/06 0:09:28 [ 削除 ] [ 通報 ]

下駄さん、コメントありがとうございます。

薄くて軽くて使いやすくて、すごくいいパソコンです。
紹介してくれてありがとうございました。
子供達が触りまくっています。

早速、貰っていただいたモニターがimamuraさんのところで活躍しているとはありがたいです。感謝しております。

[ 苦楽園 太郎 ] 2013/03/06 17:19:00 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

但馬の城 岡城 B

< 2013年2月4日 更新しました >

 

【1勝するのに3年】

最近、親しくさせていただいている大学生が、テニスの大会で優勝しました。力強いサーブや強烈なストロークを武器にしています。

とても研究熱心で、私からもよく質問させていただいております。

いろいろな大会に参加しているのを知っていたので、そのことについて聞いてみると、1勝するのに3年かかったと言っていました。積極的にいろいろな大会に参加したが、すべて初戦敗退。もうテニスを辞めようと何度も考えたそうです。

しかし、1勝してから、急速に上達したそうです。彼は 「数多くの敗戦からいろいろ学んだ」 と言っていました。

用海小学校の将棋クラブで指導をなさっているimamuraさんも、子供達に 「1000敗しなさい」 と指導されています。

昔から、 「勝ちから得るものは少ないが、負けから得るものは多い」 と言われています。

弓道やテニスをしていて、うれしいことより落ち込むことの方が多いですが、 「継続」 していれば、いつか報われる日が来ると思う今日この頃です。

 

 

 

今回は土橋(どばし)を紹介します。

土橋とは、敵の侵入を防ぐために作られた堀にかかる細い土の橋のことです。

普通、土橋は字のごとく土で作られていますが、岡城の土橋は石垣が確認できます。

 

 

 

土橋と本丸跡です。

霧の中での撮影になりました。

 

 

 

土橋を横から撮りました。

 

 

 

上から見るとこんな感じです。

 

 

 

石垣が見えますか?

石垣のある土橋は珍しいです。

 

 

 

本丸側から撮りました。

 

次回は本丸跡を紹介します。

次回の更新日は2月12日(火)の予定です。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10819928c.html
岡城 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

今日も午後に用海小学校の将棋クラブに行きます。
古い石垣は風情がありますねえ。何かを語りかけてくるような。

[ akaru ] 2013/02/04 12:46:03 [ 削除 ] [ 通報 ]

そうですね。古い石垣には風情がありますね。

近世城郭のような美しい石垣には興味が沸きません。やはり、戦国時代の山城の石垣が最高ですね。

近いうちに丹波・但馬に城巡りに行く予定です。
一日に3つの城巡りが限度ですが、いい写真が撮れたらいいんですが・・・・・・。

[ 苦楽園 太郎 ] 2013/02/04 14:55:13 [ 削除 ] [ 通報 ]

少し遅くなりましたが
お誕生日、おめでとうございます!!
良い1年を迎えられすようにお祈りしていますね^^

更新予定が遅れていますが、風邪など引かれていませんか?!
お互いにあと少し、寒い冬を乗り越えましょうね。

[ ショコママ ] 2013/02/24 10:49:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

ありがとうございます。53歳になりました。

パソコンが2台とも、ほとんど同時期に故障し、新しいパソコンを選ぶのに2週間もかかり、やっとノート型パソコンを購入しました。
XPとVistaからWindows8になりました。
ブログは明日の月曜日から更新する予定です。

体を心配していただき感謝しております。私は元気ですよ。今のところ、花粉症、インフルエンザ、ノロ、風邪も引かずにきています。

今日の朝、鉢にコキアの赤ちゃんがいっぱい芽生えていました。
春がもう近くまで来ていますね。もうちょっとの辛抱ですね。がんばって乗り越えましょうね。

[ 苦楽園 太郎 ] 2013/02/24 15:29:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

但馬の城 岡城 A

< 2013年1月28日 更新しました >

 

【 こんな所に城なんかないよ 】

昨日、私用で予定していたことがキャンセルになり、 「そうだ城巡りしよう」 と思いつき、妻に 「行かせてくれ〜」 と泣きつき、目的の城も決めず、地図も持たず、無計画な状態で城巡りに行ってきました。

 

舞鶴・若狭自動車道は春日ICから北はチェーン規制。但馬方面はあきらめ、いざ、丹波へ! 「有料道路は一切使わないぞ!」 と決意して、国道176号線を北上。 氷上町辺りで車でぶらぶらしてみて、城山と思われる山があれば挑戦してみようと考えました。

 

