苦楽園太郎の兵庫お城探検

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/hyougo-kojyou-tanken

但馬の城 茶すり山城 B

<2014年2月10日(月) 更新しました!>

 

 

【 私立中学校受験 】

今日は娘の私立中学校受験の日です。

娘は朝8時に自宅を出発しました。

目指すは徒歩3分で行ける夙川学院高等学校です。

娘は、学校選びの時、高校のHPを調べたり、いくつかの学校を自分で見学したりしてきました。

いろいろ悩んだ結果、 「やっぱり、自宅から近い学校がいいわ」 と言って、夙川学院に決めました。

 

3月には公立高校の受験が控えています。

娘の進路に関しては、親はノータッチ。

「学校・就職・結婚相手には親が口を挟まないようにしよう」 と妻と話し合っていました。 無責任ではないかと言われる人もいましたが、子供を大人扱いしてあげる方が大切ではないかと思うのです。

なにはともあれ、しっかりと自立できる強い女性になってほしいと願う昨今です。

 

 

 

今回(最終回)は茶すり山城の山頂からの風景を紹介します。

今日の朝来市は雪が降っています。 明日、茶すり山古墳に行くと童心に戻って雪遊びがいっぱいできますよ。

 

※紹介している写真は、ブログ用ではないので、娘達が写っていますがお許しを。

 

 

 

とても巨大な円墳なのが分かります。

 

 

 

もうすぐ山頂です。

山頂にも埴輪が並んでいます。

 

 

 

娘です。

滑ると下まで落っこちてしまいます。

 

 

 

山頂です。

山頂には王の墓があります。

 

 

 

山頂から見た北近畿豊岡自動車道です。

なかなかの絶景です。

道の駅 「但馬のまほろば」 方面

 

 

 

北近畿豊岡自動車道の和田山方面

 

 

 

晴れるとこんな感じです。

 

 

 

左の矢印が安井城

右の矢印が市御堂城

 

 

 

山頂より南側を望みます。

 

次回は篠山市丹南町真南条中にある館山城を紹介します。

次回の更新日は2月17日(月)の予定です。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10998950c.html
茶すり山城 | コメント( 5 ) | トラックバック( 0)

昔を思い起こします。わたしも子どもの進路に関しては、学校を一緒に見に行ったりしてアドバイスはしましたが任せました。
古墳からの景色、興味深いです。いつもこの逆の景色を道から見てますので。今年は一度なんとか…。

[ akaru ] 2014/02/11 13:43:08 [ 削除 ] [ 通報 ]

そうですね。 アドバイスだけで十分だと思いますね。
親が線路を引きすぎると、最終的に苦労するのは親ではなく子供達ですからね。
中学校で仕事をしている時も子供達を大人扱いしました。
子供達を大人扱いすることが、自立へ導く第一歩だと思います。

是非一度、茶すり山古墳を訪れてみてください。 山頂からは4つの城跡が望めます。
目の前には比治城があり、遠くに市御堂城、安井城、竹田城が望めます。

[ 苦楽園 太郎 ] 2014/02/11 20:03:19 [ 削除 ] [ 通報 ]

いつも素敵なご夫婦だと思っていました。
奥様、どうぞ頑張っていただきたいです。お互いに支えあっての
夫婦だとおもいますが、苦楽園太郎さんのブログを拝見していると、夫婦のあり方を考えさせられます。お子さんへの考え方も
素晴らしいと思います。合格されますように!!

[ ショコママ ] 2014/02/15 1:49:19 [ 削除 ] [ 通報 ]

ショコママさん、いつも応援してくださりありがとうございます。

おかげさまで合格できました。 勉強がサッパリの娘を拾ってくださった学校には感謝!感謝!です。

3月12日には兵庫県立西宮甲山高校の入試試験があります。 縁がある方の学校に行けばいいと思います。

「何をするべきか」「何をしてきたか」を自問自答しながら、自分の人生を歩んでいってほしいと思います。

[ 苦楽園 太郎 ] 2014/02/15 19:44:35 [ 削除 ] [ 通報 ]

合格おめでとうございます。苦楽園太郎さんところですと苦楽園中学ですか?だとすると夙川学院だと近くなりますね。甲山高校にいっていた友人のお嬢さんが通学がきつかったとおっしゃっていました。バスでしか行けないし、本数も限られているから確かに大変かもしれませんね。

[ ふく ] 2014/02/22 13:47:40 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丹波の城 茶すり山城 A

<2014年2月4日(火) 更新しました!>

 

【 妻が大学に 】

妻が4月から大学に行くことになりました。

妻は、准看護学校、看護学校、助産師学校と3つの学校を卒業してきているのですが、高校卒業時、経済的な理由で大学に行けず、結局、仕事をしながら看護学校に通うことになったそうです。 なので、大学を卒業していないというコンプレックスが、ず〜っとあったそうです。 

今までの看護学校での総授業時間数 (当時は単位制ではないので) から、大学には4年次編入に決まりました。 ということで、がんばれば1年で卒業できるそうです。

何事も挑戦。 新しいことを始めるのに年齢は関係ありません。

「年金をもらわずに、できるところまで現役で頑張ろう」 と二人で話し合った昨晩でした。

 

 

 

今回は茶すり山城(古墳)の山頂を目指したいと思います。

山頂への階段がありますが、あえて急斜面を無理して登ることにしました。リスクを冒かさないとよい思い出は作れません。

 

 

 

二段目まで登ってきました。

埴輪のレプリカが並んでいます。

 

 

 

あれが山頂。 いざ挑戦!

