苦楽園太郎の兵庫お城探検

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/hyougo-kojyou-tanken

但馬の城 法道寺城 F

<2013年4月29日(月) 更新しました!>

 

【 OBがうざい 】

 

知り合いのママさんの子Y君の話。

Y君は高校で某運動部に所属しています。秋の県大会で優勝し、創部以来初めて全国大会を目指せるチームになっているとのこと。

ところが、全国大会を目指す大切なこの時期に、OBが頻繁に来てなんやかんや指導してくるそうです。

OBが来た時点で、みんなのテンションは下がり、OBが帰った後は精神的にみんな疲れて、 「もううんざり〜」 状態で帰宅するそうです。

 

もしかしてと思い、 「そのOB達の高校時代の部活の成績は良くなかったのでは?」 とY君に質問してみました。Y君は 「県大会に出場する前の地区大会で敗退していた時代の卒業生」 と言います。

「やっぱり・・・」 という感じです。

 

強い時代のOB達なら、今がどれだけ大事な時期か分かっているので、気を使い母校に訪問してこない。 弱い時代のOB達は、強い後輩達を指導することにより優越感に浸り、弱かった自分たちの時代の劣等感の穴を埋めるために 「後輩指導」 という名目にかこつけて、母校を訪れているのではないかと思われます。

 

「下手な人ほど教え好き」 と言われますが、その人たちの劣等感の穴埋めに、自分達が利用されては堪ったものではありません。

 

Y君は 「そんな心の状態があるとは知らなかった。みんなに説明して、OB達の言うことを正面から受け取らず、聞き流すようにする」 と言っていました。

 

 

ちなみに、私は絶対怒らない顔をしているらしく、テニスの壁打ちをしている時など、よく知らない人から指導されてしまいます。(めっちゃ迷惑で〜す)

 

でも、今、被害者かもしれませんが、いつ加害者になるかわかりません。加害者にならないよう 「私も気をつけよ〜っと」 と一瞬思った先週の土曜日の出来事でした。

 

 

 

今回(最終回)は法道寺城の本丸の周囲にある 「犬走り」 と呼ばれる廓跡を時計回りで歩いてみたいと思います。

 

 

 

これが、 「犬走り」 と呼ばれる廓跡です。

さぁ、歩いてみましょう。「堀切」 の場所からスタートです。

 

 

 

右側の斜面の上に本丸があります。

 

 

 

本丸を見上げます。

 

 

 

もうすぐ先端です。

 

 

 

先端に到着しました。

 

 

 

一段下に廓跡がありました。

 

 

 

ここはだいぶん崩れています。

 

 

 

虎口のある場所まで来ました。もうすぐゴールです。

 

 

 

一周して 「堀切」 に到着しました。

左側の廓は二の丸です。

 

次回から丹波市氷上町稲継(いなつぎ) にある母坪(ほつぼ)城を紹介します。

とにかく素晴らしいの一言。古城の雰囲気をいっぱい醸し出してくれている戦国山城です。特に連続した二つの大堀切は圧巻です。

次回の更新日は5月5日(月)の予定です。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10863230c.html
法道寺城 | コメント( 3 ) | トラックバック( 0)

「下手な人ほど教え好き」えっ?わたしのこと?と思いました。

[ akaru ] 2013/04/30 13:16:02 [ 削除 ] [ 通報 ]

imamuraさん、コメントありがとうございます。

imamuraさんって教え好きなんですか? 子供好きじゃないんですか?

私も、imamuraさんのように、 「何か子供達に教えれるものがあればいいのになぁ〜」 とつくづく思う昨今です。

話は変わりますが、この前のカレイの煮込みと野菜の煮しめは五つ星でした。 「あんなのは私には作れな〜い」 と少し落ち込みました。

[ 苦楽園 太郎 ] 2013/04/30 17:55:46 [ 削除 ] [ 通報 ]

子どもに教えるのが好きではありますが、頼まれればどこでもおしゃべりに行きますのでね、やはり教え好きなんでしょう。実力はないのにね。
カレイの煮つけ、あれたしかにおいしいですよね。ありがとうございます。カアチャンに言っときます。

[ akaru ] 2013/04/30 20:46:53 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

但馬の城 法道寺城 E

<2013年4月22日(月) 更新しました!>

 

【 満床 】

 

最近、寝たきりの老人が増え、病院は満床状態だそうです。

本来、病気が治れば寝たきりでも退院しなければならないのですが、公共施設は満床、民間のホームは高額でなかなか入れない。

また、家族が引き取りを拒否し、病院にそのまま入院させておこうとする場合も増えてきているそうです。つまり、病院が老人施設になってしまっているそうです。

 