氷上の田舎道をぶらぶら走っていると、目の前に城山と思われる山が出現! その山をぐる〜っと一周して 「城山に間違いなし」 と判断。

山麓には民家があったので、 「城山なのか?」、 「登山道はあるのか?」 等の質問をしようと思い人影を探しました。雪がしんしんと降る中、人影を発見! 近づいてみると65〜75歳代の男性の方でした。この方なら知っているかもしれない。 「ラッキー!」 と思い、恐る恐る 「この山は城山ですか?」 と尋ねました。私の質問に対して、怪訝そうな顔をして、 「しろやまって何?」 と言われました。 「失敬、失敬、いきなり城山って言っても分からないよな。説明不足、説明不足!」 と心の中で反省し、 「戦国時代、この山には城があったのではないでしょうか?」 と再度質問。すると 「こんな所に城なんかないよ」 と人をバカにしたような目つきで冷たい一言。 「クソ〜」 と思いながら、 「私は大人」 と自分で自分に言い聞かし、 「ありがとうございました」 とお礼を言って分かれました。 「もう一人だけ聞いてみよう」 と人影を探すこと10分、私と同年齢程の女性を発見。同じ質問をしましたが、宇宙人と話しているみたいでさっぱり会話にならず、ノックアウト! 膝の力が抜けそうになるのを耐え、車に戻り、お茶を飲み深呼吸。

「今まで、このパターンを何度経験してきたことか。やっぱり、自分の経験を頼りに登るしかないのだ」 と登山を決意。どう見ても登山道はないので、なだらかな斜面を見つけて登り始めました。

20分程登って山頂に到着。そこには、な、な、な、なんと、立派な郭跡が階段状にあるじゃありませんか。

「城があるじゃないか!」、なにが 「こんな所に城なんかないよ」 だ。 「おっさんのバカヤロー」 と誰もいない雪降る山頂で吠えてしまった私でありました。

 

 

 

今回は岡城の郭跡を紹介します。郭跡は畑として使用されています。おそれく岡城は個人が所有しているのでしょう。

 

 

 

本丸(森の部分)の北側にある崖です。

 

 

 

郭跡がしっかりと残っています。

 

 

 

反対側です。雨の降りがきつくなってきました。霧も出てきました。

 

 

 

もう一段上の郭跡です。

 

 

 

反対側です。

 

次回は郭跡と本丸を結ぶ土橋を紹介します。

次回の更新日は2月4日(月)の予定です。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10817056c.html
岡城 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

さすが、太郎さん!
下駄さん、ご来店の時に、このページを一緒に見せて頂きました。
わたしのブログに下駄さんの写真をアップしておきました。どうでしょうか?

[ akaru ] 2013/01/28 19:29:51 [ 削除 ] [ 通報 ]

imamuraさん、コメントありがとうございます。

ん〜。1回だけ今津中学校でソフトテニス練習会に子供(小5)と一緒に参加させていただいた時に、ラケットをお借りした先生かも?
少し、自信ありません。
実は、下駄さんは、その時に指導していただいた、もう一人の体の大きい先生だと思っていました。

[ 苦楽園 太郎 ] 2013/01/28 21:05:45 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

但馬の城 岡城 @

< 2013年1月23日 更新しました >

 

【 ヤル気なないのが原因だった 】

 

最近、物忘れが激しすぎる。

何かを実行中に、妻から話しかけられると、何を実行していたか思い出せない。

とにかく、横から割り込みを掛けられると、元に戻れないのである。

あまりにも物忘れがひどいので、先週、西宮北口にある個人の脳神経外科クリニックに行った。

まず、認知症テストをする。 満点でぜんぜん異常なし。

次に、MRI検査をしてもらう。

「脳が委縮していたらどうしよう」 とドキドキして結果を待っていた。

しかし、これもまったく異常なし。

結論として、物忘れが激しいのは、何かにつけてヤル気がないことが原因であることが分かった。

 

 

 

今回から朝来(あさご)郡和田山町岡にあります岡城を紹介します。この辺りには日本城郭大系にも載っていない数多くの城跡があり、中世城郭ファンにとって、この地域は城の宝庫なのです。

岡城の近くには法道寺城という山城があり、戦闘時は法道寺城を使用し、岡城は平常時の居住用の館ではなかったかと思われます。

とても小さな城ですが、多くの郭跡や石垣を確認できます。

 

 

 

霧の岡城

森の部分が本丸で、手前に階段状の郭跡が見えます。

小高い丘の上にある城で、丘陵城郭または、平山城に分類されます。

 

 

 

 

角度を変えて撮りました。

郭が階段状になっています。

 

 

 

近づいてみましょう。

とても良い状態で遺構が残っています。

写真右下の白い看板は城の案内板です。昔はありませんでした。

 

 

 

本丸跡です。

 

 

 

城の案内板です。

 

次回は階段状の郭跡を紹介します。

次回の更新日は1月28日(月)の予定です。

このブログで 「お城の好きな人がふえたらいいなぁ〜」 と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10815188c.html
岡城 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

和田山には近付きたくないなあ。特に糸井方面には。

[ akaru ] 2013/01/23 16:03:57 [ 削除 ] [ 通報 ]

いったい、何があったんですか・・・・・。

でも、出石に行くには和田山を通らなくてはいけないし。どうしても糸井に行ってしまう・・・・・。
あっ、分かった! 福知山経由なんですね。

[ 苦楽園 太郎 ] 2013/01/23 19:12:42 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
苦楽園 太郎イメージ
苦楽園 太郎
プロフィール公開中 プロフィール
土の城に心惹かれ44年。

遠き昔に想いを馳せ、ただ、何も考えずに、苔むした城跡と同化する。

それが私にとって至福の時なのでございます。

このブログで、私が至福の時を過ごした孤高の城達を紹介していきたいと思います。


カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<