 

 

 

私です。

 

 

 

登ってきた坂を振り返りました。

かなりの急斜面。 滑ったら下まで落っこちます。

 

 

 

娘です。 かなりの急斜面でしょう。

 

次回(最終回)は茶すり山城山頂からの風景を紹介します。

次回の更新日は2月10日(月)の予定です。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10995999c.html
茶すり山城 | コメント( 8 ) | トラックバック( 0)

素晴らしい奥様だと思います。

[ seitaro ] 2014/02/04 11:48:39 [ 削除 ] [ 通報 ]

お褒めをいただきありがとうございます。

妻も私も学生時代に勉強しなかったので、その反動が今きています。

勉強できる時間がたっぷりある時にいっぱい勉強しておくべきだったなぁ〜と後悔するのですが、勉強をやり始めるのに年齢は関係ないと、自らを奮い立たせる昨今です。

[ 苦楽園 太郎 ] 2014/02/04 12:34:56 [ 削除 ] [ 通報 ]

   「いま」

もうおそい ということは

人生にはないのだ


おくれて

行列のうしろに立ったのに

ふと 気がつくと

うしろにもう行列が続いている


終わりはいつも はじまりである

人生のあるのは

いつも 今である

今だ


    杉山平一 詩

素晴らしい詩だと思いませんか?なかなか実践できませんが。

[ akaru ] 2014/02/04 12:37:48 [ 削除 ] [ 通報 ]

以前、この詩を紹介していただいた時、すぐにワープロで打って今も階段に貼ってあります。
どれだけこの詩に救われたことか。
紹介してくださったimamuraさんには感謝!感謝!です。

[ 苦楽園 太郎 ] 2014/02/04 12:42:42 [ 削除 ] [ 通報 ]

ああ、そうでしたねえ。もう、忘れっぽくなって。お恥ずかしい。これだから老人は「また同じことばっかり言って」と嫌われる。

[ akaru ] 2014/02/04 12:50:06 [ 削除 ] [ 通報 ]

大丈夫ですよ。

私も、妻から 「それ何度も聞いた」 とよく言われます。

子供からも 「お母さん、お父さんがまた同じことを言っているよ」 とよく言われます。

[ 苦楽園 太郎 ] 2014/02/04 15:40:42 [ 削除 ] [ 通報 ]

様々な学割やパソコンのアカデミーパックなどもぜひご活用ください。

[ ふく ] 2014/02/04 21:06:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

ありがとうございます。

妻に伝えますと、「学割とか考えたこともなかった」 と言っていました。

アカデミーパックという存在も知りませんでした。

学割もいろいろ利用できそうですね。

大いに利用したいと思います。

[ 苦楽園 太郎 ] 2014/02/05 9:06:03 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

但馬の城 茶すり山城 @

<2014年1月27日(月) 更新しました!>

 

 

 

【 古墳から山城、また古墳へ 】

 

今回から朝来市和田山町筒江にあります茶すり山城を紹介します。

以前、紹介しました比治城 (竹田城の枝城) の山麓にある城跡です。 城跡といっても、今は茶すり山古墳として整備されています。

北近畿豊岡自動車道の道の駅「但馬のまほろば」から和田山方面へ500m程走った左側に茶すり山古墳が見えます。 看板がありますからすぐに確認できます。

 

平成4年に茶すり山城の発掘調査が行われましたが、その時、多くの埴輪が見つかりました。 山城となる以前は古墳であったことが分かったのです。

現在は、山城跡ではなく古墳跡として整備されています。

この古墳は直径90m、高さ18mを誇る、近畿最大の円墳なのです。

 

 

 

茶すり山城(茶すり山古墳)遠望

 

 

 

ズームしてみます。

三段になっています。 二段目まで階段で登れそうです。

二段目と山頂には埴輪が並んでいます。

 

 

 

茶すり山古墳の説明板です。

 

 

 

一段目まで登ってきました。

 

 

 

さぁ、二段目を目指しましょう。

 

次回は山頂を目指して登ります。

次回の更新日は2月3日(月)の予定です。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p10992225c.html
茶すり山城 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

このそば、しょっちゅう車で走ってますが、気になりながらまだ訪れてません。一度…、と思っています。

[ akaru ] 2014/01/27 18:27:15 [ 削除 ] [ 通報 ]

imamuraさん、コメントありがとうございます。

和田山インターを下りて国道312号線に入り、南へ500m程行くと 「加都北」 という交差点があります。 そこを左折し県道136号線に入り、1600m程で到着します。
山頂から見下ろす北近畿豊岡自動車道はプチ絶景です。

古墳もなかなか面白いですね。
阪神電車が奈良まで直通になったので、今年は古墳散策に行きたいと思っています。
山の辺の道も興味があります。

[ 苦楽園 太郎 ] 2014/01/27 19:32:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
苦楽園 太郎イメージ
苦楽園 太郎
プロフィール公開中 プロフィール
土の城に心惹かれ44年。

遠き昔に想いを馳せ、ただ、何も考えずに、苔むした城跡と同化する。

それが私にとって至福の時なのでございます。

このブログで、私が至福の時を過ごした孤高の城達を紹介していきたいと思います。


カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<