病院側も、3か月で患者の入れ替えをしなくては、利益が少なくなるので、3か月以内に退院させたいのですが、家族の抵抗があったりで、なかなか患者の入れ替えがスムーズにできないそうです。

 

知り合いの消防士の方からは、 「救急出動しても、満床が理由で断られ、搬送する病院がなかなか見つからない」 と言われていました。

 

昨日、NHKスペシャルで 「家で親を看取る」 を放送していました。

医師や看護師が傍にいない自宅で、親の介護をする家族の苦闘が描かれていました。

私にも80歳の母がいます。今は元気ですが、この先どうなるか分かりません。今のままで元気でいてほしいと祈るしかありません。

超高齢化社会に向かう、暗雲垂れ込める日本の将来に、不安を抱く今日この頃です。

 

 

 

今回も法道寺城の本丸を囲む土塁の上を歩いてみたいと思います。

 

 

 

法道寺城本丸の最高所を望みます。

土を盛って作った土塁というよりも、山頂の中央部分をくり抜き、残した部分を土塁にした感じです。

周りを土塁で囲んでいるのが分かりますか?

弓をきしませ、矢を射る武士の姿が見えます。

 

 

 

もっと近づいてみましょう。

霧が深くなってきました。

 

 

 

最高所近くから、歩いてきた土塁を振り返ります。

 

 

 

最高所から本丸を望みます。

細長い本丸であることが分かります。

時計の反対周りで最高所を下っていきましょう。

 

 

 

最高所の分厚い土塁です。

 

 

 

土塁上から見た本丸です。

写真左端には反対側の土塁が見えます。

 

次回は本丸の周りを囲む、犬走りという廓跡をぐるっと歩いてみます。

次回の更新日は4月29日(月)の予定です。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10860338c.html
法道寺城 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

但馬の城 法道寺城 D

<2013年4月15日(月) 更新しました!>

 

【 MEGA QUAKE 】

 

土曜日の地震は 「ついに来たか!」 と覚悟を決めました。

 

私は山城以外にも活断層と火山には興味があります。本能的に興味があると言った感じです。

今、NHKスペシャルで放送されている 「MEGA QUAKE 巨大地震」 はなかなかの力作です。この番組を見ると 「死の覚悟」 ができるかもしれません。

 

東日本大震災で東北地方は東へ6メートル移動したそうです。その動きに引っ張られて関東以西はこれから大きな地震が起きる可能性があるそうです。

 

今までは、地面に圧が加わり、限界まで達した時に巨大地震が発生すると考えられていましたが、最近の研究で、それだけではなく、引っ張られる力でも巨大地震が発生することが分かりました。分かりやすく言うと、引っ張られる力が限界に達すると、引きちぎられる感じで巨大地震が発生するそうです。

 

土曜日の淡路島の地震は未知の活断層が動いたのが原因だそうです。

本当に未知の活断層なのでしょうか?

もしかしたら、引っ張られて新しい活断層が生まれている可能性も考えられるのではないでしょうか。

 

 

 

今回は、少し専門的になりますが、「虎口」 を紹介します。 「ここう」 と呼ばず、「こぐち」 と呼びます。

本丸は土塁に囲まれていますが、本丸へ出入りする場所が 「虎口」 なのです。

これほど虎口の遺構がしっかりと残っている山城はなかなかありません。

 

 

 

本丸内から虎口方面を撮りました。

写真右側に土塁の切れ目があります。あれが虎口です。

 

 

 

なかなかよい状態で残っています。

 

 

 

いろいろな角度から撮ってみます。

 

 

 

土塁の外側から撮りました。

 

 

 

つい最近まで使われていたような錯覚を起こします。

 

次回も土塁の上をぐるっと歩きながら本丸を紹介していきたいと思います。

次回の更新日は4月22日(月)の予定です。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10857344c.html
法道寺城 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

法道寺城、一昨日に再訪してきました。岡城とのセットで織豊系と言われますが、
やっぱり私か見ても織豊系かなと感じました。
但馬の城は最近よく訪れているのですが、在地系から毛利系、織豊系とありますが
城の構造変化を取り入れる際に戦術・戦法の変化も併用して取り入れた可能性もあるかも知れません

[ 三宅 勝 ] 2013/04/15 16:39:39 [ 削除 ] [ 通報 ]

三宅播州さん、こんにちは。 お久しぶりです。

岡城、法道寺城ともに個性の強い造りになっていますね。
おそらく織田系の城でしょうね。

四方を土塁に囲まれた城は実践的というか、実戦向きの城のように思えます。

法道寺城の本丸に立つと、土塁の内側から敵に向かって、弓をきしませて矢を射る武士の姿が目に浮かびます。
また、四方から攻めかかってくる敵兵の群声が聞こえてきそうな気がします。

