苦楽園太郎の兵庫お城探検

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/hyougo-kojyou-tanken

但馬竹野の巨城 轟城 N

< 2016年7月18日(月曜日) >

 

今回(最終回)も轟城主郭南側の尾根に連なる郭跡を紹介します。

 

 

 

このような郭跡が階段状に連なります。

 

 

 

一段下にも同じように郭跡がありました。

 

 

 

郭跡と郭跡の段差(切岸)です。 この崖は登れない。

 

 

 

傾斜は45度はあるでしょう。

 

次回は、但馬香住にあります「大野城」を紹介します。

このブログで「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」と思っています。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p11440665c.html
轟城 A | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

竹野といえば、海水浴しか思い出せません。
こんな立派なお城があったんですね。

[ らいむ ] 2016/07/18 20:00:56 [ 削除 ] [ 通報 ]

らいむさん、コメントありがとうございます。

確かに、竹野、香住と言えば海水浴ですよね。

北但馬をドライブしていると山城と思われる山がたくさんありました。

今までは北但馬までは足を運んでいませんでしたが、10月からの山城シーズンにはどんどん足を運びたいと思っています。

[ 苦楽園 太郎 ] 2016/07/20 15:05:08 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

但馬竹野の巨城 轟城 M

< 2016年7月8日(金曜日) >

 

主郭南側の尾根に連なる郭跡を歩いてみましょう。

 

 

 

主郭南側にある郭跡です。

 

 

 

但馬江原にある巨大山城、楽々前(ささのくま)城には及びませんが、壮大な城であることが分かります。

 

 

 

郭跡の下に別の郭跡があります。

 

 

 

階段状に郭跡が連なります。

 

 

 

細長い郭跡です。

 

もう数段、郭跡がありそうです。 下りていきましょう。

このブログで「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p11435096c.html
轟城 A | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

但馬竹野の巨城 轟城 L

< 2016年7月4日(月曜日) >

 

【 大学合格がゴールではない 】

 

知り合いの子に大学3回生の生徒がいる。 アルバイトばかりしていて、卒業に必要な最低限の単位しか修得していない。

有名大学に合格したのだが、それがゴールになってしまい、遊んでばかりいる。 高校時代に塾に通っていたが、講師から 「大学に合格すればたっぷり遊べるから今を努力しろ」 とよく言われたそうだ。

大学の4年間はアルバイトなどしている暇はない。 大学で取得できる国家資格があれば、できるだけ多く取得するのだ。 卒業のための最低限度の単位を修得するのも、それとは別に多くの国家資格を取得するのも同じ授業料を払うのだったら後者を選択するべきだ。 

これからの人生、なにが起こるか分からない。 少しでも他人より優位に人生を生きていくためにも、大学の4年間は遊ぶ暇などないのである。

もし、どうしてもアルバイトをしたいのであれば、親に頼らず稼いだお金はすべて授業料に使うべきだ。

 

 

 

今回は、轟城主郭から南へ伸びる尾根伝いある郭跡を紹介します。

 

 

 

主郭下に広がる郭跡です。

 

 

 

鹿の足音が聞こえました。

 

 

 

遺構が素晴らしい状態で残っています。

 

 

 

この下に郭跡が連なります。

 

 

 

主郭に連なる坂

 

次回は、南へ連なる郭跡へ下っていきましょう。

このブログで「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p11433091c.html
轟城 A | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

但馬竹野の巨城 轟城 K

< 2016年6月30日(木曜日) >

 

【 レポート作成はつらい 】

どうしても取得したい国家資格があり、今年の4月から大学生になったのですが、提出期限までに書かなくてはいけないレポートになかなか苦戦しております。 通信制の大学なのですが、通学生のような甘さはなく悪戦苦闘。やっと先程、6月分を提出できました。

5月提出分は全科目A評価をいただいたのですが、まだまだレポートの書き方を理解していない部分が多く心配は尽きません。

ホッとする暇もなく7月には単位修得試験があります。

死ぬまで仕事を続けるために選んだ道なので、地道に頑張っていきます。

ん〜、それにしても辛い・・・・・・。

 

 

 

いよいよ、轟城の北の端にやってきました。

 

 

10メートルの高低差がある切岸です。 上から見下ろします。

これは凄い!

 

 

 

切岸の下には堀切がありました。

 

 

 

堀切の底に立ちました。

 

 

 

角度を変えて撮りました。

 

 

 

これより先は尾根で城跡はなさそうです。

 

次回は、主郭から南側に連なる郭群を紹介します。

このブログで「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p11430007c.html
轟城 A | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

但馬竹野の巨城 轟城 J 

< 2016年6月15日(水曜日) >

 

轟城の大きさに驚かされます。 どこまで続いているのでしょうか?

 

もうひとつ堀切跡がありました。 なんと二重の堀切だったのです。

 

 

 

角度を変えて撮りました。

 

 

 

素晴らしい!

 

 

 

堀切の先に土橋がありました。 一列になった敵に矢を射かけます。

 

 

 

土橋の北側に郭跡がありました。

 

 

 

なかなか大きな郭跡です。

 

 

 

とても良い状態で残っています。

 

まだまだ城跡は北側に延びています。

このブログで「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p11420435c.html
轟城 A | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
苦楽園 太郎イメージ
苦楽園 太郎
プロフィール公開中 プロフィール
土の城に心惹かれ44年。

遠き昔に想いを馳せ、ただ、何も考えずに、苔むした城跡と同化する。

それが私にとって至福の時なのでございます。

このブログで、私が至福の時を過ごした孤高の城達を紹介していきたいと思います。


カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<