苦楽園太郎の兵庫お城探検

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/hyougo-kojyou-tanken

篠山の城 網掛城 C

< 2016年12月24日(土曜日) >

 

【 インターマッスルを鍛え膝痛が解消 】

 

今年の2月16日に両膝が腫れあがり、まともに歩けなくなりました。

正座もできず、仕事の都合で休んでいた弓道を4月から再開しようと思っていましたが断念。

城巡りは両足にサボーターをグルグル巻きにして、2本のトレッキングポールを利用して登っていました。

 

リウマチ? 痛風? 変形性膝関節症? 市内の整形外科をいくつか回りましたが、原因不明で湿布・痛み止めの薬をくれるだけ。

 

ある時、長女が中学3年生の時にフライバーグ病 (骨が壊死する病気) になり、治していただいた神戸市灘区の整形外科を思い出し診察してもらうことにしました。

 

ドクターの診断は、 「リウマチ・痛風・変形性膝関節症でもない。 足の大きな筋肉の力は強いが、膝の周りにある小さな筋肉(インナーマッスル)が加齢で弱ってきている。 インナーマッスルが弱ってきているから膝に負担がかかって痛む。 曲げ伸ばしの運動では鍛えられない。 湿布・痛み止めの薬では根本的治療にならない。 痛みの原因を解決をしないと一生辛いだけ。 とにかく鍛えるだけ。」 と言われました。

 

湿布・痛み止めの薬は処方されず、リハビリセンターでゴムチューブによるトレーニング方法を教えてもらいました。 月1回の通院と自宅で毎日トレーニングをしました。 ゴムチューブでのトレーニングは得意だったので、そこにインナーマッスルを鍛えるメニューを追加しました。 毎日1時間30分のトレーニングになります。

 

最初はなかなか良くなりませんでしたが、10月頃、膝の痛みが僅かながら減ったような気がしました。 11月にはその傾向は顕著になり、12月にはまったく痛みはなくなりました。 おかげで、城巡りも負担なくできるようになりました。 まだ、右ひざに若干の違和感が残っておりしっかり曲げれませんが、膝の痛みから完全に解放されました。

 

10ヶ月もかかりましたが、小さな筋肉を鍛える重要性を感じました。 お年寄りが健康や寝たきりにならないために散歩をしている姿を見ますが、それだけでは解決しないのです。 今回の件で、インナーマッスルを鍛えることが寝たきり予防の大きな対策になるのではないかと思いました。

 

 

 

今回(最終回)も網掛城の郭跡を紹介します。

 

 

 

主郭を囲む帯郭です。

 

 

 

土塁跡です。

 

 

 

階段状の郭跡がありました。

 

 

 

別の場所にも階段状の郭跡がありました。

 

 

 

この城から攻撃目標である吹城は目の前にあります。

 

次回から、篠山市泉の剛山(こうやま)山頂にある井上城を紹介します。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p11523828c.html
網掛城 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

篠山の城 網掛城 A

< 2016年12月21日(水曜日) >

 

【 目標を見失うな 】

 

この時期、大学の推薦入学試験が真っ盛りだ。

昨今の生きにくい世の中に危機感を覚えている学生が多いのか、国家資格を取得できる大学選びをする傾向があるようだ。

高校3年の娘の友人には、看護師、保育士、幼稚園教諭、理学療法士、小学校教諭などを目指す者が多い。

 

娘の友人の中でひとり気になる子がいる。 その子は保育士を希望しているが、有名大学にばかり挑戦し、なかなか試験に合格できないのだ。 保育士になるなら有名大学に入学する必要はない。 短大で十分である。 無理をして、浪人でもすることになったら、貴重な1年を失うことになる。

煩悩に惑わされず、自分の本当の目標は何なのか。 今一度、立ち止まって再確認してもらいたいものである。 

 

 

 

この道が、国土地理院に記載されている道なら城跡まですぐに行けるはず。

 

 

 

一瞬、小人か森の妖精に見えました。

スーパーホワイトのとてもかわいいキノコです。

かわいいけど、食べたら間違いなく死ぬなぁ〜

 

 

 

山頂に到着! 郭跡が広がります。

ここで、明智光秀は指揮を執ったと思われます。

 

 

 

細長〜い郭跡がありました。 帯郭と言います。

 

 

 

かなり荒れているので、郭跡がなかなか分かりにくいです。

 

次回も、網掛城の郭跡を紹介します。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p11522684c.html
網掛城 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

真っ白なキノコ、孫と甲山に登った時に見かけました。そうですか、やはり毒キノコだったのですか。

[ akaru ] 2016/12/26 8:12:53 [ 削除 ] [ 通報 ]

シロオニタケというキノコだそうです。

名前からして怖そうですね。

神経系の異常・消化器系の中毒症状を起こす毒を持っているそうです。

[ 苦楽園 太郎 ] 2016/12/26 8:35:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

篠山の城 網掛城 @

< 2016年12月20日(火曜日) >

 

【 毎年恒例 インフルエンザ感染 】

 

長女が昨夜、高熱を出した。 インフルエンザAに感染したのだ。

毎年の恒例行事みたいなもので、予防接種をしていても、まったく効果がない。

よくテレビで、 「インフルエンザに感染しても予防接種をしていれば症状は軽くて済む」 と言っているが、あれは嘘である。

ようするに、予防接種をしても抗体を作れない体質なのだ。

妻が勤めている病院で、昨夜、イナビルを吸引した。 イナビルの吸引も慣れたものでプロ並みだ。

今はまだ、調子が悪そうだが、2〜3日で回復するだろう。

そして、回復後、すぐにインフルエンザBに感染するのだ。

これも毎年の恒例行事なのだ。

 

 

 

今回から、丹南篠山口IC近くにある網掛城を紹介します。 「あがけ」 と呼びます。

30年ぶりの訪問です。

 

 

 

網掛城遠望

明智光秀が吹城攻略のため陣を張った場所と伝えられています。

山の大きさの割には城の規模(写真の山の左端)は小さいです。

城跡は標高252mの山頂にあります。

 

 

 

別の角度から撮りました。

30年前は写真右側の尾根から登りました。

 

 

 

西側から撮りました。

 

 

 

今は、城山の北側に立派な道路ができており、そこには茅葺の古民家を利用したイタリアンレストランがありました。

篠山市網掛長者谷の坪にある「 イタリアンダイニング 茜 」 です。

長者谷という住所名が素晴らしい。

 

 

 

苔がすばらしい。

 

 

 

城跡の北側に新しくできた道を歩いていると山に入る道らしきものがありました。 おそらく国土地理院の地形図にも記載されている登山道だと思われます。地形図通りなら山頂に行けるはず。 さぁ、登ってみましょう。

 

次回は、山頂に残る網掛城の遺構を紹介します。

このブログで 「お城の好きな人が増えたらいいなぁ〜」 と思っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061409/p11522357c.html
網掛城 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
苦楽園 太郎イメージ
苦楽園 太郎
プロフィール公開中 プロフィール
土の城に心惹かれ44年。

遠き昔に想いを馳せ、ただ、何も考えずに、苔むした城跡と同化する。

それが私にとって至福の時なのでございます。

このブログで、私が至福の時を過ごした孤高の城達を紹介していきたいと思います。


カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<