[ 苦楽園 太郎 ] 2013/04/22 12:55:18 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

但馬の城 法道寺城 C

<2013年4月8日(月) 更新しました!>

 

【 辛いなぁ〜 】

久しぶりに知り合いのママに関西スーパーでお会いしました。

そのママ曰く、夫が 「母が元気なうちに」 と、一人暮らしをしていた義母を自宅に無理やり引き取ったとのこと。ところが、同居してまもなく義母が体調を崩し、それからは家でほとんど寝ている状態だそうです。まだ、寝たきりではないそうですが、だんだん弱ってきているので寝たきりも時間の問題だそうです。

そのママは、パート勤めを辞めて、今はその義母を介護しています。

夫は 「同居していて良かった」 と言うそうなんですが、そのママは 「世話をするのは私なのよ!」 「同居は嫌だと言ったのに!」 と涙ぐんでいました。

 

私の身内で、同じような状況下で、環境が変わったために体調を崩して亡くなった人がいます。

 

年を取ってからの環境の大きな変化は厳しいものがあるのでしょうね。

夫の行動は 「母思い」 か 「身勝手」 か判断に苦しみますが、母親の人生を狂わせ、自らの家庭まで狂わせてしまったのは事実です。

 

この話を妻にして、「とにかく健康で、年をとっても子供達には迷惑をかけずにがんばろう!」 と夫婦で誓った昨晩でした。

 

 

 

今回から本丸を囲む土塁の上を歩いて、本丸をぐるっと回ってみたいと思います。

 

 

 

土塁の上に立ちました。

これほどすごい立派な土塁のある城は珍しいです。

 

 

 

土塁を側面から撮りました。

たまりませんなぁ〜

 

 

 

土塁の外側を撮りました。

本丸の一段下に細長い道のようなものがあります。実はあれも廓跡なんです。本丸の周りをぐるっと囲んでいます。

専門的なので、どうでもいいことなんですが、「犬走り」 と呼ばれる廓なんです。

また、 「犬走り」 の幅の広いのが 「帯廓」 と呼ばれます。

篠山城の 「犬走り」 は有名ですが、あれはどう見ても 「帯廓」 です。

どうでもいいことですが・・・・。

 

 

 

土塁の内側を撮りました。本丸の内部です。

向う側にも土塁があります。

 

 

 

ず〜っと土塁が続いています。さぁ、歩いていきましょう。

霧の中を歩くのは神秘的で、なんとも言えない雰囲気がありワクワクします。

 

次回も土塁の上を歩いて、本丸をぐるっと回っていきたいと思います。

次回の更新日は4月15日(月)の予定です。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10853889c.html
法道寺城 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

いい景色です。

[ akaru ] 2013/04/09 19:19:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

もし、私に体力があれば、ご一緒してみたい¨¨
そう思いました。

[ 未夜 ] 2013/04/09 21:15:44 [ 削除 ] [ 通報 ]

でしょ〜

imamuraさん、コメントありがとうございます。

昔、ここでなにがあったのでしょうか?

土塁や廓は知っています。

誰もいない古城跡にひとり立ち、遠い昔に思いを馳せます。

[ 苦楽園 太郎 ] 2013/04/09 22:27:23 [ 削除 ] [ 通報 ]

未夜さん、コメントありがとうございます。

大歓迎ですよ。

城跡に興味を持っていただけるんでしたら、全力を尽くします。

姫路城みたいな立派な城より、苔むした小さな城の方が、私は大好きです。

[ 苦楽園 太郎 ] 2013/04/09 22:47:10 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

但馬の城 法道寺城 B

<2013年4月1日(月) 更新しました!>

 

【 男がそんな格好をするな! 】

私は、いつもデニムのエプロンをして自転車で走り回っています。

なぜかと問われると、エプロンをすると気合いが入るからです。

なんの気合いかと問われますと、「主婦(夫)業をがんばるぞ〜」 というものです。

分かりやすく言うと、柔道家なら柔道着、空手家なら空手着、弓道なら袴みたいなもので、私の場合は、主夫業はデニムのエプロンになっています。

 

先日の夕方、長女がクラブ活動から帰宅し、私が、砂だらけのテニスシューズを、自宅前でポンポンとはたいていると、いきなり70歳代の男性から 「男がそんな格好をするな!」 と大声で怒鳴られました。

なんのことか分からず、キョトンとしていたのですが、どうやら私のエプロン姿が気に入らなかったんだと分かりました。

 

靴をはたき終わり、家の中に入り、妻に事情を説明するとが、妻がいきなり家を飛び出し、男性を追跡したのです。

数分後に、妻は帰ってきましたが、見失ったとのこと。

追っかけて行って、何を言うつもりだったの? の質問に、妻は 「なんで、あんたに私の家のことをつべこべ言われなくちゃならないのよ! 馬鹿じゃない」 と言うつもりだったそうです。

それを聞いて、私は、男性の怒声よりも、妻のものすごい剣幕に恐怖を感じたのでありました。妻恐るべし・・・・。 

 

 

 

今回からいよいよ法道寺城の本丸を紹介します。

本丸は、浜名湖名物のうなぎパイのような形をしており、その周りを土塁が囲っています。

 

 

 

堀切から本丸に上がってきました。霧が深いです。

 

 

 

本丸から二の丸を振り返りました。

手前の溝は堀切です。

 

 

 

法道寺城本丸跡と書かれています。

 

 

 

土塁跡が見えます。もっと近づいてみましょう。

 

 

 

このような土塁が本丸の周りを囲んでいます。

 

次回からは土塁の上を歩いて、本丸をぐるっと回ってみたいと思います。

次回の更新日は4月8日(月)の予定です。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10850258c.html
法道寺城 | コメント( 8 ) | トラックバック( 0)

いや〜奥様、おっとこ前〜〜〜〜即!ファンクラブ入会しちゃいます(^_-)-☆

[ Lady J ] 2013/04/01 19:24:23 [ 削除 ] [ 通報 ]

Lady J さん、コメントありがとうございます。

妻にお褒め?の言葉をいただき深く感謝しております。

妻は 「ファンクラブ作ろうかなぁ〜」 と言っています。

妻は口が立つので困っております。特に争いにはめっぽう強いので困っております。

[ 苦楽園 太郎 ] 2013/04/01 21:00:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

いいカアチャンやなあ!

[ akaru ] 2013/04/04 11:31:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

imamuraさん、コメントありがとうございます。

すぐに頭に血が上るので困っています。

いつも冷静な女性っているのでしょうか?

いたら一度会ってみたいです。

[ 苦楽園 太郎 ] 2013/04/04 14:56:28 [ 削除 ] [ 通報 ]

城跡、霧がかかって幻想的ですねえ。奥から落ち武者が現れても不思議ではなさそうな写真です。

[ akaru ] 2013/04/05 21:58:37 [ 削除 ] [ 通報 ]

その時は私も入会させていただきます(^_-)-☆

[ ショコママ ] 2013/04/06 2:09:49 [ 削除 ] [ 通報 ]

imamuraさん、コメントありがとうございます。

今までの経験では、天候が悪い方が神秘的な風景で出会える可能性があります。

前回、訪れた時は晴れていたので、あまり強い印象は残っていませんでしたが、今回は、濃霧の中での散策だったので忘れられない思い出になりました。

[ 苦楽園 太郎 ] 2013/04/06 9:32:51 [ 削除 ] [ 通報 ]

ショコママさん、コメントありがとうございます。

ありがとうございます。妻に伝えておきます。

看護師という職業柄ああいうふうになっちゃうんですかね〜?
正義感が強すぎるのも困りものです。

いつもそばにいる私はひやひやものです。

[ 苦楽園 太郎 ] 2013/04/06 9:44:39 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

但馬の城 法道寺城 A

<2013年3月25日(月) 更新しました!>

 

【 有名大学を出たのに〜 】

 

昨日、知り合いから聞いた話です。

知り合いの甥っ子は、クラブ活動をせず、塾通いばかりで学生時代を過ごし、有名私立中学、有名私立高校、そして母親の希望していた有名国立大学に入学したそうです。そして、昨春卒業して、有名企業に就職しましたが、2か月で退職。今は、自宅で引きこもり状態だそうです。

有名大学を出ているので、今まで通り会社でもチヤホヤしてくれると思っていたらしく、人生への甘さが出たとのこと。

 

甥っ子の母親は、息子が有名大学に合格した時に、「葵の御紋」 が手に入ったと喜んでいたそうです。

「人から凄いと言われたい」 「人からカッコイイと言われたい」 「人からチヤホヤされたい」 とかの理由でやることは、本当は自分が好きではないことの方が多いような気がします。みなさんはどう思われますか?

 

自由な発想ができる人、感性の豊かな人には 最初からそのような感覚はないように思えます。

「人からいいように見られたい」 という感覚は見栄や世間体を気にしてのことです。他人の目を意識していては、いつまでたっても人生の主役になれません。

 

見栄や世間体は子供が生まれながらにして持っているものではなく、親からのマインドコントロールが大きく影響しています。

今回の件では、「葵の御紋」 を手に入れたのは子供ではなく、母親だったのです。つまり、母親は子供を利用したのです。

今回の話を聞いて、親のエゴに振り回される子供達の苦悩が目に浮かびます。

 

 

 

今回は法道寺城の二の丸と堀切を紹介します。法道寺城のある山頂には、堀切を挟んで本丸と二の丸があります。

濃い霧の中での撮影になりましたが、今までの経験上、こんな場合、とても神秘的な風景に巡り会える可能性があります。

 

 

 

登山道から山頂まで、写真のように、急坂ですが、幅の広い道が続きます。

 

 

 

二の丸です。

 

 

 

二の丸から本丸を望みます。凄い迫力です。

 

 

 

二の丸から堀切を見下ろします。

 

 

 

堀切に下りてきました。

 

次回からいよいよ法道寺城の本丸へ入っていきたいと思います。

次回の更新日は4月1日(月)の予定です。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10847098c.html
法道寺城 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

>>「人からいいように見られたい」 という感覚は見栄や世間体を気にしてのことです。他人の目を意識していては、いつまでたっても人生の主役になれません。<<
たしかにそうなんですけど、偉い坊さんが色欲、物欲など色んな欲からは脱却できても最後の難関が名誉欲だといいます。まして凡人はなかなかねえ。でも、いつもそれを心がけることは大事ですよね。他人のそれを見るのは醜いですものね。はい、自戒します。

[ akaru ] 2013/03/29 18:34:47 [ 削除 ] [ 通報 ]

imamuraさん、コメントありがとうございます。

欲望が無さすぎると人間としての輝きを失うし、強すぎると醜い姿をさらします。でも、これが人間なのかもしれません。
一番良いのは、両極端に走るのではなく、真ん中の状態、つまり物の考え方や精神状態をいかに中庸に保てるかが大切ではないかと思います。

[ 苦楽園 太郎 ] 2013/03/29 21:31:42 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

但馬の城 法道寺城 @

<2013年3月14日(木) 更新しました!>

 

【 Windows 8 と相性悪い? 】

 

月曜日にブログを更新したのですが、知り合いから写真が掲載されていないと電話がありました。早速、自分のパソコンで確認したのですが、ちゃんと掲載されています。???????

「おかしいなぁ〜」 と作成したページをよ〜く見てみると、カテゴリーの順番がバラバラではないですか。また、同名のカテゴリーが存在します。削除しようと思ってもボタンがまったく作動しません。

西宮ブログ以外のホームページは何ら問題はありません。

西宮ブログに関してだけインターネットエクスプローラーが不安定な状態なのです。

インターネットエクスプローラーをリセットして、再度、ブログを作り直し。何とかブログ作成できそうですが、まだ、少し不安定です。

もしかして西宮ブログと Windows 8 の相性の問題? と考え込んでしまった昨今でした。

 

 

 

今回から朝来市和田山町法道寺にある法道寺城を紹介します。

前回紹介しました岡城の近くにあり、岡城が城主の居住用の城ならば、法道寺城は戦闘用の城と4考えられます。城の作りも似ており、土塁が本丸部分を囲んでいます。

久しぶりに法道寺城に訪れましたが、あいにくの雨でした。しかし、濃い霧の中で神秘的な風景をたっぷり味わうことができました。

今回は法道寺城の全貌を紹介します。

 

 

 

法道寺城遠望

一瞬、霧が晴れました。シャッターチャンス!

国道9号線から撮りました。岡城は山麓にあります。

 

 

 

丘の上から撮りました。

撮影直後、城山は霧の中に姿を消しました。

 

 

 

法道寺の参道です。

この上に参拝者用の駐車場があります。急な坂ですが、車で上がっていきます。

 

 

 

上の写真の反対側を撮りました。

岡城方面です。

 

 

 

法道寺の渡り廊下です。

 

次回は法道寺城の主廓部分を紹介します。

次回の更新日は3月25日(月)の予定です。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。

 

※imamuraさん、ショコママさんからコメントをいただきましたが、上記のようなトラブルでコメントを返信することすらできませんでした。ごめんなさい。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10841538c.html
法道寺城 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
苦楽園 太郎イメージ
苦楽園 太郎
プロフィール公開中 プロフィール
土の城に心惹かれ44年。

遠き昔に想いを馳せ、ただ、何も考えずに、苔むした城跡と同化する。

それが私にとって至福の時なのでございます。

このブログで、私が至福の時を過ごした孤高の城達を紹介していきたいと思います。


カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<